パーソナライゼーションとは?消費者行動をトリガーに効果的施策!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとパーソナライゼーションとは

  • 消費者行動に基づく情報配信
  • ユーザーの興味・関心マッチング
  • 企業とユーザーの効果的コミュニケーション

パーソナライゼーションとは、ユーザーの興味に基づく最適配信です。

概要説明

パーソナライゼーションとはユーザーの特定の行動に基づいて情報を配信する技術である。なぜならば、消費者が関心を持っている情報を正確に配信することで、より効果的なコミュニケーションを実現するからだ。

例えば、商品の予約や購入行動に応じて最適な情報を提示である。そして、これによりユーザー満足度を高める。つまり、ユーザーと企業の関係を強化する手段である。だから、多くの企業が導入している。

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、ターゲットとする消費者に合わせたキャンペーンを効果的に運営するためにパーソナライゼーションを使用する。なぜなら、消費者の興味・関心に合わせた情報を提供することで、リターン率を向上させることができるからだ。例えば、過去の購入履歴に基づく商品のおすすめなど。

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは、サイト訪問者の興味や関心に合わせてコンテンツを最適化するためにパーソナライゼーションを取り入れる。なぜなら、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、再訪問率を高めるためだ。例えば、訪問者の地域に基づくローカライズドコンテンツの表示。

データアナリスト

データアナリストは、消費者の行動データを解析し、パーソナライゼーションの施策を最適化する。なぜなら、データを基にユーザーの傾向やニーズを正確に把握し、より効果的な情報提供を目指すからだ。例えば、クリック率やコンバージョン率の向上を図るための分析。

パーソナライゼーションは、名前の由来は英語の”personalization”からきており、個人に合わせた、またはカスタマイズしたという意味があります。

パーソナライゼーションの代表例

Netflix

Netflixは、映画やドラマのおすすめ機能である。なぜなら、ユーザーの視聴履歴に基づきオススメの作品を提案するから。例えば「ストレンジャー・シングス」を好きな人には似たジャンルがオススメされる。

Amazon

Amazonは、購入履歴や閲覧履歴を元にした商品のおすすめサービスである。なぜなら、過去の購入や閲覧した商品に関連したものを表示して購買を促すから。例えば、SF小説を読む人にはそのジャンルの本がオススメされる。

Spotify

Spotifyは、音楽のおすすめ機能である。なぜなら、リスニング履歴に基づいて新しい曲やアーティストを提案するから。例えばJ-POPをよく聞く人には、そのジャンルの新曲やアーティストがオススメされる。

手順例

以下は、パーソナライゼーションの導入手順です。

目的の設定

パーソナライゼーションの目的を明確にする。なぜなら、それが戦略の方向性を決めるから。例えば、サイトの滞在時間の増加や購入率の向上が目的。

データ収集

必要なデータを集める。なぜなら、ユーザーの行動や好みに合わせた情報を提供するための元となるから。例えば、アクセス解析ツールでのデータや購入履歴。

分析とセグメント

データを分析し、ユーザーをいくつかのグループに分ける。なぜなら、一人ひとりに合わせた情報は難しいから。例えば、10代の女性や、サッカー好きな男性といったセグメント

コンテンツの最適化

各セグメントに合わせたコンテンツを作成・表示する。なぜなら、それがユーザーの満足度を上げるから。例えば、ティーン向けのファッション商品やサッカー関連のニュース。

評価と改善

導入後の効果を測定し、必要に応じて改善する。なぜなら、常に最適な情報提供を目指すから。例えば、クリック率の向上や購入者の増加をチェック。

類似語

カスタマイズ

カスタマイズは、ユーザーの好みやニーズに合わせて変更することである。なぜなら、一般的な商品やサービスを個別のニーズに合わせて変更するから。例えば、自分だけのオリジナルTシャツを作ること。

ターゲティング

ターゲティングは、特定のユーザーグループを対象に情報や広告を提供することである。なぜなら、そのグループが興味を持ちやすい情報をピンポイントで届けるから。例えば、20代の女性に化粧品の広告を表示すること。

セグメンテーション

セグメンテーションは、市場を特定のグループに分けることである。なぜなら、それぞれのグループに適した施策を考えるためだ。例えば、年代や興味に基づいてユーザーをグループ分けすること。

反対語

一律配信

一律配信は、全員に同じ内容を送る方法である。なぜなら、ユーザーの個々の興味や行動に合わせて調整しないからだ。例えば、新商品の紹介メールを全員に同じ内容で送ること。

無差別配信

無差別配信は、区別なく情報を提供する方法である。なぜなら、特定のユーザーの興味を考慮しないからだ。例えば、お店のチラシを家庭のポストに入れる行為。

固定コンテンツ

固定コンテンツは、変わらない情報を提供するものである。なぜなら、ユーザーの行動や興味に合わせて内容が変動しないからだ。例えば、印刷されたカタログやパンフレット。

パーソナライゼーションの注意点

パーソナライゼーションを使用する時の注意点はプライバシーの侵害である。なぜならばユーザーの情報を過度に取得したり、誤った方法で利用するとトラブルにつながるからだ。

例えば、無許可での情報収集である。そして、適切な方法でユーザーの同意を得ることが重要だ。だから、法律やルールを守りながら取り組むことが必要だ。

パーソナライゼーションとターゲティングは、間違えやすいので注意しましょう。

パーソナライゼーションは、ユーザーの過去の行動や興味に基づいて内容をカスタマイズすることです。

一方、ターゲティングは、特定のユーザーグループを対象に情報を提供することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました