ナビゲーションドロワーとは?ウェブページを整理!手軽に導線を確保する方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとナビゲーションドロワーとは

  • 小さな画面でも簡単に操作
  • ウェブサイトの導線を隠すボタン
  • ユーザー体験を考えたUIの一つ

ナビゲーションドロワーとは、画面の上部隅にある「三」みたいなのことメニューです。

概要説明

ナビゲーションドロワーとは、小さな画面でも簡単にウェブサイトを操作するツールだ。なぜなら、「会社概要」や「採用情報」、「アクセス」などの情報を隠すことができるからだ。

例えば、スマホでウェブサイトを見ている時に、一つのボタンを押すだけで色々な情報にアクセスできる。そして、見た目がすっきりするので、ユーザーは使いやすいと感じる。

つまり、ナビゲーションドロワーは、ウェブサイトの利便性とデザインを両立させるツールだ。だから、ITリテラシーの高いユーザー向けに使用されることが多い。

YouTubeubeナビゲーションドロワー
YouTubeubeのナビゲーションドロワー

職業職種

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは、ナビゲーションドロワーをよく使用する。なぜなら、利用者の体験を向上させる効果的な手法だからだ。例えば、ユーザーがスマホでウェブサイトを見ている時、ナビゲーションドロワーを使えば情報にすぐにアクセスできる。

アプリ開発者

アプリ開発者も、ナビゲーションドロワーを使う。なぜなら、スクリーンリアルエステートが限られているスマホで、より多くの機能や情報を提供するためだ。例えば、アプリのメニュー項目をナビゲーションドロワーに隠すことで、画面をすっきりと見せることができる。

ITリテラシーの高いユーザー

ITリテラシーの高いユーザーは、ナビゲーションドロワーの存在と使い方を理解している。なぜなら、彼らは日常的にスマホやウェブを使用し、最新のUIトレンドを把握しているからだ。例えば、彼らはナビゲーションドロワーを見ただけで、その背後に隠された情報へのアクセスが可能であることを認識している。

ナビゲーションドロワーの名前の由来は、”ナビゲーション”がサイト内を移動することを指し、”ドロワー”が引き出しを意味し、メニューが引き出しのように開閉することからきています。

類似語

ハンバーガーメニュー

ハンバーガーメニューは、ナビゲーションドロワーと同じ意味だ。なぜなら、その形がハンバーガーに似ているからだ。例えば、スマホの画面の右上に配置される「三」のアイコンのことを指す。

サイドバー

サイドバーは、ナビゲーションドロワーと似ているが、位置が違う。なぜなら、サイドバーはサイトの左右に配置されるからだ。例えば、ブログの記事一覧やカテゴリーが表示される部分を指す。

ドロップダウンメニュー

ドロップダウンメニューは、ナビゲーションドロワーと機能が似ている。なぜなら、クリックするとメニューが表示されるからだ。例えば、サイトのヘッダー部分に配置され、メニューが下に広がるタイプを指す。

反対語

全表示メニュー

全表示メニューは、ナビゲーションドロワーの反対である。なぜなら、全ての選択肢を見せるのに対し、ドロワーはメニューを隠しているからだ。例えば、PCのウェブサイトなどがこれに該当する。

フットメニュー

フットメニューは、ナビゲーションドロワーと異なる配置を持つ。なぜなら、フットメニューは画面の下部に存在し、ドロワーは上部に隠されているからだ。例えば、いくつかのスマホアプリでは下部によく使うメニューが配置される。

一定表示メニュー

一定表示メニューは、ナビゲーションドロワーの反対である。なぜなら、ナビゲーションドロワーは隠されていて選択するまで見えないが、一定表示メニューは常に画面に存在しているからだ。例えば、ホームページのサイドバーなどがこれに該当する。

ナビゲーションドロワーの注意点

ナビゲーションドロワーを使用する時の注意点はユーザーのITリテラシーである。なぜならば、一部のユーザーは隠れているメニューに戸惑うかもしれないからだ。

例えば、年配の人々や技術になじみのない人々が主なユーザーである場合、明確で直感的なナビゲーションを提供する方が良いかもしれない。

そして、ナビゲーションドロワーは通常、スマートフォンやタブレットなどの小さな画面で最も効果的だ。だから、デバイスや画面サイズも考慮に入れるべきだ。

ナビゲーションドロワーとサイドバーは、間違えやすいので注意しましょう。

ナビゲーションドロワーは、モバイルデバイスでよく見る”三”のアイコンから展開するメニューです。

一方、サイドバーは、常に画面の左側や右側に表示される項目のリストです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました