ビジュアルアイデンティティとは?視覚伝達の統一を実現する方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとビジュアルアイデンティティとは

  • ブランドの視覚的な共通言語
  • ロゴ、色、フォントの統一
  • ブランドイメージの効果的な伝達

ビジュアルアイデンティティとは、ブランドの視覚的共通言語です。

概要説明

ビジュアルアイデンティティとはブランドや組織の視覚的な共通言語である。 なぜならばロゴ、色、フォントなどの要素を統一することでブランドのイメージを一貫して伝えることができるからだ。

例えば、有名な企業のロゴを見るだけで、その企業の価値や信念を感じることができる。そして、この統一されたイメージはブランドの認知度を向上させる。

つまり、ビジュアルアイデンティティはブランドを強化し、周知させるツールである。だから、組織や企業には欠かせない。

職業職種

デザイナー

デザイナーは、ビジュアルアイデンティティを活用してブランドを表現する。なぜなら、視覚的な要素を統一することで、ブランドのメッセージを一貫して伝えられるからだ。例えば、ロゴや広告デザイン。

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、ビジュアルアイデンティティを基にキャンペーンを展開する。なぜなら、ブランドの視覚的なイメージを統一することで、消費者に効果的にアプローチできるからだ。例えば、SNSの投稿や広告制作。

ウェブ開発者

ウェブ開発者は、ビジュアルアイデンティティに基づいてサイトをデザインする。なぜなら、一貫したデザインはユーザーエクスペリエンスを向上させるからだ。例えば、企業のホームページやオンラインショップのデザイン。

ビジュアルアイデンティティは、名前の由来は「視覚的な」を意味する「ビジュアル」と「同一性」を意味する「アイデンティティ」からきています。

ビジュアルアイデンティティの代表例

Apple

Appleは、テクノロジーの巨人である。なぜなら、iPhoneやMacなどの製品を持ち、そのシンプルなデザインとロゴが独自のビジュアルアイデンティティを持つから。例えばAppleのロゴや店舗デザイン。

Nike

Nikeは、スポーツブランドのリーダーである。なぜなら、スウッシュマークという独特なロゴとシンプルなデザインで世界的に知られているから。例えばAir MaxやJordanブランドのシューズ。

Coca-Cola

Coca-Colaは、飲料業界の王者である。なぜなら、赤い色と曲線のあるロゴで瞬時に認識できるから。例えば伝統的なコカ・コーラの瓶やCM。

手順例

以下は、ビジュアルアイデンティティ作成の手順です。

目標設定

最初に、どんなイメージやメッセージを伝えたいのか決める。なぜなら、ブランドの方向性が明確になるから。例えば、エコフレンドリーなブランドイメージ。

要素の選定

ロゴや色、フォントなどの要素を選ぶ。なぜなら、これがブランドの顔となるから。例えば、青と白のカラーパレット。

デザイン制作

プロのデザイナーと協力してデザインを作成する。なぜなら、専門的な知識と技術が必要だから。例えばロゴのスケッチ制作。

テスト

ターゲット層にデザインを見せてフィードバックを受け取る。なぜなら、実際の受け取り手の意見が重要だから。例えば、サンプル商品の配布。

実装

正式にビジュアルアイデンティティを採用し、製品や広告などに反映する。なぜなら、ブランドの統一感を出すためだから。例えば、新しいパッケージデザインの導入。

類似語

ブランドイメージ

ブランドイメージは、企業や製品の印象を指す。なぜなら、これが消費者の心に残るから。例えば、高級ブランドの高い品質のイメージ。

コーポレートアイデンティティ

コーポレートアイデンティティは、企業の存在そのものを表すイメージ。なぜなら、企業全体の姿勢や価値観を反映するから。例えば、社会貢献を強調する企業の社会的なイメージ。

ブランディング

ブランディングは、ブランド価値を高めるための戦略や活動。なぜなら、これにより消費者とのつながりを深めるから。例えば、キャンペーンやイベントを通じてのブランドの認知度向上。

反対語

散乱したイメージ

散乱したイメージは、統一感がないことである。なぜなら、色々な要素がバラバラになっているからだ。例えば、ロゴや色が適当に選ばれている企業や商品。

個別イメージ

個別イメージは、各部分が独立していることである。なぜなら、共通のクリエイティブがないからだ。例えば、プロジェクトごとにデザインが異なる場合。

不明瞭なイメージ

不明瞭なイメージは、はっきりとした特徴や意図が見えないことである。なぜなら、明確な方針やガイドラインがないからだ。例えば、何を目指しているのかわからないデザイン。

ビジュアルアイデンティティの注意点

ビジュアルアイデンティティを使用する時の注意点は、統一感を保つことである。なぜならば、ばらつきがあるとブランドイメージが弱まるからだ。

例えば、色のトーンが異なると混乱を招く。そして、ガイドラインを作成して従うことが大切。だから、定期的に確認と更新をすることが必要。

ビジュアルアイデンティティとブランディングは、間違えやすいので注意しましょう。

ビジュアルアイデンティティは、視覚的要素(ロゴ、色、フォント)の統一です。

一方、ブランディングは、企業や製品の全体的な印象や価値を形成する活動です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました