シグネチャベース型とは?ユーザーも知っておきたい基本情報!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとシグネチャベース型とは

  • 事前に特徴を登録
  • マルウェアを高精度で検出
  • 既知の攻撃に強い

シグネチャベース型とは、事前の情報を元に攻撃を見分ける技術です。

概要説明

シグネチャベース型とは、事前に収集したマルウェアやウィルスの特徴情報(シグネチャ)を用いて検出する方法である。なぜならば、既知の脅威に対して高い検出精度を持つからだ。

例えば、前回の大きなサイバー攻撃の特徴を登録しておくことで、次回同じ攻撃を即座に防ぐことができる。そして、新しい脅威には対応が難しい点もある。

つまり、最新の脅威情報の更新が不可欠である。だから、常にシグネチャ情報を最新に保つ必要がある。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、シグネチャベース型を日常的に利用する。なぜなら、企業のネットワークを守るために、マルウェアやウィルスの検出が必要だからだ。例えば、社内のPCがウィルスに感染しないようにするため。

セキュリティアナリスト

セキュリティアナリストは、シグネチャベース型の効果や限界を理解している。なぜなら、新しい脅威の動向を把握し、システムの安全性を保つためだ。例えば、新しいウィルスの特徴をシグネチャとして追加する際に。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、企業にシグネチャベース型の導入を勧める場合がある。なぜなら、既知の脅威から企業のデータを守る効果的な方法として知られているからだ。例えば、セキュリティ対策の一環としてクライアントに提案する時。

シグネチャベース型は、名前の由来は「シグネチャ(特徴や識別情報)」に基づいて脅威を検出する方法だからです。「署名ベース型」とも言われることがあります。

シグネチャベース型の代表例

McAfee

McAfeeは、セキュリティソフトウェアの大手である。なぜなら、多くのユーザーに信頼されているから。例えば、シグネチャベース型のウイルス検出技術を採用している。

Avast

Avastは、無料のアンチウイルスソフトウェアとして知られる。なぜなら、多くのPCで利用されているから。例えば、シグネチャベース型の手法でマルウェアを検出する。

John McAfee

John McAfeeは、McAfeeの創設者である。なぜなら、彼の名前を冠したセキュリティソフトを作ったから。例えば、初期のシグネチャベース型アンチウイルスの普及に貢献した。

手順例

以下は、ウイルススキャンの手順です。

ソフトウェアのインストール

まず、シグネチャベース型のセキュリティソフトをインストールする。なぜなら、それが最初のステップだから。例えば、AvastやMcAfeeなどのソフトウェアをダウンロードしてインストールする。

定義ファイルの更新

定義ファイルを最新のものに更新する。なぜなら、新しいウイルスにも対応できるようにするため。例えば、ソフトウェアの更新機能を使って最新の署名情報をダウンロードする。

スキャンの実行

全体的なスキャンを実行する。なぜなら、ウイルスやマルウェアの感染をチェックするから。例えば、ソフトウェアのスキャン機能を使って、PC全体をチェックする。

結果の確認

スキャンの結果を確認する。なぜなら、感染しているかどうかを知るため。例えば、スキャン結果の報告を読み、問題があれば対処する。

必要に応じて対処

ウイルスやマルウェアを検出した場合、それを削除や隔離する。なぜなら、PCを安全に保つため。例えば、ソフトウェアの削除や隔離機能を使って感染したファイルを取り扱う。

類似語

署名ベース型

署名ベース型は、シグネチャベース型のもう一つの言い方である。なぜなら、同じ意味を持つ言葉だから。例えば、マルウェアの特定の特徴やパターンを指す。

ヒューリスティック型

ヒューリスティック型は、未知のウイルスも検出できる方法である。なぜなら、行動や動作のパターンをもとに検出するから。例えば、新しいウイルスの振る舞いを元に検出する。

ビヘイビア型

ビヘイビア型は、マルウェアの実際の動作を監視して検出する手法である。なぜなら、実行時の挙動をチェックするから。例えば、マルウェアがファイルを変更するような挙動を監視する。

反対語

動的解析型

動的解析型は、リアルタイムでの振る舞いを確認する方法である。なぜなら、事前の情報がなくても悪意のある動作を検知できるからだ。例えば、ウイルスの実行中の挙動。

行動ベース型

行動ベース型は、実際に動いてみることで判断するタイプである。なぜなら、実行中の異常な動作を見つけるためだ。例えば、新しいウイルスの活動。

ヒューリスティック型

ヒューリスティック型は、経験やルールに基づいて検出する方式である。なぜなら、未知の脅威にも対応可能だからだ。例えば、未知のマルウェアの特徴。

シグネチャベース型の注意点

シグネチャベース型を使用する時の注意点は更新頻度である。なぜならば新しいウイルスやマルウェアに対応するためのシグネチャ情報が必要だからだ。

例えば、古いデータベースでは新しい脅威を検出できない。そして、システムのパフォーマンスに影響することもある。だから定期的なアップデートが必要。

シグネチャベース型とヒューリスティック型は、間違えやすいので注意しましょう。

シグネチャベース型は、既知のウイルスやマルウェアの特徴を基に検出する方法です。

一方、ヒューリスティック型は、一般的な悪意のある挙動をもとに検出する方法です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました