インリード広告とは?IT初心者にも分かる!基本を徹底解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとインリード広告

  • 記事の途中に入る広告
  • ユーザーの邪魔にならない広告
  • 読みやすさを考慮した広告

In-read Ad = 記事の中に読み込まれる広告

インリード広告とは、記事の途中に配置され、ユーザーの邪魔にならず、読みやすさを考慮した広告だ。

インリード広告とは

インリード広告とは、ウェブページやブログの記事中に配置される広告だ。この広告の特徴は、記事の自然な流れに沿って挿入される点にある。

だから、ユーザーが記事を読んでいても違和感を感じにくい。そして、記事と同じデザインやレイアウトを採用するため、ウェブサイトのデザインを損ねない。

そのため、インリード広告はユーザーエクスペリエンスを向上させながら広告効果も期待できる。

使用する職種

ブログ運営者

記事の中に自然な形で広告を挿入し、収益を上げるために使用。

マーケティングマネージャー

ユーザーエクスペリエンスを損なわずに広告を展開するために使用。

広告デザイナー

記事と調和するデザインの広告を作成するために使用。

インリード広告は、ユーザーエクスペリエンスを重視するウェブサイト運営時におすすめ。

有名な企業や製品、サービス

Google

Google AdSenseは、ウェブサイト運営者がサイト内にインリード広告を配置できる。

Taboola

インリード広告を専門とする広告ネットワーク。

Outbrain

記事に関連したコンテンツをインリード広告として表示するサービス。

類似語

ネイティブ広告

広告であることを隠すことなく、コンテンツと自然に混ざる形式の広告。

コンテンツマーケティング

コンテンツを通じてユーザーとの関係を深め、広告効果を高める手法。

インフィード広告

SNSのフィード中に表示される広告。

反対語

バナー広告

サイトの一部に固定され、一目で広告であることがわかる。

ポップアップ広告

新しいウィンドウが突然開き、広告を表示する。

インタースティシャル広告

ユーザーの操作を中断して広告を表示する。

会話の例文

ウェブサイト運営者と広告主の会話

Q.「ウェブサイトの雰囲気を壊さずに広告を出したいのですが、方法はありますか?」
A.「インリード広告なら記事と同化し、ユーザーの邪魔にならないのでおすすめです。」

デザイナーとクライアントの会話

Q.「どのようなデザインの広告がユーザーに受け入れられやすいですか?」
A.「インリード広告のように、記事と調和するデザインの広告がユーザーに受け入れられやすいです。」

IT初心者とエキスパートの会話

Q.「どうすればウェブサイトで収益を上げられますか?」
A.「広告を掲載するのが一つの方法です。特に、インリード広告はユーザーの体験を損なわずに広告効果を得られますよ。」

使用時の注意点

インリード広告を使用する時の注意点は、ユーザーが広告であることに気づかない可能性があることです。なぜならば、インリード広告は記事と同化し、一見すると記事の一部に見えてしまうから。

例えば、ユーザーが広告をクリックしたときに、広告先のページが自身の想定と異なると、ウェブサイトへの信頼が失われてしまう可能性があります。

そのため、広告が文章と自然に溶け込む一方で、ユーザーが広告であることを理解できる工夫が必要。だから、広告表示の仕方、デザイン、広告の内容など、慎重に検討しましょう。

ユーザーが邪魔されずに広告を見るのがインリード広告の強み

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました