インタースティシャル広告とは?コンテンツ遷移での効果的な表示

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとインタースティシャル広告とは

  • 全画面に表示される広告
  • コンテンツ遷移間に挿入される
  • Xボタンで広告を閉じる

インタースティシャル広告とは、全画面でコンテンツ間に表示される広告です。

概要説明

インタースティシャル広告とは、ユーザーがコンテンツを遷移したら、全画面で表示される広告形式である。 なぜならば、ユーザーの注目を集めやすく、高いクリック率が期待できるから。

例えば、アプリのレベルクリア後に表示される広告である。そして、ユーザーの操作を中断させずに広告を表示できる。

つまり、ユーザー体験の低下を最小限に抑えながら効果的に宣伝できる。だから、アプリ開発者やウェブマスターに人気がある。

職業職種

アプリ開発者

アプリ開発者は、収益を上げる手段として使用する。なぜなら、アプリ内で効果的に広告を表示でき、収益を得やすいから。例えば、ゲームのステージクリア後に広告を表示する。

ウェブマスター

ウェブマスターは、サイトの収益化を目指して使用する。なぜなら、訪問者の注目を集めやすく、広告収益を向上させるから。例えば、記事の読了後に表示される広告。

広告主

広告主は、新製品やサービスの宣伝を効果的に行うために使用する。なぜなら、ユーザーの全画面を使って広告を表示でき、インパクトが大きいから。例えば、新商品のローンチキャンペーンに使用する。

インタースティシャル広告は、名前の由来は英語の「Interstitial」で、”間に挟む”という意味です。

インタースティシャル広告の代表例

Google

Googleは、インタースティシャル広告で有名である。なぜなら、Google AdMobを通じてアプリ開発者に広告を提供しているから。例えば、スマホゲームの間に表示される広告。

Facebook

Facebookは、インタースティシャル広告で名高い存在である。なぜなら、Facebook Audience Networkで広告主とパブリッシャーを繋げ、効果的な広告を提供しているから。例えば、Facebookアプリ内で表示される広告。

Unity

Unityは、インタースティシャル広告で世間に知られている。なぜなら、ゲーム開発プラットフォームとして広く使われ、Unity Adsを通じてゲーム内広告を提供しているから。例えば、モバイルゲームのプレイ間に表示される広告。

手順例

以下は、広告プラットフォームのインタースティシャル広告の設定手順です。

広告プラットフォームを選ぶ

広告プラットフォームを選ぶことは、最初のステップである。なぜなら、どのプラットフォームを使うかによって、広告の形式や設定が変わるから。例えば、Google AdMobやFacebook Audience Network。

広告スペースを作成

広告スペースを作成することは、次のステップである。なぜなら、広告を表示する場所を指定する必要があるから。例えば、アプリのゲームクリア後の画面。

広告の設定を行う

広告の設定を行うことは、重要なステップである。なぜなら、どのような広告を表示するか、ターゲットを設定する必要があるから。例えば、年齢層や興味に基づくターゲティング

広告をテストする

広告をテストすることは、実際にユーザーに表示する前の確認作業である。なぜなら、不具合や表示の問題を事前に発見できるから。例えば、異なるデバイスでの表示確認。

広告を公開する

広告を公開することは、最後のステップである。なぜなら、設定が完了した広告をユーザーに見せるためには、公開作業が必要だから。例えば、広告プラットフォームでの公開設定。

類似語

ポップアップ広告

ポップアップ広告は、インタースティシャル広告の類似語である。なぜなら、両者ともにコンテンツの上に表示される形式の広告だから。例えば、ウェブページを訪れた時に新しいウィンドウで表示される広告。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、インタースティシャル広告の類似語である。なぜなら、両者ともにコンテンツの上に重ねて表示される形式の広告だから。例えば、動画の再生中に表示される広告。

フルスクリーン広告

フルスクリーン広告は、インタースティシャル広告の類似語である。なぜなら、両者ともに画面全体を使って広告を表示する形式だから。例えば、アプリのローディング画面で表示される広告。

反対語

ネイティブ広告

ネイティブ広告は、インタースティシャル広告の反対語である。なぜなら、インタースティシャル広告が画面全体を使い、一時的にコンテンツを中断するのに対し、ネイティブ広告はコンテンツの一部として自然に組み込まれるから。例えば、ニュースフィード内の広告。

バナー広告

バナー広告は、インタースティシャル広告の反対語である。なぜなら、インタースティシャル広告が一定時間後に表示されるのに対し、バナー広告は常にページの一部として表示されるから。例えば、ウェブページの上部にある広告。

テキスト広告

テキスト広告は、インタースティシャル広告の反対語である。なぜなら、インタースティシャル広告が画像や動画で訴求するのに対し、テキスト広告は文字情報のみで訴求するから。例えば、検索結果の上部に表示される広告。

インタースティシャル広告の注意点

インタースティシャル広告を使用する時の注意点は、ユーザーのストレスを最小限にすることである。なぜならば、突然の広告表示がユーザーの離脱を招く可能性があるからだ。

例えば、コンテンツの自然な区切りで広告を表示することである。そして、広告のデザインも清潔で魅力的に。だから、ユーザーの体験を損なわないよう心がける。

インタースティシャル広告とポップアップ広告は、間違えやすいので注意しましょう。

インタースティシャル広告は、一定のタイミングで全画面に表示される広告です。

一方、ポップアップ広告は、新しいウィンドウやタブで突然表示される広告です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました