ローンチとは?新しい何かを生み出すビジネス用語の解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとローンチ

  • 新商品やサービスを市場に出す行為
  • 新規事業やプロジェクトのスタート
  • まだこの世にないものを生み出す

ローンチとは、新しい何かを市場に出す行為です。

概要説明

ローンチとは新しい商品やサービスを市場に出す行為である。なぜならば、新規事業やプロジェクトが公になる瞬間だからだ。

例えば、新しいスマホアプリがアプリストアで公開される瞬間である。そして、これによって多くの人々がその新しいものを知る。

つまり、ビジネスで非常に重要なステップである。だから、成功するかどうかがかかっている。

リリースとローンチの違い

リリースとは

  1. リリースは、製品やサービスが市場に出ること、または一般公開される瞬間。

  2. ソフトウェア開発では、製品やアップデートの完成して市場に提供される過程。

  3. リリースは、主に製品が準備完了の状態にあることを示し、実際に顧客やユーザーが利用可能になる時点。

ローンチとは

  1. ローンチは、製品やサービスが市場に導入されるプロセス全体を指し、マーケティングやプロモーション活動を含む。

  2. 製品のローンチには、公式発表、プロモーションキャンペーン、イベントの開催などが含まれることが多い。

  3. ローンチは、一般公開される以前から始まり、製品の認知度や期待値を高めるための活動を包括する。

ローンチの種類

ソフトローンチ

限定的な規模や地域での製品導入。初期のフィードバックやデータを集め、改善のために利用されます。

ハードローンチ

大規模な市場導入。広範な宣伝やマーケティング活動とともに行われ、広い範囲での認知を目指します。

バーチャルローンチ

オンラインを通じた製品の導入。特に、ソフトウェアやオンラインサービスに適しています。

グローバルローンチ

複数の国や地域で同時に製品を導入する方法です。

ローンチを使う業界

ローンチは多くの業界で用いられますが、特に以下の業界で一般的です

IT

新しいアプリケーションやソフトウェア製品。

自動車

新しい車種やモデルの導入。

コンシューマーエレクトロニクス

新しいガジェットや電子製品。

ファッションと小売

新コレクションやブランドの導入。

エンターテインメント

映画、音楽、ビデオゲームのリリース。

ローンチイベント、ローンチパーティ

ローンチイベント

製品やサービスの導入を祝う公式なイベント。 メディア、業界関係者、時には一般消費者が招待され、製品の特徴やメリットが紹介されます。 プレゼンテーション、デモ、ネットワーキングセッションなどが含まれることが多いです。

ローンチパーティ

製品ローンチを記念して開催される、よりカジュアルな祝賀会や社交イベント。 製品の成功を祝うとと

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、ローンチ戦略を考える人である。なぜなら、新商品やサービスの成功がその戦略にかかっているからだ。例えば、広告やプロモーションの計画。

プロダクトマネージャー

プロダクトマネージャーは、ローンチの具体的な実行を担当する人である。なぜなら、商品の品質やタイミングが重要だからだ。例えば、製品の最終チェックやリリース日の設定。

エンジニア

エンジニアは、ローンチにおいて技術的なサポートをする人である。なぜなら、特にソフトウェアやアプリの場合、技術的な問題がないか確認する必要があるからだ。例えば、バグのチェックやサーバーの準備。

ローンチは、名前の由来は英語の「Launch」です。この言葉は「始動する」や「発射する」といった意味があり、新しいものを市場に出すというコンセプトに合っています。

ローンチの代表例

任天堂

任天堂は、ローンチで有名である。なぜなら、新しいゲーム機やゲームソフトを市場に出す際に大々的な発表会を開くからだ。例えば、Nintendo Switchのローンチイベントは大きな話題を呼んだ。

LINE株式会社

LINE株式会社は、ローンチで名高い存在である。なぜなら、新しいサービスや機能を追加する際に、ユーザーに対して事前にしっかりと情報を提供するからだ。例えば、LINE Payのローンチは多くのメディアで取り上げられた。

楽天株式会社

楽天株式会社は、ローンチで世間に知られている。なぜなら、新しいサービスを始める際には、大規模なマーケティング活動を展開するからだ。例えば、楽天モバイルのローンチではテレビCMや広告が多数展開された。

手順例

以下は、新サービスのローンチ手順です。

市場調査

市場調査は、ローンチ前の重要なステップである。なぜなら、ターゲットとする市場や顧客のニーズを把握する必要があるからだ。例えば、アンケートやインタビューを行う。

プロトタイプ作成

プロトタイプ作成は、製品やサービスの試作品を作る段階である。なぜなら、実際に使ってもらいフィードバックを得ることで、改善点を見つけられるからだ。例えば、小規模なテスト販売やベータ版の提供。

マーケティング戦略の策定

マーケティング戦略の策定は、どのように商品を売るかを考える段階である。なぜなら、成功するためには計画が必要だからだ。例えば、広告やSNSでのプロモーション。

ローンチイベント

ローンチイベントは、製品やサービスを公式に発表する場である。なぜなら、ここで初めて大衆に製品を見せるわけだから、印象が大事だからだ。例えば、プレスリリースや発表会。

販売開始

販売開始は、実際に製品やサービスを市場に出す瞬間である。なぜなら、これがローンチのゴールだからだ。例えば、オンラインショップでの販売や店頭での展示。

類似語

リリース

リリースは、ローンチの類似語である。なぜなら、両方とも新しいものを市場に出す意味があるが、リリースは既存のものの新バージョンを出す場合にも使われるからだ。例えば、ソフトウェアのアップデート。

デビュー

デビューは、ローンチの類似語である。なぜなら、新しいものを初めて公にする点は共通だが、デビューは主に人やアーティスト、スポーツ選手に使われるからだ。例えば、新人歌手の初ステージ。

オープン

オープンは、ローンチの類似語である。なぜなら、新しい場所や施設が公開される点で似ているが、オープンは主に店舗や施設に使われるからだ。例えば、新しいカフェのオープニング。

反対語

廃止

廃止は、ローンチの反対語である。なぜなら、ローンチが新しいものを市場に出す行為なのに対し、廃止は既存のものを市場から取り去るからだ。例えば、古い製品の販売終了。

撤退

撤退は、ローンチの反対語である。なぜなら、ローンチが市場に参入する行為なのに対し、撤退は市場から去る行為だからだ。例えば、失敗したサービスの終了。

中止

中止は、ローンチの反対語である。なぜなら、ローンチが計画を実行に移す行為なのに対し、中止は計画を途中でやめるからだ。例えば、開発中のプロジェクトのキャンセル。

ローンチの注意点

ローンチを行う時の注意点はタイミングである。なぜならば、市場の状況や競合他社の動きによって成功が大きく変わるからだ。例えば、同時期に似た製品が多数出ると埋もれてしまう。そして、しっかりとしたマーケティング戦略が必要だ。だから、計画的に進めよう。

ローンチとリリースは、間違えやすいので注意しましょう。

ローンチは、まだこの世にない新しいものを市場に出す行為です。

一方、リリースは、既存のものの新バージョンも含めて市場に出す行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました