SASEとは?ガードナー提唱のセキュリティフレーム

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • セキュリティフレームの新形態
  • ネットワークとセキュリティを一つに
  • ゼロトラスト型のセキュリティ対策

SASEとはネットワークとセキュリティを統合したものです。

概要説明

SASEとは、ネットワークとセキュリティを統合した新しい形態のセキュリティフレームである。なぜならば、テレワークやクラウドサービスの普及により、従来のセキュリティ対策では対応できなくなっているからだ。

例えば、遠隔地からでも安全にネットワークにアクセスすることが求められる。そして、SASEはゼロトラストの考え方に基づいている。つまり、誰も信用しないという姿勢から、より高度なセキュリティを実現する。だからSASEは今後のセキュリティ対策の新たなスタンダードになる。

職業職種

ITマネージャー

ITマネージャーは、SASEを使う。なぜなら、セキュリティとネットワークを効率的に管理するためだ。例えば、リモートワーク環境を安全に保つ。

システムエンジニア

システムエンジニアも、SASEを使う。なぜなら、セキュリティとネットワークの統合管理が可能だからだ。例えば、システムのセキュリティを強化する。

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアは、SASEを使う。なぜなら、クラウドサービスのセキュリティを強化できるからだ。例えば、クラウド上のデータを保護する。

SASEは、名前の由来は「Secure Access Service Edge」で、セキュアなアクセスとサービスを提供するエッジ(境界)という意味です。

代表例

ガードナー

ガードナーは、SASEの考案者である。なぜなら、この会社が2019年にSASEのコンセプトを世界に初めて紹介したからだ。例えば、その報告書がIT界で大きな話題となった。

クラウドフレア

クラウドフレアは、SASEを実装する先駆けの企業である。なぜなら、インターネットのセキュリティとパフォーマンスの向上に熱心で、そのためにSASEを採用したからだ。例えば、クラウドフレアのSASEは、企業がセキュリティを維持しつつ、パフォーマンスを最適化するのに役立っている。

SD-WAN

SD-WANは、SASEの実装に欠かせないサービスである。なぜなら、SASEの考え方は、ネットワークとセキュリティを統合することであり、そのためにはSD-WANが必要だからだ。例えば、SD-WANは、データの流れを管理し、セキュリティを強化するのに役立つ。

手順例

ネットワークの準備

ネットワークの準備は、SASEを使用する初めてのステップである。なぜなら、SASEはセキュリティとネットワークを統合するものなので、まずはネットワークをしっかりと構築する必要がある。例えば、クラウドサービスや物理的なネットワーク機器を設置する。

SASEプロバイダの選択

SASEプロバイダの選択は、必要なサービスを提供してくれる企業を見つけるステップである。なぜなら、全てのSASEプロバイダが同じサービスを提供するわけではないからだ。例えば、特定のセキュリティ要件やコストパフォーマンスを満たすプロバイダを選ぶ。

SASEの実装

SASEの実装は、選んだプロバイダと共に具体的なセットアップを進めるステップである。なぜなら、ここで初めてSASEがネットワークに統合されるからだ。例えば、プロバイダが提供する設定ガイドに従い、SASEをネットワークに適用する。

テストと調整

テストと調整は、SASEが正しく動作しているかを確認し、必要に応じて設定を調整するステップである。なぜなら、新しいシステムを導入した後は、必ずテストをして正常に動作していることを確認する必要があるからだ。例えば、各種のセキュリティ検証を行い、問題があれば修正を行う。

運用と監視

運用と監視は、SASEを活用しながら、その動作を常に監視し、必要に応じて調整を行うステップである。なぜなら、セキュリティは時間と共に変化するものであり、それに対応するためには常に監視と調整が必要だからだ。例えば、セキュリティログを定期的にチェックし、異常があれば対応する。

類似語

SD-WAN

SD-WANは、SASEの一部とも言える用語である。なぜなら、SASEの基盤となるネットワーク技術で、両者は密接に関連しているからだ。例えば、SASEを実装する際には、必ずSD-WANの理解が必要となる。

ゼロトラスト

ゼロトラストは、SASEと同じくセキュリティ領域の重要な概念である。なぜなら、SASEはゼロトラストの考え方に基づいて設計されているからだ。例えば、SASEは全てのネットワークトラフィックを疑い、それに対して必要なセキュリティ対策を施す。

クラウドセキュリティ

クラウドセキュリティは、SASEと深く関連している用語である。なぜなら、SASEはクラウドベースのセキュリティとネットワークの統合を可能にするからだ。例えば、SASEを導入することで、クラウド環境でもセキュリティを強化できる。

反対語

伝統的なセキュリティ

伝統的なセキュリティは、SASEの反対と言える。なぜなら、伝統的なセキュリティは境界型であり、ネットワークとセキュリティ機能が別々だからだ。例えば、ファイアウォールを設置してネットワークの入口と出口を管理する方式だ。

パーミッション・ベースのセキュリティ

パーミッション・ベースのセキュリティも、SASEとは異なる考え方だ。なぜなら、これはすべての人や装置を信頼し、許可を出してからのアクセス制御だからだ。例えば、認証が完了した人や装置だけがネットワークに接続できる方式だ。

オンプレミスのセキュリティ

オンプレミスのセキュリティは、SASEとは全く逆のアプローチだ。なぜなら、これは物理的な場所に重きを置いていて、クラウドのような広範囲な対応が難しいからだ。例えば、自社のサーバールームにセキュリティ機器を設置する方法だ。

会話例

学校の情報科の授業で

Q.「先生、SASEってなんですか?」
A.「SASEはネットワークとセキュリティをまとめて提供する新しい考え方だよ。だから、テレワークやクラウドサービスが安全に使えるんだ。」

会社のセキュリティミーティングで

Q.「新しいプロジェクトにSASEを導入するって言ってたけど、どんなメリットがあるの?」
A.「SASEを使うと、セキュリティ対策と利便性を両立できるんだ。だから、働き方が自由になり、同時にセキュリティも高まるよ。」

家庭内での会話で

Q.「パパ、学校でSASEって言葉を聞いたんだけど、何それ?」
A.「SASEはインターネットが安全に使えるようにするための新しい方法だよ。だから、オンラインで勉強するときも安心して使えるんだ。」

注意点

SASEを使う時の注意点は設定の難しさだ。なぜなら、SASEは新しい技術であり、正しく設定しないと効果が出ないからだ。

例えば、セキュリティ設定が甘いと、逆にリスクを高めてしまう可能性がある。そして、SASEは専門知識が必要だから、導入の際は専門家に相談することが大切だ。

だから、自分で設定をするのではなく、信頼できるプロバイダに任せることをおすすめする。

SASEとSD-WANは、間違えやすいので注意しましょう。SASEはネットワークとセキュリティの統合を指し、SD-WANはネットワークを効率よく運用する技術です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました