イベントドリブンとは?初心者でも理解できる説明と使用例

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとイベントドリブンとは

  • 特定の出来事に反応する
  • プログラミングの手法
  • 動的な動作を可能にする

イベントドリブン(Event-driven)=「イベント駆動」

イベントドリブンとは、特定の出来事に反応して動くプログラミングの仕組みです。

イベントドリブンの概要

イベントドリブンとは特定の出来事に反応するプログラミングである。なぜなら、ユーザーの操作やシステムの変化に応じて動作するからだ。例えば、ボタンをクリックしたときに何かが起きる。そして、動的なインタラクションを可能にする。つまり、プログラムが柔軟に動作する。だから、ユーザー体験が向上する。

職種職業

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、アプリやWebサイトを作るときに使う。なぜなら、ユーザーとのインタラクションをスムーズにするからだ。例えば、スクロールやクリックに反応するUI

ゲームデベロッパー

ゲームデベロッパーは、ゲーム内のイベントを制御するために使う。なぜなら、プレイヤーの行動に応じてゲームが進行するからだ。例えば、敵を倒したら次のステージへ。

IoT開発者

IoT開発者は、センサーのデータに反応するプログラムを作るときに使う。なぜなら、環境の変化に即座に対応する必要があるからだ。例えば、温度が上がったらエアコンをつける。

イベントドリブンの名前の由来は、英語の”Event”(出来事)と”Driven”(駆動する)の組み合わせから来ています。

有名な企業や製品、サービス

Microsoft

WindowsのGUI(Graphical User Interface)は、ユーザーのアクション(クリックやキーボード入力など)に基づいて動くイベントドリブン型。

Adobe Systems

AdobeのFlashは、アニメーション制作などに使われ、ユーザーの操作に応じて動くイベントドリブン型の設計を採用している。

JavaScript

JavaScriptは、Webブラウザで使われるプログラミング言語で、ユーザーのアクションに反応して動作するイベントドリブン型の設計をしている。

LINE Corporation

LINE Corporationは、イベントドリブンで有名である。なぜなら、LINEのメッセージングアプリはユーザーの操作に即座に反応する設計がされているからだ。例えば、メッセージが送られた瞬間に通知が届く。

Rakuten, Inc.

Rakutenは、イベントドリブンで名高い存在である。なぜなら、オンラインショッピングや金融サービスで、ユーザーの行動に応じて様々なサービスを提供しているからだ。例えば、商品をカートに入れたら関連商品を表示する。

Sony Interactive Entertainment

Sony Interactive Entertainmentは、イベントドリブンで世間に知られている。なぜなら、PlayStationのゲームはプレイヤーの行動に応じてゲームが進行するからだ。例えば、敵を倒したら次のステージへ進む。

手順例

以下は、イベントドリブンプログラミングの基本手順です。

イベントの特定

最初に反応させたいイベントを特定する。なぜなら、それがプログラムの起点になるからだ。例えば、ボタンのクリック。

イベントハンドラの設定

次に、イベントが発生したときに実行するコード(イベントハンドラ)を設定する。なぜなら、これがイベントに対する反応になるからだ。例えば、クリックしたら画面にメッセージを表示。

プログラムのテスト

設定したイベントハンドラが正しく動作するかテストする。なぜなら、バグがないか確認する必要があるからだ。例えば、ボタンをクリックしてみて反応を確認。

調整と最適化

テストを元に、必要な調整や最適化を行う。なぜなら、より効率的な動作を目指すからだ。例えば、反応速度を速くする。

デプロイ

最後に、プログラムを実際の環境に適用(デプロイ)する。なぜなら、ユーザーに使ってもらう最終段階だからだ。例えば、Webサイトにコードをアップロード

類似語

リアクティブプログラミング

リアクティブプログラミングは、イベントドリブンの類似語である。なぜなら、両方とも特定の出来事に反応して動作するからだ。例えば、データの変更に応じてUIが更新される。

コールバック

コールバックは、イベントドリブンの類似語である。なぜなら、特定の処理が終わった後に実行される関数として使われるからだ。例えば、データの読み込みが完了したら次の処理を行う。

シグナル・スロット

シグナル・スロットは、イベントドリブンの類似語である。なぜなら、一方のオブジェクトの状態変化(シグナル)に他方のオブジェクト(スロット)が反応する仕組みだからだ。例えば、スライダーの値が変わったらテキストも変わる。

反対語

ポーリング

ポーリングは、イベントドリブンの反対語である。なぜなら、特定の状態を定期的にチェックして動作するからだ。例えば、メールが来たかどうか毎分確認する。

プロシージャルプログラミング

プロシージャルプログラミングは、イベントドリブンの反対語である。なぜなら、プログラムが上から下へと順番に実行されるからだ。例えば、レシピの手順に沿って料理を作る。

同期処理

同期処理は、イベントドリブンの反対語である。なぜなら、一つの処理が終わるまで次に進まないからだ。例えば、ファイルのダウンロードが終わるまで待つ。

イベントドリブンの注意点

イベントドリブンを使用する時の注意点は、リソースの管理である。なぜならば、多くのイベントが同時に発生するとシステムが重くなる可能性があるからだ。例えば、大量のクリックイベントが発生した場合。そして、そのような状況を避けるためには、イベントの優先度を設定することが重要だ。だから、計画的に進める。

イベントドリブンとリアクティブプログラミングは、間違えやすいので注意しましょう。

イベントドリブンは、特定の出来事に反応して動くプログラミングです。

一方、リアクティブプログラミングは、データの変更に反応して動くプログラミングです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました