プレスティシャル広告とは?コンテンツ表示前のユーザーの注目を集める

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとプレスティシャル広告

  • コンテンツ表示前の広告
  • ユーザーの注目を集める
  • 広告のインパクト大

プレスティシャル広告とは、コンテンツ閲覧前に表示される広告です。

概要説明

プレスティシャル広告とは、ウェブページやアプリのコンテンツが表示される前に全画面で表示される広告である。 なぜならば、ユーザーの注目を最初に集め、広告の効果を最大化するため。

例えば、ニュースアプリを開いたときに最初に表示される広告である。そして、一定の時間が経つか、ユーザーが閉じるボタンを押すと消える。

つまり、短時間で強いインパクトを与える広告である。だから、ブランドの認知度向上に効果的。

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、新製品のローンチ時に使用する。なぜなら、新製品の認知度を一気に高めるため。例えば、新しいスマホアプリのリリース時。

広告代理店のプランナー

広告代理店のプランナーは、クライアントのキャンペーンを強力にサポートするために使用する。なぜなら、ユーザーの最初の注意を引きつけ、効果的な広告として提案できるから。例えば、大型セールの告知。

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは、サイトの訪問者に特別なお知らせをする時に使用する。なぜなら、訪問者の目を引くデザインの広告を作成し、情報を効果的に伝えるため。例えば、ウェブサイトのリニューアル告知。

プレスティシャル広告は、名前の由来は「prestitial」で、英語で「pre」(前)と「interstitial」(間に挟む)を組み合わせた造語です。

プレスティシャル広告の代表例

Google

Googleは、プレスティシャル広告の提供で有名である。なぜなら、Googleの広告プラットフォーム「Google AdSense」が、ウェブページの読み込み時に全画面で表示されるプレスティシャル広告を提供しているからだ。例えば、ニュースサイトやブログでよく見かける。

Facebook

Facebookは、プレスティシャル広告で名高い存在である。なぜなら、Facebookも自社のプラットフォームである「Facebook Audience Network」を通じて、プレスティシャル広告を提供しているからだ。例えば、モバイルアプリ内でコンテンツを閲覧する前に表示される広告。

Forbes

Forbesは、プレスティシャル広告で世間に知られている。なぜなら、Forbesのウェブサイトは、訪問者がコンテンツにアクセスする前にプレスティシャル広告を表示し、その後に本来のコンテンツへと導くスタイルを取り入れているからだ。例えば、Forbesの記事を読む前に表示される広告。

手順例

以下は、広告プラットフォームでのプレスティシャル広告の実装手順です。

広告コンテンツの準備

広告コンテンツの準備は、最初のステップである。なぜなら、効果的な広告を作成する基盤となるから。例えば、動画や画像、テキストを用意する。

広告プラットフォームの選定

広告プラットフォームの選定は、重要なステップである。なぜなら、どのプラットフォームで広告を表示するかが、広告の効果に大きく影響するから。例えば、Google AdsやFacebook Adsを選ぶ。

広告の設定と配置

広告の設定と配置は、技術的な部分である。なぜなら、ここで広告が正しく表示されるように設定するから。例えば、表示時間や位置を設定する。

テストと最適化

テストと最適化は、改善のステップである。なぜなら、広告の効果を最大限に引き出すために、繰り返し改善を行うから。例えば、異なる画像でテストを行い、クリック率が高いものを選ぶ。

分析と評価

分析と評価は、結果を検証するステップである。なぜなら、次回の広告戦略に生かすためのデータを集めるから。例えば、広告の表示回数やクリック数を分析する。

類似語

インタースティシャル広告

インタースティシャル広告は、プレスティシャル広告の類似語である。なぜなら、両者ともにコンテンツの間に表示される広告形式だから。例えば、アプリの画面遷移時に表示される広告。

プリロール広告

プリロール広告は、プレスティシャル広告の類似語である。なぜなら、動画コンテンツの再生前に表示される広告形式で、ユーザーの注意を引く点が似ているから。例えば、YouTubeの動画再生前に流れる広告。

スプラッシュ広告

スプラッシュ広告は、プレスティシャル広告の類似語である。なぜなら、アプリを開いた際に最初に表示される広告形式で、プレスティシャル広告と同じく初期の注目を集めるから。例えば、ゲームアプリを開いた時に表示される広告。

反対語

ネイティブ広告

ネイティブ広告は、プレスティシャル広告の反対語である。なぜなら、プレスティシャル広告は画面全体を使って一時的に表示されるが、ネイティブ広告はコンテンツの一部として自然に組み込まれるからだ。例えば、記事の中に広告がある場合。

会話例

広告打ち合わせの場面

「プレスティシャル広告って、ユーザーにはどう映るの?」
「全画面で表示されるから、一瞬注目を集めるよ。でも、邪魔に感じる人もいるから、バランスが大事だよ。」

広告の効果分析の場面

「このプレスティシャル広告、クリック率はどうだった?」
「結構高かったよ。でも、長くページに滞在してくれる人は少なかったね。」

プレスティシャル広告の注意点

プレスティシャル広告を使用する時の注意点は、ユーザーのストレスを最小限にすることである。なぜならば、全画面に広告が表示されると、ユーザーがコンテンツにアクセスできなくなるからだ。

例えば、閲覧を中断してしまうユーザーもいるから、広告をユーザーにストレスを感じさせないクリエティブにする。効果的なタイミングと内容で表示することが大切。

プレスティシャル広告とインタースティシャル広告は、間違えやすいので注意しましょう。

プレスティシャル広告は、コンテンツが表示される前に全画面で表示される広告です。

一方、インタースティシャル広告は、コンテンツの間に表示される広告です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました