ゾーンファイルとは?DNSサーバの重要な設定ファイル

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • DNSサーバーの設定ファイル
  • ドメインに関する全情報
  • ホスト名とIPの対応表

ゾーンファイルとは、DNSのドメイン管理設定です。

概要説明

ゾーンファイルとは、DNSサーバーの管理情報をまとめた設定ファイルである。なぜなら、ホスト名とIPアドレスの対応関係など、ドメインに関する全ての情報がここに記述されているからだ。

例えば、www.example.comというホスト名がどのIPアドレスに対応しているか、それがゾーンファイルに記されている。そして、正引き用と逆引き用の二つの種類が存在し、それぞれの役割がある。

つまり、ドメインの運用をスムーズにするための重要なツールである。だから、適切なゾーンファイルの設定と管理は欠かせない。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、ゾーンファイルを使用する。なぜなら、彼らはドメインとIPアドレスの対応関係を管理しなければならないからだ。例えば、新しいサブドメインを作成したとき、それがどのIPアドレスに対応するかをゾーンファイルに記述する。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアも、ゾーンファイルを使用する。なぜなら、彼らはネットワークの全体構成を理解し、それに基づいてゾーンファイルを設定しなければならないからだ。例えば、新たにサーバをネットワークに追加したとき、そのサーバのホスト名とIPアドレスをゾーンファイルに追加する。

ウェブ開発者

ウェブ開発者も、ゾーンファイルについて理解しておくと便利だ。なぜなら、彼らが開発したウェブサイトがどのドメインで公開されるか、その設定情報がゾーンファイルに記述されているからだ。例えば、新しいウェブサイトを立ち上げるとき、そのドメイン名がどのIPアドレスに対応するかを確認するためにゾーンファイルを参照する。

ゾーンファイルは、名前の由来は英語の”Zone”(ゾーン=領域)と”File”(ファイル=文書)から来ています。つまり、「ある領域(ドメイン)に関する情報を記した文書」を意味します。

代表例

Google

Googleは、ゾーンファイルを効果的に管理する。なぜなら、彼らの巨大なインターネットネットワークを支えるためだ。例えば、”google.com”のホスト名とIPアドレスの管理がそれに当たる。

Amazon

Amazonは、ゾーンファイルを使って、全世界のユーザーにサービスを提供する。なぜなら、アマゾンのウェブサイトやAWSサービスを運用するためだ。例えば、”amazon.com”のドメイン情報がゾーンファイルに記録されている。

Cloudflare

Cloudflareは、ゾーンファイルをユーザーに提供するサービスを持っている。なぜなら、彼らはウェブの安全性と高速化を目指すCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービスの一部としてDNSを提供しているからだ。例えば、Cloudflareを使うと、自分のウェブサイトのゾーンファイルを簡単に管理できる。

手順例

ドメインを取得する

まずドメインを取得する。なぜなら、ゾーンファイルはドメインの管理者によって作成されるからだ。例えば、「example.com」を登録するところから始める。

DNSサーバーを選ぶ

次に、DNSサーバーを選ぶ。なぜなら、ゾーンファイルはDNSサーバーで管理されるからだ。例えば、Google DNSやCloudflareを選ぶ。

ゾーンファイルを作成する

それから、ゾーンファイルを作成する。なぜなら、これがIPアドレスとホスト名の対応関係を記述するファイルだからだ。例えば、「example.com」のゾーンファイルには、そのドメインに対応するIPアドレスを記述する。

ゾーンファイルをアップロードする

最後に、ゾーンファイルを選んだDNSサーバにアップロードする。なぜなら、これによってDNSサーバがあなたのドメインの情報を知るからだ。例えば、DNSサーバの設定ページからゾーンファイルをアップロードする。

類似語

レコード

レコードは、ゾーンファイルと関連が深い。なぜなら、ゾーンファイルの中身は基本的にDNSレコードから成るからだ。例えば、AレコードやMXレコードなどの情報を含む。

DNS

DNSは、ゾーンファイルと密接な関係がある。なぜなら、DNSサーバーがゾーンファイルを利用してドメインの情報を管理するからだ。例えば、ドメイン名からIPアドレスへの変換を担当する。

ドメイン

ドメインは、ゾーンファイルと関連性が高い。なぜなら、ゾーンファイルはドメインの管理者によって作成され、そのドメインに関する情報をすべて記載するからだ。例えば、「example.com」はドメイン名で、その情報はゾーンファイルに記述される。

反対語

クライアント設定ファイル

これはゾーンファイルの反対だ。なぜなら、ゾーンファイルはサーバ側の設定を記録するが、クライアント設定ファイルはユーザー側の設定を保存するからだ。インターネット接続の設定が例だ。

非公開ファイル

これも反対の意味を持つ。なぜなら、ゾーンファイルはネットワーク上の情報を公開するためのものだが、非公開ファイルは限定された人だけが見ることができるファイルだからだ。パスワードを保存したテキストファイルが一例だ。

非構造化データ

これもゾーンファイルと反対だ。なぜなら、ゾーンファイルは一定の構造に従って記述されるが、非構造化データは特定の形式がないからだ。自由記述の意見や感想が例だ。

会話例

ウェブデザイナーとクライアントの会話

「私たちのウェブサイトに新しいドメインを追加したいんだけど、何をする必要がある?」
「新しいドメインをゾーンファイルに追加すればいいよ。そうすれば、DNSが新しいドメイン名を認識できるようになるからだよ。」

システム管理者同士の会話

「サーバの応答が遅いね。何が原因だと思う?」
「ゾーンファイルを確認した方がいい。DNSサーバが正しいIPアドレスを返せない可能性があるからだ。」

教師と生徒の会話

「ゾーンファイルって何?」
「ゾーンファイルは、インターネットのドメイン名とそれに対応するIPアドレスを記録したものだよ。DNSサーバがこれを見て、人々が入力したウェブサイトの名前を正しいIPアドレスに変換するんだ。」

注意点

ゾーンファイルを使用する時の注意点は間違いがないことだ。なぜならば一つの間違いでサイトがアクセスできなくなるからだ。

例えばドメイン名やIPアドレスを間違えて入力することである。そして確認作業も忘れずに。だから、何度もチェックすることが大事だ。

ゾーンファイルとホストファイルは、間違えやすいので注意しましょう。

ゾーンファイルはDNSサーバーで使用され、ネットワーク全体のドメイン名とIPアドレスの対応を記録します。

一方、ホストファイルは一つのコンピュータ内でのみ使用され、そのコンピュータが特定のドメイン名をどのIPアドレスに対応させるかを記録します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました