BPRとは?業績向上のための最前線の戦略!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとBPRとは

  • 業務フローを最適化する戦略
  • 人のタスクとシステム対応タスクを分ける
  • サービス差別化とコスト削減が目的

BPRとは、業務の再設計で効率化することです。

概要説明

BPRとは業務の再設計手法である。なぜならば、現状の業務フローにムダや非効率が隠れているから。

例えば、手作業でのデータ入力や不要な会議である。そして、これらをシステム化や再編成で効率的に。

つまり、業務効率を上げる手法である。だから、競争力を向上させるために導入する。

職業職種

経営者

経営者は、BPRを導入する意義を理解する必要がある。なぜなら、組織全体の効率と競争力の向上が目的だから。例えば、利益向上や業績の改善。

業務改善担当者

業務改善担当者は、BPRの手法を具体的に進める役割を持つ。なぜなら、彼らが具体的な業務のムダを見つけ出し、解決策を提案するから。例えば、新しいシステムの導入や業務フローの見直し。

IT担当者

IT担当者は、BPRにおいてシステム面での支援を行う。なぜなら、業務の効率化にはITの力が欠かせないから。例えば、新しいツールの導入やシステムのカスタマイズ。

BPRは、「Business Process Reengineering」の頭文字を取ったもので、直訳は「ビジネスプロセス再設計」です。

BPRの手順例

以下は、BPRの基本的な手順です。

現状の把握

現状の把握は、業務の現在の流れや問題点を知るためである。なぜなら、改善の基盤を築くために現在の状況を正確に理解することが重要だから。例えば、手作業でのデータ入力や過度な会議。

理想の姿の定義

理想の姿の定義は、どのような業務フローが最も効果的かを決める作業である。なぜなら、目指すべき方向を明確にすることで、具体的な改善策を考えやすくなるから。例えば、自動化できる業務の特定。

ギャップの分析

ギャップの分析は、現状と理想との違いを見つける工程である。なぜなら、このギャップを埋めることで業務が効率的になるから。例えば、必要以上の手続きや遅延の原因を特定。

解決策の検討

解決策の検討は、ギャップを埋めるための方法を考えるフェーズである。なぜなら、具体的なアクションプランが求められるから。例えば、新しいシステムの導入や業務フローの見直し。

実施・評価

実施・評価は、考えた解決策を実際に適用し、その効果を確認するステップである。なぜなら、実際の現場での結果が最も重要だから。例えば、業務の速度向上やエラーの削減。

類似語

業務改善

業務改善は、業務の質や効率を上げるための取り組みである。なぜなら、業務の無駄を減らして生産性を向上させる目的があるから。例えば、作業の手順の見直しやツールの導入。

プロセス管理

プロセス管理は、業務の流れや手順を一元的に管理・監視することである。なぜなら、業務の効率や品質を維持・向上させるためだから。例えば、業務の進捗確認や業務ルールの設定。

業務再設計

業務再設計は、業務の流れや手順を根本から見直す取り組みである。なぜなら、大幅な効率化や質の向上を目指すから。例えば、全く新しいシステムの導入や業務の構造変更。

反対語

伝統的な方法

伝統的な方法は、変更をしないで現状を維持すること。なぜなら、新しいアイディアや技術を取り入れないから。例えば、古いマニュアル通りに仕事をすること。

非効率

非効率は、タスクを最適化しないことである。なぜなら、時間やリソースを適切に使用しないから。例えば、同じタスクを何度も繰り返すこと。

手動

手動は、システムや技術を使わずに人が直接行うこと。なぜなら、機械やコンピュータの力を利用しないから。例えば、計算を手で行うこと。

BPRの注意点

BPRを使用する時の注意点は情報の取得である。なぜならば間違った情報で分析すると、効果的な改善が難しくなるからだ。

例えば、古いデータを基にした計画である。そして、関係者のフィードバックを欠かさずに取り入れること。だから、全員の意見やデータの更新を忘れずに。

BPRと業務改善は、間違えやすいので注意しましょう。

BPRは、業務プロセス全体を根本から見直すことです。

一方、業務改善は、既存のフローの中での小さな改良や効率化を指すことが多いです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました