製品ライフサイクルとは?商品の発売から破棄まで

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 製品が生まれから消えるまでの過程
  • 販売の急増から飽和、そして減少まで
  • 顧客のニーズに対応し進化する製品の歴史

製品ライフサイクルとは、製品が生まれから消えるまでの流れです。

概要説明

製品ライフサイクルとは製品が生まれてから消えるまでの一連の流れである。 なぜならば、企画、開発、販売、そして最終的に破棄されるまでの過程を描くからだ。

例えば、新しいスマホは開発され、発売されてから販売が急増し、徐々に販売が飽和し、最終的には新型に取って代わられて販売が減少する。そして、このスマホは顧客のニーズや技術の進歩に合わせて進化していく。

つまり、製品ライフサイクルは製品の一生を表すコンセプトである。だから、製品を成功させるためにはこのライフサイクルを理解し、それに対応する必要がある。

職業職種

製品開発者

製品開発者は、製品ライフサイクルを使う。なぜなら、それは製品の生涯を通じての販売予測を立てる手助けになるからだ。例えば、新製品の企画や開発の際に。

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、製品ライフサイクルを使う。なぜなら、それは市場での製品の動向を理解し、マーケティング戦略を計画するためだ。例えば、新しい広告キャンペーンの計画時に。

ビジネス分析者

ビジネス分析者は、製品ライフサイクルを使う。なぜなら、それは製品のパフォーマンスを評価し、未来のトレンドを予測するのに役立つからだ。例えば、会社のビジネス戦略を立てるときに。

製品ライフサイクルの名前の由来は、生物の一生を表す「ライフサイクル」と製品の一生を比較して名付けられました。

代表例

Apple

Appleは、製品ライフサイクルの見本である。なぜなら、製品開発から発売、販売、アップデート、そして新製品への移行を繰り返しているからだ。例えばiPhoneのシリーズ展開。

Toyota

Toyotaは、製品ライフサイクルの管理が上手い企業である。なぜなら、新車の発売から旧型車の引き取りまで、一貫したサービスを提供しているからだ。例えばハイブリッド車のPriusシリーズ。

Uniqlo

Uniqloは、製品ライフサイクルをうまく利用している。なぜなら、季節ごとの新商品の発売と旧商品の処分をスムーズに行い、消費者のニーズに応えているからだ。例えばHeatTechやAIRismなどの商品展開。

手順例

製品ライフサイクルの考え方を把握する手順です。

製品の企画

まず、新製品のアイデアを出す。なぜなら、製品ライフサイクルは新製品の企画から始まるからだ。例えば新しいスマートフォンの機能。

製品の開発

次に、製品の開発を行う。なぜなら、良い製品を作ることが次の販売へつながるからだ。例えばプロトタイプを作成してテストを行う。

製品の販売

そして、製品を販売する。なぜなら、ここで初めて製品が顧客に届くからだ。例えば店頭やオンラインでの販売。

製品の更新

販売が頭打ちになったら、製品を更新する。なぜなら、新しいニーズに対応することで再び販売を伸ばすことができるからだ。例えば新色や新機能を追加。

製品の廃棄

最後に、製品のライフサイクルが終わったら廃棄する。なぜなら、新製品への移行をスムーズに行うためだ。例えば回収プログラムを利用。

類似語

製品の生涯

製品の生涯は、製品ライフサイクルとほぼ同じ意味である。なぜなら、製品が生まれてから消えるまでの期間を指しているからだ。例えばあるテレビの製品の生涯。

製品の歴史

製品の歴史は、製品ライフサイクルと近い意味を持つ。なぜなら、製品の開発から販売、廃棄までの経過を追ったものだからだ。例えばある車の製品の歴史。

商品サイクル

商品サイクルは、製品ライフサイクルと同義語である。なぜなら、商品が市場に出てから消えるまでのサイクルを表しているからだ。例えばあるアパレル商品の商品サイクル。

反対語

一過性のブーム

一過性のブームは、製品ライフサイクルの反対だ。なぜなら、一過性のブームは一瞬で消える傾向があるからだ。例えば、一瞬で人気になったもののすぐに人々の関心を失った商品やサービスがこれにあたる。

一貫生産

一貫生産は、製品ライフサイクルの反対かもしれない。なぜなら、一貫生産は製品の変化がほとんどないからだ。例えば、製品のデザインや機能がほとんど変わらない伝統工芸品などがこれに当てはまる。

即売

即売も製品ライフサイクルの反対のひとつだ。なぜなら、即売はその場で売り切ることを目指しているからだ。例えば、限定商品やイベントでのみ販売される商品がこれに当たる。

会話例

新しいゲームの話をする場面

「新しく出たゲーム、もう飽きちゃった?」
「ううん、まだまだ。このゲームは製品ライフサイクルの急増期だから、毎日新しいアップデートが楽しみなんだ。」

お菓子の話をする場面

「あのお菓子、もう売ってないね。」
「ああ、あれは製品ライフサイクルの末期だったんだろうね。」

スマホの話をする場面

「新しいスマホ、どう?」
「すごくいいよ。でも新しいモデルが出たら、このスマホも製品ライフサイクルが一周するんだよね。」

注意点

製品ライフサイクルを理解する時の注意点は、全ての製品が一定のパターンを辿るわけではないことだ。なぜならば、市場の状況や製品自体の特性、競合他社の動きによって製品ライフサイクルは大きく変わるからだ。

例えば、テクノロジー関連の製品は急速に進化するため、一般的な製品よりも短いライフサイクルを持つことが多い。そして、その逆に長いライフサイクルを持つ製品も存在する。

だから、製品ライフサイクルはあくまで一つのモデルであり、全ての製品が必ずしもこれに従うわけではないということを理解しよう。

製品ライフサイクルとプロジェクトライフサイクルは、間違えやすいので注意しましょう。

製品ライフサイクルは製品が市場に登場してから消えるまでの一連の流れです。

一方、プロジェクトライフサイクルは特定のプロジェクトが開始から終了までの過程を指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました