USPとは?顧客を引きつけるマーケティング手法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとUSPとは

  • 商品やサービスの独自性を強調
  • 顧客が購入するメリットを強調
  • 競合他社と差別化

USPとは、商品の独自性と顧客メリットを強調して競合と差別化する方法です。

概要説明

USP(ユニーク・セリング・プロポジション)とは、商品やサービスの独自性と顧客が得られるメリットを強調するPR手法である。なぜならば、顧客は独自性やメリットを求めて商品を選ぶから。

例えば、「最高品質」や「史上初」などのキャッチコピーである。そして、これによって競合他社と差別化を図る。つまり、顧客に商品を購入する理由を明確にする。だから、売上向上につながる。

職業職種

マーケティング担当者

USPは、新製品のローンチで重要である。なぜなら、顧客に商品の特長を明確に伝えるから。例えば、プレスリリースや広告。

広告代理店のクリエイター

USPは、広告キャンペーンを作る際に必須である。なぜなら、顧客の注意を引くキャッチコピーが必要だから。例えば、TVCMやポスター。

企業経営者

USPは、ビジネス戦略を考える際に使う。なぜなら、競合他社との差別化が必要だから。例えば、ビジネスプランや投資家へのプレゼンテーション。

USP(ユニーク・セリング・プロポジション)は、名前の由来は英語の”Unique Selling Proposition”から来ています。これは「独自の販売提案」という意味です。

USPの代表例

ダイソン

ダイソンは、USPで有名である。なぜなら、吸引力の強さとデザイン性を強調しているから。例えば、サイクロン技術を使った掃除機。

レッドブル

レッドブルは、USPで名高い存在である。なぜなら、エネルギーを与えるというメッセージを強調しているから。例えば、「Red Bull Gives You Wings」のスローガン。

トヨタ・プリウス

トヨタ・プリウスは、USPで世間に知られている。なぜなら、燃費の良さと環境への優しさを強調しているから。例えば、ハイブリッドエンジンの採用。

手順例

以下は、USPを効果的に作成する手順です。

ターゲットの特定

ターゲットを特定するのが最初のステップである。なぜなら、誰に対してメッセージを送るかが重要だから。例えば、若者や主婦。

競合分析

競合他社と何が違うのかを知る。なぜなら、差別化が必要だから。例えば、価格や機能。

メリットの洗い出し

商品やサービスのメリットをリストアップする。なぜなら、これがUSPの核になるから。例えば、使いやすさやデザイン。

キャッチコピーの作成

メリットを短いフレーズにまとめる。なぜなら、印象に残る言葉が必要だから。例えば、「史上初」や「最高品質」。

テストと評価

作成したUSPをテストして評価する。なぜなら、効果を確かめる必要があるから。例えば、A/Bテストやフィードバックの収集。

類似語

セールスポイント

セールスポイントは、USPの類似語である。なぜなら、商品やサービスの魅力を強調する目的が同じだから。例えば、安さや便利さ。

バリュープロポジション

バリュープロポジションは、USPの類似語である。なぜなら、顧客にとっての価値を強調する点が似ているから。例えば、高品質な素材やサービス。

ブランドイメージ

ブランドイメージは、USPの類似語である。なぜなら、顧客に与える印象をコントロールする目的があるから。例えば、高級感や信頼性。

反対語

一般的なセールスポイント

一般的なセールスポイントは、USPの反対語である。なぜなら、特別な要素を強調しないから。例えば、多くの商品で見られる「安い」や「便利」。

コモディティ

コモディティは、USPの反対語である。なぜなら、差別化が難しく、価格競争が主になるから。例えば、砂糖や塩。

ジェノリック

ジェノリックは、USPの反対語である。なぜなら、ブランド名ではなく、一般名で販売されるから。例えば、ジェノリック医薬品。

USPの注意点

USPを使用する時の注意点は誇大広告にならないようにすることである。なぜならば、誤解を招く可能性があるからだ。

例えば、”永久保証”と言いながら小さい文字で条件を書く。そして、顧客の期待を裏切ると信用を失う。だから、正確な情報を提供する。

USPとバリュープロポジションは、間違えやすいので注意しましょう。

USPは、商品やサービスの独自の魅力を強調します。

一方、バリュープロポジションは、顧客にとっての全体的な価値を強調します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました