マーチャンダイジングとは?商品配置で顧客を引きつける!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとマーチャンダイジングとは

  • 商品を魅力的に展示する戦略
  • 顧客の購買意欲を高める
  • 売上向上のための手法

マーチャンダイジングとは、商品を魅力的に展示する戦略です。

概要説明

マーチャンダイジングとは商品を魅力的に展示し、売上を向上させる戦略である。なぜならば、顧客が商品を手に取りやすく、購買意欲を引き出す配置やディスプレイが重要だからだ。

例えば、人の目線に合わせた高さに人気商品を配置することである。そして、店舗の雰囲気やテーマに合ったディスプレイを工夫する。

つまり、顧客のショッピング体験を向上させ、購買を促進する手法である。だから、成功する店舗運営には欠かせない。

職業職種

店舗マネージャー

店舗マネージャーは、マーチャンダイジングの指揮を取る。なぜなら、店舗全体の販売戦略を考え、実行する役割があるからだ。例えば、季節ごとのディスプレイの変更。

販売員

販売員は、マーチャンダイジングの実践者である。なぜなら、商品の配置や整理、顧客への接客を直接行うからだ。例えば、商品の陳列を美しく保つ。

ビジュアルマーチャンダイザー

ビジュアルマーチャンダイザーは、ディスプレイの専門家である。なぜなら、店舗のデザインや商品の展示方法を考え、実行する専門知識が求められるからだ。例えば、窓ディスプレイのデザイン。

マーチャンダイジングは、名前の由来は英語の「Merchandise(商品)」と「-ing(活動)」から来ています。これは「商品を活かす活動」という意味を持ち、商品を魅力的に展示して販売を促進する戦略を指します。

マーチャンダイジングの代表例

ユニクロ

ユニクロは、マーチャンダイジングで有名である。なぜなら、店舗の商品配置やディスプレイが計算されていて、顧客が効率よく商品を選べるように工夫されているからだ。例えば、色別に整理されたTシャツの陳列。

イケア

イケアは、マーチャンダイジングで名高い存在である。なぜなら、店舗を一つの巨大なショールームにして、顧客が実際の生活空間をイメージしながら商品を選べるようにしているからだ。例えば、リビングルームやキッチンを再現した展示スペース。

メアリー・ポータ

メアリー・ポータは、マーチャンダイジングで世間に知られている。なぜなら、彼女は小売業のコンサルタントとして、数多くの店舗の改善に貢献しているからだ。例えば、テレビ番組での店舗改善のアドバイス。

手順例

以下は、効果的なマーチャンダイジングの手順です。

ターゲット顧客の分析

ターゲット顧客の分析は、基本である。なぜなら、どの顧客層に焦点を当てるかが、全ての戦略の基盤になるからだ。例えば、20代女性をターゲットに設定。

商品の配置計画

商品の配置計画は、重要である。なぜなら、どの商品をどこに配置するかが、顧客の購買行動に直結するからだ。例えば、人気商品を店の入口近くに配置。

ディスプレイの工夫

ディスプレイの工夫は、必須である。なぜなら、商品を魅力的に見せるプレゼンテーションが、顧客の購買意欲を引き出すからだ。例えば、季節のイベントに合わせたデコレーション。

価格戦略の設定

価格戦略の設定は、戦略的である。なぜなら、適切な価格設定が利益を最大化し、顧客にも納得感を提供するからだ。例えば、バンドル販売での割引。

結果の分析と改善

結果の分析と改善は、継続的である。なぜなら、マーチャンダイジングは常に顧客の反応を見ながら最適化を図るプロセスだからだ。例えば、売上データを基に次回の配置を計画。

類似語

ビジュアルマーチャンダイジング

ビジュアルマーチャンダイジングは、マーチャンダイジングの類似語である。なぜなら、商品を視覚的に魅力的に展示する手法を指すからだ。例えば、ウィンドウディスプレイのデザイン。

販売促進

販売促進は、マーチャンダイジングの類似語である。なぜなら、商品を売るための様々な活動や戦略を総称する言葉だからだ。例えば、限定セールやクーポンの配布。

店舗設計

店舗設計は、マーチャンダイジングの類似語である。なぜなら、店舗のレイアウトやデザインを計画することで、顧客の購買体験を向上させる目的があるからだ。例えば、顧客の動線を考慮したレイアウト。

反対語

無計画販売

無計画販売は、マーチャンダイジングの反対語である。なぜなら、商品の配置や価格設定に戦略がなく、無秩序に行われるからだ。例えば、商品がばらばらに置かれている店舗。

パッシブ販売

パッシブ販売は、マーチャンダイジングの反対語である。なぜなら、積極的に商品を顧客に提案しない、待ちの姿勢の販売方法だからだ。例えば、店員が客に声をかけず、ただレジで待っている場面。

一貫性のない展示

一貫性のない展示は、マーチャンダイジングの反対語である。なぜなら、商品の展示が計画的でなく、統一感がないからだ。例えば、色々なスタイルの商品がごちゃ混ぜに並んでいる状態。

マーチャンダイジングの注意点

マーチャンダイジングを使用する時の注意点は、顧客の視点を忘れないことである。なぜならば、店舗のレイアウトや商品の配置が顧客にとって分かりにくいと、購買意欲が下がるからだ。

例えば、高い商品と安い商品がごちゃ混ぜになっている場合である。そして、定期的に結果を分析し、改善を続けること。だから、顧客の反応を常にチェックし、柔軟に変更を加えることが大切。

マーチャンダイジングと店舗設計は、間違えやすいので注意しましょう。

マーチャンダイジングは、商品の配置や価格設定、プロモーションの戦略を練ることです。

一方、店舗設計は、店の空間やインテリアの設計を指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました