ウォークスルーとは?ITプロジェクトをスムーズに進行させる方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとウォークスルーとは

  • 机上でシミュレーションする
  • メンバーが声をかけて自主的に実施
  • 目的は成果物の品質向上

ウォークスルー(Walkthrough)とは、チーム内のITプロジェクトの問題解決法です。

概要説明

ウォークスルーとはITプロジェクトで使われる問題点特定の手法である。なぜならば、チームでプロジェクトの内容を共有し、問題を発見するから。例えば、コードのレビューや設計の見直しである。そして、改善策を検討し実行する。つまり、効率的なプロジェクト進行を可能にする。だから、IT分野で重宝される。

ウォークスルーイメージ図

ウォークスルーとは?ITプロジェクトをスムーズに進行させる方法の簡単イメージ図
ウォークスルーの簡単イメージ図

職業職種

プロジェクトマネージャー

ウォークスルーは、プロジェクトの進捗確認である。なぜなら、計画通りに進んでいるかを確認するため。例えば、スケジュールやリソースの管理。

ソフトウェア開発者

ウォークスルーは、コードの品質向上である。なぜなら、バグや設計の問題を見つけ出すため。例えば、コードレビューやテスト。

品質保証担当者

ウォークスルーは、製品の品質保証である。なぜなら、製品の問題を早期に発見するため。例えば、テスト計画の確認や実施。

ウォークスルーの名前の由来は、歩きながらプロジェクトの内容を見直す様子からきています。

ウォークスルーの代表例

日本IBM

日本IBMは、ウォークスルーで有名である。なぜなら、長年に渡りITプロジェクトで高品質なソリューションを提供してきたから。例えば、企業向けシステムの開発と管理。

富士通

富士通は、ウォークスルーで名高い存在である。なぜなら、独自のプロジェクト管理方法で効率的なプロセスを実現しているから。例えば、大規模システムの設計と導入。

Google

Googleは、ウォークスルーで世間に知られている。なぜなら、イノベーティブなアプローチと効果的な問題解決手法を採用しているから。例えば、検索エンジンやクラウドサービスの改善。

手順例

以下は、ウォークスルーの基本手順です。

プロジェクトの概要を確認

プロジェクトの目的と範囲を明確にする。なぜなら、目標を共有することで、問題点の特定が容易になるから。例えば、プロジェクト計画書のレビュー。

関係者を集める

プロジェクトに関わる全ての関係者を集める。なぜなら、多様な視点からのフィードバックが重要だから。例えば、開発者、プロジェクトマネージャー、顧客。

問題点の特定

集まった関係者と一緒に問題点を特定する。なぜなら、問題の根本原因を理解することが改善への第一歩だから。例えば、不具合のある部分や改善の必要なプロセス。

改善策の検討

特定した問題に対して改善策を検討する。なぜなら、効果的な解決策を見つけることが重要だから。例えば、技術的な解決策やプロセスの改善提案。

実施と評価

改善策を実施し、その効果を評価する。なぜなら、実際に改善が行われたことを確認する必要があるから。例えば、改善後のプロジェクトの進行状況や成果の確認。

類似語

コードレビュー

コードレビューは、ウォークスルーの類似語である。なぜなら、プロジェクトの進行中にコードの品質を検証し、改善することが目的で、ウォークスルーのプロセスに似ているから。例えば、開発者間でコードを見直すこと。

プロセス監査

プロセス監査は、ウォークスルーの類似語である。なぜなら、プロジェクトの進行プロセスを評価し、必要に応じて改善策を提案する点がウォークスルーと似ているから。例えば、プロジェクト管理手法の評価。

デバッグ

デバッグは、ウォークスルーの類似語である。なぜなら、ソフトウェア開発においてバグやエラーを探し出し、解決することがウォークスルーの目的に近いから。例えば、テスト段階でのバグの特定と修正。

反対語

即決実施

即決実施は、ウォークスルーの反対語である。なぜなら、ウォークスルーは問題点を見つけ出し、検討するのに対し、即決実施は迅速な行動や決定を意味するから。例えば、すぐに決断して行動すること。

トップダウン

トップダウンは、ウォークスルーの反対語である。なぜなら、ウォークスルーはチームで問題を特定するのに対し、トップダウンは上位者が指示を下すスタイルを指すから。例えば、上司が一方的に指示を出すこと。

直感的決定

直感的決定は、ウォークスルーの反対語である。なぜなら、ウォークスルーは慎重な検討を伴うが、直感的決定は即座の判断に基づくから。例えば、直感や勘に頼った決定をすること。

ウォークスルーの注意点

ウォークスルーを実行する時の注意点は、全員の意見を尊重することである。なぜならば、ウォークスルーは多様な視点からのフィードバックが重要だからだ。例えば、異なる職種の人たちの意見を取り入れること。そして、客観的な評価を心がける。だから、個人の意見や先入観に左右されず、公平な審査を行うべきである。

ウォークスルーとコードレビューは、間違えやすいので注意しましょう。ウォークスルーは、プロジェクト全体の問題点をチームで特定し改善策を考えるものです。

一方、コードレビューは、主にソフトウェアのコード品質をチェックし改善する行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました