プロビジョニングとは?企業のIT部門が背負う大切な任務

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとプロビジョニングとは

  • ITを使った情報資産の構築と管理
  • 顧客に向けたシステムの提供手段
  • セキュリティとアクセス権の調整

プロビジョニングとは、ITでの情報資産の管理です。

概要説明

プロビジョニングとはITを使って顧客に向けたサービスや情報を構築・展開・管理することである。 なぜならばビジネスでは情報が重要で、その提供手段としてITが使われるからだ。

例えばECサイトの運営やコールセンターのシステムである。そして、これを実行する際にはセキュリティやユーザのアクセス権の調整が必要となる。つまり企業のIT部門やCTOが中心的役割を果たす。

だからプロビジョニングはビジネスの効率や安全性を保つために不可欠である。

職業職種

CTO

CTOは、プロビジョニングの主要担当者である。なぜなら、セキュリティ基準やアクセス権の設定を行うからだ。例えば、新しいシステムの導入時に権限設定を行う。

ITマネージャー

ITマネージャーは、システムの構築や展開を担当する。なぜなら、企業の情報資産を効率的に運用する役割があるからだ。例えば、新サービスの展開計画の策定。

セキュリティ担当者

セキュリティ担当者は、プロビジョニングのセキュリティ確保を担当する。なぜなら、システムの安全性を維持する役割があるからだ。例えば、アクセス権の設定や不正アクセスの監視。

プロビジョニングは、名前の由来は英語の”provision”(供給、備え)から来ています。

プロビジョニングの代表例

Amazon Web Services (AWS)

Amazon Web Services (AWS)は、クラウドサービスの大手である。なぜなら、多数のサービスを提供し、その中でプロビジョニングのツールやサービスも豊富だから。例えば、AWS CloudFormation。

Microsoft Azure

Microsoft Azureは、クラウドコンピューティングのプラットフォームである。なぜなら、企業向けのさまざまなITサービスを提供しているから。例えば、Azure Resource Manager。

Terraform

Terraformは、インフラストラクチャをコード化して自動展開するツールである。なぜなら、クラウドプロビジョニングの自動化に特化しているから。例えば、AWSやAzureでのインフラ構築。

手順例

以下は、プロビジョニングの基本手順です。

目的の設定

目的の設定は、最初に行う。なぜなら、何を達成したいのか明確にすることで、適切なツールや方法を選ぶ基盤を築くから。例えば、新しいサーバーをセットアップする場合の目的設定。

適切なツールの選択

適切なツールの選択は、目的に合わせて行う。なぜなら、プロビジョニングには様々なツールが存在するから。例えば、TerraformやAWS CloudFormation。

設定ファイルの作成

設定ファイルの作成は、ツールに指示を出すために行う。なぜなら、自動化の指示をツールに伝えるためのスクリプトや設定が必要だから。例えば、Terraformの設定ファイル。

プロビジョニングの実行

プロビジョニングの実行は、設定ファイルに基づき行う。なぜなら、自動的にシステムや情報資産を展開・管理することが目的だから。例えば、コマンドラインからの実行。

結果の確認

結果の確認は、プロビジョニングが正しく行われたかを検証するために行う。なぜなら、エラーや不具合を早期に発見し、修正する必要があるから。例えば、ダッシュボードでの状態確認。

類似語

デプロイメント

デプロイメントは、システムやアプリケーションを稼働環境に展開することである。なぜなら、プロビジョニングと同じくITリソースの配置に関連するから。例えば、ソフトウェアのリリース。

コンフィギュレーション

コンフィギュレーションは、システムやネットワークの設定を行うことである。なぜなら、プロビジョニングの一環として行われることが多いから。例えば、ネットワークのIPアドレス設定。

オーケストレーション

オーケストレーションは、複数のシステムやサービスを一元的に制御・管理することである。なぜなら、プロビジョニングを含む一連のIT業務を自動化する際に使用されるから。例えば、クラウド環境でのリソース管理。

反対語

反寄せ

反寄せは、システムや情報資産を解体や取り下げることである。なぜなら、プロビジョニングが提供や構築に関する行動なら、反対の行動は解体や取り下げとなるからだ。例えば、サービスの終了。

非提供

非提供は、何も提供しないことである。なぜなら、プロビジョニングは情報やシステムを提供することだから、反対は提供しないことになる。例えば、サービスの一時停止。

制約

制約は、システムやサービスの展開を制限することである。なぜなら、プロビジョニングが展開や拡大を意味するのに対し、その反対の行動は制限や縮小となるからだ。例えば、機能の制限。

プロビジョニングの注意点

プロビジョニングを使用する時の注意点は、セキュリティである。なぜならば、誤った設定や脆弱性があると、外部からの攻撃のリスクが高まるからだ。

例えば、不適切なアクセス権の設定である。そして、システムの更新も忘れずに。だから、定期的なセキュリティチェックと更新が必要だ。

プロビジョニングとデプロイメントは、間違えやすいので注意しましょう。

プロビジョニングは、システムや情報資産を構成・展開・管理することです。

一方、デプロイメントは、特定のソフトウェアのバージョンを特定の環境に展開することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました