ビルトイン関数とは?必要な関数をすぐに利用可能

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとビルトイン関数とは

  • もとから用意された関数
  • 初心者でも使いやすい
  • 複雑な関数は自分で作成

ビルトイン関数とは、元からある関数です。

概要説明

ビルトイン関数とはプログラムの中で初めから使える関数である。 なぜならば、これはプログラミング言語に組み込まれているからだ。例えばPythonのprint関数である。そして、これを使うと、簡単なコードでもすぐに結果を出すことができる。つまり、初心者でも手軽にコードを書けるのだ。だから多くの人がこれを使う。

職業職種

プログラマー

プログラマーは、ビルトイン関数を頻繁に使用する。なぜなら、これで簡単なコードをすぐに書けるからだ。例えば、繰り返し処理やデータのソート。

学生

学生は、プログラムの学習でビルトイン関数を使う。なぜなら、基本的な関数を理解するのに役立つからだ。例えば、数学の計算やデータ分析。

システムエンジニア

システムエンジニアは、システム開発の中でビルトイン関数を活用する。なぜなら、時間を節約して効率的に作業を進めることができるからだ。例えば、データベースの操作やログの解析。

ビルトイン関数は、英語の “built-in” が由来で、”組み込みの” や “もとからある” という意味があります。

ビルトイン関数の手順例

以下は、ビルトイン関数の実行手順です。

関数を選ぶ

関数を選ぶとき、まずは自分の目的を明確にする。なぜなら、どんな関数が必要かがわかりやすくなるからだ。例えば、テキストを大文字に変更する場合、upper()関数を選ぶ。

文法を確認する

関数を使う前に、正しい文法や使い方を調べる。なぜなら、間違いを避けるためだ。例えば、関数の公式ドキュメントを読む。

関数を実行する

関数をコードに書いて、プログラムを実行する。なぜなら、関数が正しく動くか確認するためだ。例えば、Pythonで、print(upper("hello"))と実行する。

結果を確認する

関数の実行後、出力結果を見る。なぜなら、期待した動作をしているか確かめるためだ。例えば、「HELLO」と表示されれば成功。

必要に応じて調整する

もし期待した結果が得られなかったら、コードを修正する。なぜなら、目的を達成するためだ。例えば、文法の誤りを修正する。

類似語

組み込み関数

組み込み関数は、ビルトイン関数の日本語訳である。なぜなら、プログラミング言語に元から備わっている関数だからだ。例えば、Pythonのlen()関数。

標準関数

標準関数は、多くのプログラミング言語に備わっている基本的な関数のことを指す。なぜなら、標準ライブラリに含まれているからだ。例えば、ファイル操作や数学関連の関数。

ユーザー定義関数

ユーザ定義関数は、プログラマー自身が作成する関数のこと。なぜなら、ビルトイン関数以外の特定の目的に合わせて関数を作るためだ。例えば、特定の計算やデータ処理をする関数。

反対語

ユーザー定義関数

ユーザ定義関数は、自分で作成した関数である。なぜなら、ビルトイン関数とは異なり、自らが定義した機能を持つからだ。例えば、特定の計算や処理を目的とした関数。

外部関数

外部関数は、外部のライブラリやモジュールから取り入れる関数である。なぜなら、プログラム本体には元々含まれていない関数だからだ。例えば、特定のライブラリをインストールして使用する関数。

カスタム関数

カスタム関数は、プログラマーの要求に応じて特別に作られた関数である。なぜなら、既存の関数では満たせない要件を果たすためだ。例えば、特有の業務ロジックを持つ関数。

ビルトイン関数の注意点

ビルトイン関数を使用する時の注意点は過信である。なぜならば、すべての機能がビルトイン関数に含まれているわけではないからだ。

例えば、特定の計算方法である。そして、関数の使用方法を誤ると意図しない結果になることも。だからドキュメントをよく読むことが大事。

ビルトイン関数と外部関数は、間違えやすいので注意しましょう。

ビルトイン関数は、プログラミング言語に元から備わっている関数です。

一方、外部関数は、外部のライブラリやモジュールから取り入れる関数です。

各関数の例コード

ビルトイン関数

Pythonに元から備わっている関数。例として、len()関数を挙げる。この関数は、リストの長さや文字列の長さなどを取得するのに使われる。

text = "Hello, World!"
length = len(text)
print(length)  # 出力: 13

外部関数

外部ライブラリやモジュールに含まれる関数のことを指す。Pythonでは、外部ライブラリをpipコマンドでインストールして使うことができる。例として、numpyライブラリのmean()関数を示す。

pip install numpy # まずはnumpyをインストール
import numpy as np

numbers = [1, 2, 3, 4, 5]
average = np.mean(numbers)
print(average)  # 出力: 3.0

ユーザー関数

ユーザーが自分で定義した関数のことを指す。以下に、2つの数の合計を返す簡単な関数の例を示す。

def add_two_numbers(a, b):
    return a + b

result = add_two_numbers(5, 7)
print(result)  # 出力: 12

上記例コードで、各関数の違いと、それぞれの使用方法を理解することができたと思います。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました