SISとは?企業戦略を推進する情報システム

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 企業戦略を推進する情報システム
  • 1980年代に唱えられた概念
  • 競争優位を得るためのもの

SISとは、企業戦略を推進する情報システムです。

概要説明

SISとは情報システムを活用して競争の優位に立つための考えである。 なぜならば、SISは企業戦略の推進、実施する考えから開発・導入されたシステムだからだ。

例えば、企業はSISを利用して情報を管理し、適切な判断を下す。そして、これによって競争相手に先んじることができる。

つまり、SISは企業にとって重要な武器である。だから、SISの理解と活用は企業にとって必要不可欠だ。

職業職種

経営者

経営者は、SISを使用する。なぜなら、企業戦略を策定し、実施するためだ。例えば、市場情報を分析し、新たな戦略を立案する。

IT部門

IT部門は、SISを使用する。なぜなら、情報システムを開発し、導入するためだ。例えば、システムの運用や管理を担当する。

マーケティング部門

マーケティング部門は、SISを使用する。なぜなら、市場情報を分析し、競争戦略を立案するためだ。例えば、顧客の行動パターンを分析し、新しいマーケティング戦略を考える。

SISは、”Strategic Information System”の略称で、直訳すると「戦略的情報システム」です。

代表例

IBM

IBMは、早くからSISを活用して競争力をつけた。なぜなら、先進的な情報システムにより顧客の需要を的確に予測し、商品提供ができたからだ。

Amazon

Amazonは、SISを用いて顧客の購買行動を解析した。なぜなら、その情報を基に商品の推薦やストックを調整でき、売上向上に繋がったからだ。

マイケル・ポーター

マイケル・ポーターは、SISの理論的基礎を築いた。なぜなら、彼の提唱した競争戦略理論がSISの根底にあるからだ。

手順例

企業戦略の確定

企業戦略を確定する。なぜなら、SISはその戦略を支える情報システムだからだ。

情報システムの設計

企業戦略に基づいた情報システムを設計する。なぜなら、適切なシステムなしでは戦略を実行できないからだ。

システムの導入と運用

設計したシステムを導入し、運用する。なぜなら、実際にシステムを動かして初めて戦略が進行するからだ。

評価と改善

システムの効果を評価し、必要に応じて改善を行う。なぜなら、時代や環境の変化に対応するためにシステムの改良は必須だからだ。

類似語

経営情報システム(MIS)

MISは、経営陣が必要とする情報を提供するシステムだ。だが、SISとは違い、企業全体の戦略推進に直接影響を与えるよう設計されていない。

意思決定支援システム(DSS)

DSSは、経営陣の意思決定を支援する情報を提供する。しかし、SISとは違い、戦略全体ではなく特定の意思決定プロセスをサポートする焦点がある。

エンタープライズリソースプランニング(ERP)

ERPは、企業全体のリソースを一元管理するシステムだ。SISと同じく、全社的な視点で設計されるが、直接的な戦略的優位を獲得する意図はない。

反対語

非戦略情報システム

非戦略情報システムは、競争の優位に立つためではなく、日常業務を支えるための情報システムだ。なぜなら、競争力を向上させることを主目的とせず、基本的な業務処理を目的とするからだ。例えば、会計システムなどがある。

受動的情報システム

受動的情報システムは、企業の戦略を推進するような積極的な役割を持たない情報システムだ。なぜなら、企業戦略に影響を与えるような情報提供や意思決定支援を行わないからだ。例えば、データ管理や記録のためのシステムがそうだ。

戦術情報システム

戦術情報システムは、長期的な戦略ではなく短期的な戦術を支える情報システムだ。なぜなら、すぐに結果を出すための活動を支援するからだ。例えば、デイリーセールスの最適化を図るためのシステムなどがそうだ。

会話例

ビジネスミーティング

「この新しいプロジェクトで、SISをどう活用する予定?」
「そのプロジェクトにおいてSISを使って、競争力を強化しようと思ってるんだ。例えば、市場情報を集めて分析することで、優れた戦略を立てることができるよ。」

ビジネススクールのクラス

「先生、SISって何ですか?」
「それは企業が競争の優位に立つために情報システムを使う考え方だよ。つまり、企業戦略を推進し、実行するためのシステムのことだね。」

面接の場

「あなたがこれまでにSISを活用した経験は何か?」
「以前働いていた会社では、新商品開発の戦略を立てるためにSISを使っていました。市場データや競合他社の動向を分析して、どの商品が成功するか予測しました。」

注意点

SISを使う時の注意点はデータの信頼性である。なぜならば情報の質が戦略の成功を左右するからだ。例えば不正確なデータが混じると、誤った戦略を立てる可能性がある。

そして、SISは定期的に更新し、最新の状況を反映させなければならない。だからデータの管理と更新には細心の注意が必要だ。

SISとMIS(経営情報システム)は、間違えやすいので注意しましょう。

SISは競争優位を目指す戦略的な決定を支援します。

一方、MISは経営者が日常的な意思決定を行うための情報を提供します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました