WWWとは?インターネットの基盤となる仕組み解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • インターネット上の情報共有システム
  • Webブラウザでアクセス可能
  • URL、HTTP、HTMLの基盤

WWWとは、インターネット上で情報をやり取りする仕組みです。

概要説明

WWWとはインターネット上で情報をやり取りする仕組みである。なぜならば、テキスト、画像、音声など多種多様なデータを共有できるから。例えば、ウェブサイトやブログである。そして、情報を瞬時に全世界に拡散できる。つまり、情報アクセスが格段に便利になるである。だから、現代社会に欠かせない。

職業職種

マーケター

マーケターは、WWWを広告やプロモーションで使う。なぜなら、多くの人に短時間で情報を届けられるから。例えば、オンライン広告。

学生

学生は、WWWで調査や学習をする。なぜなら、豊富な情報源が手軽にアクセスできるから。例えば、オンライン辞書や教育サイト。

ジャーナリスト

ジャーナリストは、WWWで情報収集と発信をする。なぜなら、速報性と広範なリーチが可能だから。例えば、オンラインニュース。

WWWは、名前の由来はWorld Wide Webです。これは「世界中どこでもつながるウェブ」という意味で、その機能を表しています。

代表例

楽天

楽天は、WWWで有名である。なぜなら、オンラインショッピングと金融サービスを提供しているから。例えば、楽天市場や楽天カード。

LINE Corporation

LINE Corporationは、WWWで名高い存在である。なぜなら、メッセージアプリ「LINE」を通じて多様なサービスを提供しているから。例えば、LINE PayやLINEマンガ。

DeNA

DeNAは、WWWで世間に知られている。なぜなら、ゲームやヘルスケア、自動車関連の多様なビジネスを展開しているから。例えば、MobageやMycode。

インターネットを使用している企業全て、WWWの恩恵を受けていると言っても過言ではありません。

手順例

以下は、WWWで情報を検索する手順です。

ブラウザを開く

ブラウザを開くことが最初のステップである。なぜなら、WWWにアクセスするための窓口だから。例えば、Google ChromeやFirefox。

URLを入力または検索エンジンを使う

URLを入力するか検索エンジンを使う。なぜなら、目的の情報に辿り着くための方法だから。例えば、GoogleやYahoo!。

リンクをクリック

リンクをクリックする。なぜなら、それが情報への入り口だから。例えば、ニュース記事やウェブサイト。

情報を読む

情報を読む。なぜなら、それがWWWの主な目的だから。例えば、テキストや画像、動画。

必要なら保存する

必要なら情報を保存する。なぜなら、後で参照する可能性があるから。例えば、ブックマークやスクリーンショット。

類似語

インターネット

インターネットは、WWWの類似語である。なぜなら、WWWはインターネット上で動作する一部だから。例えば、EメールやFTP

サイバースペース

サイバースペースは、WWWの類似語である。なぜなら、仮想的な情報空間を指す言葉で、WWWもその一部だから。例えば、仮想世界やオンラインコミュニティ。

ウェブ

ウェブは、WWWの類似語である。なぜなら、WWW(World Wide Web)の短縮形で、同じ意味だから。例えば、ウェブサイトやウェブアプリ。

反対語

オフライン

オフラインは、WWWの反対語である。なぜなら、インターネットに接続していない状態を指すから。例えば、紙の本や直接会話。

アナログ

アナログは、WWWの反対語である。なぜなら、デジタルではない手段で情報を扱うから。例えば、手書きの手紙や口頭での伝達。

プライベート

プライベートは、WWWの反対語である。なぜなら、公開されていない、個人的な空間や情報を指すから。例えば、日記や家庭内の会話。

注意点

WWWを使用する時の注意点は信頼性の確認である。なぜならば、誰でも情報をアップできるからだ。例えば、Wikipediaである。そして、確認しないと誤情報を信じてしまう可能性がある。だから、複数の情報源を確認しよう。

WWWとインターネットは、間違えやすいので注意しましょう。

WWWは、インターネット上での情報交換の仕組みです。

一方、インターネットは、世界中のコンピュータネットワーク全体を指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました