クラスター分析とは?データをグループ化する手法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • データを似た性質のグループに分ける
  • 大量のデータを分析して理解しやすくする
  • データのパターンや傾向を発見する

クラスター分析とはデータを似た性質のグループに分ける分析方法です。

概要説明

クラスター分析とは大量のデータを似た性質を持つグループに分ける分析手法である。 なぜならば、データを分析し理解しやすくするためだ。

例えば、顧客データから似た行動をする顧客のグループを見つけることができる。 そして、それぞれのグループに対して最適なマーケティング戦略を立てることができる。

つまり、クラスター分析はビジネス戦略に必要なデータ理解を助ける。 だから、クラスター分析はデータ分析の一部として重要な役割を果たす。

職業職種

データ分析者

データ分析者は、クラスター分析を日常的に使用する。なぜなら、顧客の行動や製品の傾向を理解し、戦略を立てるためだ。例えば、マーケティングキャンペーンの効果を最大化するために。

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、クラスター分析を利用して顧客のセグメンテーションを行う。なぜなら、それぞれの顧客セグメントに対する適切なマーケティング戦略を立てるためだ。例えば、顧客の購買行動を分析することにより。

研究者

研究者は、クラスター分析を使ってデータセット内のパターンを発見する。なぜなら、新たな知識を発見するためだ。例えば、遺伝子発現パターンを分析することにより。

クラスター分析は、名前の由来は英語の”cluster”(クラスター)が「群れ」や「束」を意味し、”analysis”(分析)が「詳しく調べること」を意味するからです。

代表例

Google

Googleは、クラスター分析を使用してユーザーの検索行動を理解し、検索結果を最適化する。なぜなら、ユーザーのニーズによりよく応えるためだ。例えば、ユーザーの検索履歴やクリック行動を分析することにより。

Amazon

Amazonは、クラスター分析を用いて顧客の購買行動を理解し、パーソナライズされた商品推薦を行う。なぜなら、売り上げを増加させるためだ。例えば、顧客の過去の購入履歴や閲覧行動を分析することにより。

Netflix

Netflixは、クラスター分析を用いてユーザーの視聴行動を分析し、パーソナライズされたコンテンツ推薦を行う。なぜなら、ユーザー体験を向上させるためだ。例えば、ユーザーの過去の視聴履歴や評価を分析することにより。

手順例

データの準備

データの準備は、クラスター分析の基礎です。なぜなら、適切に整理されたデータがなければ分析は不可能だからです。例えば、クレンジングや欠損値の補完など。

クラスタリング手法

適切なクラスタリング手法の選択は、良い結果を得るために重要です。なぜなら、データの性質によって最適な手法は変わるからです。例えば、K-meansや階層的クラスタリングなど。

パラメータの調整

パラメータの調整は、精度向上のために必要です。なぜなら、パラメータ設定が結果に大きな影響を与えるからです。例えば、K-meansの場合はクラスタ数の設定。

クラスタリングの実行

クラスタリングの実行は、分析のメイン部分です。なぜなら、この段階でデータがグループに分けられるからです。例えば、実行後には各データポイントが特定のクラスタに割り当てられます。

結果の解釈と利用

結果の解釈と利用は、分析の目的を達成するために不可欠です。なぜなら、クラスタリングの結果を適切に解釈しなければ意味がないからです。例えば、顧客セグメンテーションの結果をマーケティング戦略に反映させるなど。

類似語

セグメンテーション

セグメンテーションは、クラスター分析に似ています。なぜなら、両者ともに大量のデータを類似性のあるグループに分ける手法だからです。例えば、市場セグメンテーションでは顧客の行動や嗜好に基づいてグループ化を行います。

分類

分類は、クラスター分析に似ています。なぜなら、両者ともにデータをグループに分けることを目的としているからです。しかし、分類は予め定義されたカテゴリにデータを分けるのに対し、クラスター分析はデータ自体の特性に基づいて新たなグループを形成します。

群集分析

群集分析は、クラスター分析の類似語です。なぜなら、群集分析もまたデータの集合をいくつかの類似のグループに分ける方法だからです。クラスター分析と同様に、群集分析もK-meansや階層的クラスタリングなど、さまざまな手法を使用します。

反対語

分散

分散は、クラスター分析の反対語の一つです。なぜなら、クラスター分析がデータを集約し、似たものを一つのグループにまとめるのに対し、分散はデータが全体に広がっている度合いを表すからです。例えば、データの散らばり具合を示す統計量が分散です。

個別化

個別化は、クラスター分析の反対語と言えます。なぜなら、クラスター分析が類似性に基づきデータをグループ化するのに対して、個別化は各個体の特異性を重視するからです。例えば、一対一マーケティングでは個々の顧客の需要に応じた個別化されたアプローチが行われます。

無差別化

無差別化は、クラスター分析と対照的な概念です。なぜなら、無差別化はすべてのデータを一つのグループとして扱うのに対し、クラスター分析はデータを複数のグループに分けるからです。例えば、無差別化戦略ではすべての顧客に対して同じ商品やサービスが提供されます。

会話例

ビジネスミーティング

Q.「新しい製品のマーケティング戦略を考えていますが、顧客のセグメンテーションにはどのような手法を使うべきですか?」
A.「クラスター分析は顧客のセグメンテーションに有効な手法です。顧客の購買行動や属性を基に、類似した特性を持つグループを作ることができます。」

研究プロジェクトの打ち合わせ

Q.「この大量のデータをどうやって分析すればいいの?」
A.「それはクラスター分析が役立つ場面かもしれません。この手法を用いれば、データセット内の類似性をもとにデータをグループ化することができます。」

教育セミナー

Q.「クラスター分析の具体的な利用例を教えていただけますか?」
A.「もちろんです。例えば、市場研究における消費者のセグメンテーション、医療分野での患者のグループ分け、遺伝学での遺伝子発現パターンのクラスタリングなどがあります。」

注意点

クラスター分析を使用する時の注意点は、データの前処理と解釈の難しさである。 なぜならば、クラスター分析は類似性に基づいてグループを形成するため、不適切な前処理や適切な解釈がないと誤った結論につながる可能性があるからだ。

例えば、スケールが異なる変数をそのまま分析に用いると、大きな値をとる変数が結果に過度な影響を与える可能性がある。 そして、クラスター分析の結果は、分析の目的とデータの特性を理解し、適切な解釈を行うことが重要である。

だから、前処理の適切な実施と分析結果の解釈に注意を払う必要がある。

クラスター分析と分類(Classification)の違いは、クラスター分析はデータの内在する構造を探索的に把握し、類似性に基づき未知のグループを見つけるのに対し、分類は事前に既知のカテゴリにデータを割り当てるためます。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました