メタ認知とは?認知の認知を理解する方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとメタ認知とは

  • 自分の認知を客観的に捉える
  • 自己のコントロールが可能
  • 冷静な判断と行動を促す

メタ認知とは、自分の認知を客観的に捉える力です。

概要説明

メタ認知とは自分の認知を理解する力である。 なぜならば、自分の考えや感情を客観的に見ることができるから。

例えば、怒りっぽい自分に気づき、それを抑えることができる。

そして、冷静な判断ができるようになる。つまり、自己コントロールの能力が高まるである。だから、より効果的な行動が取れる。

認知とは

知覚(Perception)

知覚は、感覚器官(目、耳、鼻、舌、皮膚)を通じて外部の情報を受け取るプロセス。例えば、目を使って物の形や色を見たり、耳で音を聞いたりする。

注意(Attention)

注意は、無数に存在する情報の中から特定の情報に焦点を当てる能力。例えば、教室で先生の話を聞く時、他の音や話し声を無視して先生の声に集中できる。

記憶(Memory)

記憶は、過去の経験や学んだ情報を脳に保存し、必要な時にそれを取り出す能力。例えば、友達の名前や学校で習ったことを思い出すのが記憶の働き。

思考(Thinking)

思考は、情報を分析、整理、組み合わせて新しいアイデアを生み出すプロセス。例えば、問題を解決するための策を練ったり、物事の原因と結果を考えたりする。

判断(Judgment)と決定(Decision Making)

判断は、与えられた情報を基に評価を行うプロセスで、決定はその評価に基づいて特定の選択をする行動。例えば、どの大学に進学するかを決める時、いろいろな情報を基に最良の選択をする。

これらのプロセスは、日常生活を送る上で非常に重要である。これらの認知のプロセスがうまく機能することで、効果的に世界を理解し、適切な行動をとることができる。
これらの認知のプロセスは連携して働き、自分以外の人間と効果的に交流できるようになる。それぞれのプロセスは独立しているわけではなく、密接に関連しながら動いている。

職業職種

教育者

メタ認知は、教育の質を向上させる。なぜなら、自分の教え方を客観的に分析し、改善できるから。例えば、生徒の理解度を把握し、指導法を調整。

ビジネスパーソン

メタ認知は、効果的な意思決定を支える。なぜなら、自分の思考パターンを理解し、バイアスを排除できるから。例えば、過去の失敗を分析し、新たな戦略を立てる。

医療従事者

メタ認知は、患者への対応を改善する。なぜなら、自分の感情をコントロールし、冷静な判断ができるから。例えば、緊急時の対応を冷静に行う。

メタ認知は、名前の由来はギリシャ語の「メタ(meta)」が「超越した、その先の」という意味で、「認知(cognition)」が「知識や理解を得るプロセス」を指す言葉から来ています。

メタ認知の代表例

エバーグリーン・ステート・カレッジ

エバーグリーン・ステート・カレッジは、メタ認知で有名である。なぜなら、学生に自己認識と学習プロセスの理解を強調した教育を提供しているから。例えば、リフレクティブ・エッセイの実践を通じて、学生自身の学習プロセスを振り返らせる。

カロリン・デュエック博士

カロリン・デュエック博士は、メタ認知で名高い存在である。なぜなら、成長マインドセットの研究で知られ、自己認識と努力の重要性を強調しているから。例えば、彼女の著書「Mindset: The New Psychology of Success」。

Headspace

Headspaceは、メタ認知で世間に知られている。なぜなら、瞑想とマインドフルネスを通じて、自己認識と思考のコントロールを教えるアプリであるから。例えば、瞑想のガイドを提供し、ユーザーが自分の感情や思考に気づく練習を支援する。

手順例

以下は、メタ認知の実践手順です。

自己観察

自己観察は、自分の思考や感情に気づくことである。なぜなら、メタ認知の第一歩は自分自身を理解することから始まるから。例えば、日記を書く。

目標設定

目標設定は、明確で達成可能な目標を立てることである。なぜなら、目標があると、それに向かって努力できるから。例えば、一週間に一冊本を読むという目標。

戦略選定

戦略選定は、目標に到達するための方法を考えることである。なぜなら、計画的に行動するためには戦略が必要だから。例えば、読書の時間を毎日30分確保する。

実行と調整

実行と調整は、計画を実行し、必要に応じて修正することである。なぜなら、状況に応じて柔軟に対応する能力が重要だから。例えば、読書の時間が取れない日は、翌日に時間を延ばす。

反省と評価

反省と評価は、行動の結果を振り返り、次に生かすための学びを得ることである。なぜなら、自分の行動を客観的に評価することで、成長できるから。例えば、読んだ本から得た知識を振り返る。

類似語

自己認識

自己認識は、メタ認知の類似語である。なぜなら、自分の思考や感情を理解するプロセスを指すから。例えば、自分の強みや弱みを知る活動。

リフレクション

リフレクションは、メタ認知の類似語である。なぜなら、自分の経験や行動を振り返り、それから学ぶプロセスを指すから。例えば、一日の終わりにその日の行動を振り返る習慣。

自己調整

自己調整は、メタ認知の類似語である。なぜなら、自分の行動や学習をコントロールし、目標に向かって努力するプロセスを指すから。例えば、勉強の計画を立てて実行する行動。

反対語

無自覚

無自覚は、メタ認知の反対語である。なぜなら、自分の思考や感情に気づかず、そのまま反射的に行動する状態を指すから。例えば、怒りに任せてすぐに反論する。

自己無視

自己無視は、メタ認知の反対語である。なぜなら、自分の内面を考慮せずに行動することを指すから。例えば、自分の感情を抑えて他人の意見に従う。

短絡的思考

短絡的思考は、メタ認知の反対語である。なぜなら、深く考えずに簡単な結論に飛びつく思考のスタイルを指すから。例えば、一つの失敗をもって自分はダメだと決めつける。

メタ認知の注意点

メタ認知を使用する時の注意点は自己過信である。なぜならば、自分の分析が常に正しいと過信すると、他の視点を無視してしまう可能性があるからだ。

例えば、自分の解釈だけで物事を判断し、他人の意見を聞かないである。そして、これがコミュニケーションの障壁になる。

だから、他人の意見も積極的に取り入れ、自分の分析を修正する柔軟性が大切。

メタ認知と自己反省は、間違えやすいので注意しましょう。メタ認知は、自分の思考や学習のプロセスを理解し、それをコントロールする能力です。

一方、自己反省は、自分の行動や結果を振り返って考える行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました