ターゲティングとは?ビジネスの基本戦略の理解と活用

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 市場を明確にし戦略を立てる
  • STP分析の2段階目
  • 商品の優位性を活かす市場選択

ターゲティングとは、市場を明確にすることです。

概要説明

ターゲティングとは、市場を明確にすることだ。なぜなら、市場規模の予測や成長性、広告や予算に見合うだけの収益性、自社商品やサービスの優位性を生かせるかどうかを確認するからだ。

例えば、自社の新商品について、20代の若者がメインのターゲットなら、その人たちが好む要素を商品に取り入れ、適切な広告を出すことが必要だ。そして、競合他社と差別化を図ることも大事だ。

つまり、自分たちの商品が一番魅力的に見えるように市場を選ぶことだ。だから、ターゲティングは商品を成功させる重要なステップだ。

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、ターゲティングを使用する。なぜなら、自社の商品やサービスがどの市場を目指すべきかを決定するのが彼らの仕事だからだ。例えば、新製品の市場投入計画を立てる時。

広告プランナー

広告プランナーは、ターゲティングを使う。なぜなら、彼らが作る広告がどのような市場に訴求するべきかを理解する必要があるからだ。例えば、新しい広告キャンペーンの企画段階で。

データアナリスト

データアナリストは、ターゲティングを用いる。なぜなら、彼らが分析するデータを基に市場の規模や成長性を予測し、どの市場を狙うべきかを提案するからだ。例えば、市場動向の分析を行う時。

ターゲティングは、名前の由来は英語の”target”(目標)から来ていて、直訳すると「目標を定めること」になります。

代表例

Amazon

Amazonは、オンラインショッピングの巨人だ。なぜなら、彼らは豊富な商品データと顧客の購買履歴を活用し、個々の顧客に合った商品を推薦する精度の高いターゲティングを行っているからだ。例えば、前回購入した商品と関連性の高いアイテムを次回ログイン時に推薦する。

Facebook

Facebookは、SNS界隈で一番の広告プラットフォームだ。なぜなら、ユーザーの趣味や関心、行動履歴などの詳細なデータをもとに、より適切な広告をユーザーに届けるターゲティングが可能だからだ。例えば、趣味がキャンプの人にキャンプ用品の広告を表示する。

Netflix

Netflixは、エンターテイメント界で最もパーソナライズされた体験を提供するプラットフォームだ。なぜなら、視聴履歴や評価を基に個々のユーザーに合わせた映画やドラマの推薦が可能なターゲティングを行っているからだ。例えば、ミステリー映画を好むユーザーには新作のミステリー映画を推薦する。

手順例

セグメントの識別

まずは、市場を異なるセグメントに分割する。なぜなら、市場は均一ではなく、顧客のニーズや行動は異なるからだ。例えば、年齢、性別、趣味などに基づいてセグメントを作る。

評価と選択

次に、各セグメントの大きさ、成長性、競争状況を評価する。なぜなら、すべてのセグメントが等しく価値があるわけではないからだ。例えば、成長が見込めて競争が少ないセグメントを選ぶ。

ターゲットの選択

選んだセグメントに対して商品やサービスを特化させる。なぜなら、特定のニーズに合わせて製品を開発することで、高い満足度を得られるからだ。例えば、若者向けにファッショナブルなデザインの製品を開発する。

ポジショニング

最後に、選んだセグメントに対してどのように自社を位置づけるか決める。なぜなら、競合と差別化し、顧客の心に強く印象づけることが重要だからだ。例えば、高品質でエコロジーなブランドとして位置づける。

類似語

マーケットセグメンテーション

マーケットセグメンテーションは、ターゲティングの前段階だ。なぜなら、市場を意味のあるグループに分割し、それぞれのニーズと動向を理解することがターゲティングの基礎だからだ。例えば、年齢や性別、地域などに基づいて市場をセグメントに分ける。

マーケットポジショニング

マーケットポジショニングは、ターゲティングの後段階だ。なぜなら、選んだターゲットに対してどのようにブランドや商品を位置づけるかを決定するステップだからだ。例えば、高級感を重視して高価格のブランドとして位置づける。

パーソナライゼーション

パーソナライゼーションは、ターゲティングがさらに細分化された形だ。なぜなら、個々の消費者の嗜好や行動に基づいて商品やサービスをカスタマイズする手法だからだ。例えば、過去の購買履歴に基づいて推薦する商品を変える。

反対語

マスマーケティング

マスマーケティングは、ターゲティングの反対概念だ。なぜなら、商品やサービスを特定の顧客群ではなく、全ての消費者に向けて広く売り込む手法だからだ。例えば、テレビの全国ネットのCMなどがこれに当たる。

会話例

  1. マーケティングの打ち合わせ
    Q.「今回の新商品、どの層をターゲットに考えてる?」
    A.「20代〜30代の女性をメインに考えていて、特に健康志向の強い人をターゲットにしたいんだ。」
  2. 商品企画のミーティング
    Q.「ターゲティングは具体的にどう行うの?」
    A.「まず、市場調査から始めて、目指すセグメントのニーズを明確にするよ。それに合わせて商品開発を進めるんだ。」

注意点

ターゲティングを行う時の注意点は市場の動向である。なぜならば、ターゲットとして設定した市場が常に同じとは限らないからだ。

例えば、流行やライフスタイルの変化で、ターゲット層のニーズが変わることがある。そして、その変化に対応するためには、定期的な市場調査と分析が必要だ。

だから、ターゲティングは一度設定したからといって固定的ではない、という意識が必要だ。

ターゲティングとセグメンテーションは、間違えやすいので注意しましょう。

ターゲティングは特定の市場を選び出す行為です。

一方、セグメンテーションは市場を細かな部分に分ける行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました