GPSとは?現在位置を特定する技術とその利用

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 人工衛星で地球上の位置を特定
  • 最低でも4台の人工衛星から情報を受信
  • 元々は軍事目的、現在は日常生活で利用

GPSとは人工衛星を使って位置を特定するシステムです。

概要説明

GPSとは全地球測位システムのことである。なぜなら、地球上の人工衛星を使って現在地を割り出すからだ。例えば、カーナビやGoogleマップで現在位置を把握するのに使われる。

そして、24機の人工衛星が地球上を回っている。つまり、どこにいても位置情報が得られるようになっている。だから、日常生活から産業用途まで幅広く活用されている。

職業職種

運送業者

運送業者は、GPSを日常的に使う。なぜなら、正確な配送先の位置を割り出すためだ。例えば、パッケージの配送時に使われる。

軍人

軍人は、GPSを必要とする。なぜなら、戦場での位置確認や敵の位置情報を得るためだ。例えば、敵の基地の位置を特定するために使われる。

一般消費者

一般消費者は、GPSを日常生活で使う。なぜなら、道路のナビゲーションや位置情報を共有するためだ。例えば、スマートフォンのマップアプリで使われる。

GPSは、名前の由来は英語の”Global Positioning System”からきていて、全地球測位システムと訳されます。

代表例

Google

Googleは、ウェブマップサービスで有名。なぜなら、GoogleマップはGPS技術を活用し、世界中の場所の地図情報や現在位置を提供しているからだ。例えば、スマートフォンで簡単に自分の位置を把握したり、目的地までのルートを調べることができる。

Garmin

Garminは、GPSデバイスの製造で有名だ。なぜなら、車や船、航空機などに向けた高精度なGPS機器を生産しているから。例えば、釣りやハイキングに使える野外活動向けのGPSデバイスを提供している。

アメリカ国防省

アメリカ国防省は、GPSの開発と運営を担当している。なぜなら、GPSはもともとアメリカ軍のために開発され、現在も地球上の24機のGPS衛星を管理しているからだ。例えば、衛星からの信号を受け取って、世界中の人々が自分の位置を正確に知ることが可能になっている。

手順例

スマートフォンでGPSを使う手順です。
  1. 位置情報の設定
    位置情報をオンにする。なぜなら、GPSは位置情報を使って現在地を特定するからだ。例えば、設定メニューから位置情報の設定をオンにする。
  2. GPSアプリの開始
    GPSアプリを開く。なぜなら、アプリがGPS信号を読み取って地図上に位置を表示するからだ。例えば、Googleマップなどの地図アプリを開く。
  3. 現在地の確認
    現在地を確認する。なぜなら、自分がどこにいるかを知ることがGPSの主な目的だからだ。例えば、地図上で点滅する自分の位置マークを探す。
  4. ルート案内の設定
    目的地を入力し、ルート案内を設定する。なぜなら、GPSは目的地までの道のりを教えてくれる便利なツールだから。例えば、目的地を検索し、ルート案内を開始する。
  5. 移動の開始
    指示に従って移動する。なぜなら、GPSは自分が目的地に近づくたびに更新され、正確な道順を教えてくれるからだ。例えば、ルート案内の指示に従って目的地へ向かう。

類似語

GLONASS

GLONASSは、ロシアが開発した全地球測位システム。なぜなら、GPSと同じように、人工衛星を使って地球上の位置を特定するシステムだからだ。例えば、ロシアの地域ではGLONASSが主に使用される。

Galileo

Galileoは、EUが開発した全地球測位システム。なぜなら、GPSと同じく衛星を利用して地球上の位置情報を提供するから。例えば、ヨーロッパではこのシステムが広く利用されている。

BeiDou

BeiDouは、中国が開発した全地球測位システム。なぜなら、GPSと同じく人工衛星からの信号を利用して位置を割り出すから。例えば、中国ではこのシステムが主に利用されている。

反対語

非デジタルナビゲーション

非デジタルナビゲーションは、GPSの反対である。なぜなら、GPSは電子的な方法で位置情報を提供するが、非デジタルナビゲーションは紙の地図や天体観測など、電子的な要素を使わない方法で道案内をするからだ。例えば、昔の航海士は星を見て航行していた。

ランダムポジショニング

ランダムポジショニングは、GPSの反対である。なぜなら、GPSは特定の位置情報を提供する一方で、ランダムポジショニングは場所をランダムに選ぶからだ。例えば、目隠しをして部屋の中でランダムに歩くこと。

内部ナビゲーション

内部ナビゲーションは、GPSの反対である。なぜなら、GPSは外部の衛星からの信号を使う一方、内部ナビゲーションは内部のセンサー情報のみで位置を知るからだ。例えば、ロボットが部屋の中を動き回るときに使う方法。

会話例

道がわからない友達にアドバイスする

「おい、どうやってこの店に行けばいいの?」
「スマホのGPS使ってみたら?地図が出てくるから、その通りに進めば大丈夫だよ。」

遠出をする前の家族の会話

「長いドライブだけど、迷わないか心配だな。」
「大丈夫だよ、GPSがあるから。それに、道に迷ったらそれも冒険だよ。」

クラスの友達との会話

「GPSって何だっけ?」
「それは地球上のどこにいるかを教えてくれるシステムだよ。人工衛星からの信号を使って位置を計算するんだ。」

注意点

GPSを使う時の注意点は、完全に頼りすぎないことだ。なぜならばGPSは電子デバイスであり、電子デバイスはバッテリー切れや機器故障、信号の悪い場所などで使用できなくなる可能性があるからだ。

例えば、山の中やビルの密集地ではGPSの信号が受け取りづらくなることがある。そして、常に現在地を把握し、周囲の状況を確認することも大切だ。

だから、GPSはあくまで道案内の一つの手段と考え、完全に依存しないことだ。

GPSとGLONASSは、間違えやすいので注意しましょう。

GPSはアメリカが開発した全地球測位システムです。

一方、GLONASSはロシアが開発した全地球測位システムです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました