セグメントの理解と活用法について

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 分割したものの一部
  • ネットワークやメモリの区画
  • マーケティングの関連要素

セグメントとは、分割した部分や関連要素のことです。

概要説明

セグメントとは、何かを部分に分けた一つである。 なぜならば、一つの大きなものを管理しやすくするため。

例えば会社のネットワークは部署ごとにセグメント化される。そして、マーケティングでも関連要素をグループ化してセグメントと呼ぶ。

つまり、セグメントは組織や事象を分析・管理するための手法である。だから、効率的な管理や戦略を立てるために重要なツールだ。

職業職種

ITマネージャー

ITマネージャーは、ネットワークをセグメント化する。なぜなら、セキュリティを強化し、管理を効率化するため。例えば、部署ごとのネットワークを分割して運用する。

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、市場をセグメント化する。なぜなら、ターゲットを明確にし、効果的なマーケティング戦略を立てるため。例えば、消費者の行動や好みに基づき市場を分割する。

ソフトウェア開発者

ソフトウェア開発者は、メモリをセグメント化する。なぜなら、プログラムの実行やデータの管理を効率的に行うため。例えば、メモリ領域を複数のセグメントに分割して利用する。

セグメントは、英語で「部分、一部、区切り、階層」を指します。

代表例

Google

Googleは、インターネット検索で有名だけど、セグメント分析でも注目を集める。なぜなら、ユーザーの検索履歴や行動データを利用した精緻なセグメント分析で、広告主に最適な広告配信を提案できるからだ。

Apple

Appleは、製品開発でセグメントを利用している。なぜなら、顧客の使い方や好みを理解して、それに合った製品を開発するために、顧客データを細かいセグメントに分けて分析しているからだ。

Amazon

Amazonは、オンラインショッピングの王者だけど、その成功の裏にはセグメント分析がある。なぜなら、顧客の購買履歴や閲覧履歴を基にしたセグメント分析で、個々の顧客に最適な商品を推奨しているからだ。

手順例

セグメント分析の手順です。

目標設定

セグメント分析をする前に何を知りたいのか、目標をはっきりさせる。なぜなら、目標がないとどのデータを分析するべきか決められないからだ。

データ収集

目標に合ったデータを集める。これは、アンケートやWebアクセスログなどがある。なぜなら、分析の精度は集めたデータの質に左右されるからだ。

データ分析

集めたデータを分析する。なぜなら、データをただ集めるだけでは、何もわからないからだ。

結果の解釈

分析した結果を解釈する。なぜなら、データだけ見ても意味を理解できないからだ。

行動計画の立案

解釈した結果から、何をするべきか行動計画を立てる。なぜなら、結果を行動に移さなければ分析は意味がないからだ。

類似語

  • ターゲット
    ターゲットもセグメントに似てる。なぜなら、ターゲットも特定の群れを指す言葉だから。でも、ターゲットはより具体的な一部分を指すことが多い。
  • サブセット
    サブセットもセグメントと同じく、ある全体の一部を表す。なぜなら、数学ではサブセットは全体集合から一部を抜き出したものだから。だけど、サブセットは一般にセグメントほど具体的な用途で使われない。
  • 部門
    部門もセグメントと似てる。なぜなら、両方とも全体を構成する一部を指す言葉だから。でも、部門は主に組織内の区分を指すのに対し、セグメントはより幅広い意味で使われる。

反対語

全体

全体は、セグメントの反対だ。なぜなら、セグメントは一部分を表すけど、全体は全てを示すから。例えば、会社の全体計画と部署別の計画(セグメント)。

一元化

一元化は、セグメントの反対だ。なぜなら、セグメントは分割することだけど、一元化は全部を一つにまとめるから。例えば、分散したデータを一元管理することと、データを種類ごとにセグメントすること。

統一

統一は、セグメントの反対だ。なぜなら、セグメントは個別化だけど、統一は全てを一つの形式やルールにするから。例えば、全ての部署が同じ目標に向かう統一的な計画と、各部署ごとに違った目標を持つセグメント化された計画。

会話例

マーケティング戦略の議論

「新しい広告キャンペーン、どの顧客セグメントに向けるんだ?」
「このキャンペーンは若者のセグメントに集中したいんだ。」

製品の開発議論

「新製品、どのユーザーセグメントを目指してるの?」
「この製品は、アクティブなライフスタイルを持つ人々、特にアウトドア愛好家のセグメントにピッタリだと思ってるよ。」

業績報告の場

「第二四半期の売上、どのセグメントが一番よかった?」
「ビジネスユーザー向けの製品セグメントが一番売上を上げたよ。」

注意点

セグメントを行う時の注意点はバランスである。なぜならばセグメントがあまりに細かすぎると、管理が大変になり、セグメントが大雑把すぎると効果が出にくいからだ。

例えば市場調査で、顧客を年齢だけでセグメントすると、同じ年齢でも好みが大きく違う可能性がある。

そして、年齢だけでなく、ライフスタイルや好みなども加えてセグメントを行うことで、より具体的なマーケティング戦略を立てやすくなる。だから、セグメントは適度な粒度で行うことが重要だ。

セグメントとカテゴリーは、間違えやすいので注意しましょう。

セグメントは個々の顧客や製品を分ける行為です。

一方、カテゴリーは共通の特徴を持つものをまとめる行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました