ロギングとは?不正アクセスや情報漏洩を防ぐ方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとロギング

  • コンピュータの動作を記録
  • 不正アクセスや情報漏洩を防ぐ
  • データクラッシュから復旧

ロギングとは、コンピュータの動作やアクセス履歴を記録することです。

概要説明

ロギングとはコンピュータの動作やアクセス履歴を記録することである。なぜならば、不正アクセスや情報漏洩、データクラッシュなどの問題を防ぐためだ。

例えば、誰がいつログインしたかを記録する。そして、問題が起きたときに原因を特定しやすくする。つまり、システムの安全性と効率を高める手段である。

だから、ITのプロフェッショナルにとって必須のスキルである。

ログとロギングの違い

ログ(Log)

「ログ」とは、ソフトウェア、システム、ネットワークなどが行う活動やイベントの記録のこと。これにはエラーメッセージ、システムの警告、ユーザーのアクション、トランザクションの詳細などが含まれる。

ロギング(Logging)

「ロギング」とは、このようなログを生成し、保存するプロセスまたは行為を指する。ロギングは、システムやアプリケーションが自動的に行うもので、適切なログファイルに情報を記録する。

ロギングの目的

監査とトラブルシューティング

ログを通じてシステムの異常や問題点を特定し、修正するための情報を提供する。

セキュリティの監視

セキュリティ侵害や不審なアクティビティを検出し、それに対応するために使用される。

システムのパフォーマンス分析

システムのパフォーマンスを監視し、必要に応じて最適化するためのデータを提供する。

コンプライアンスの遵守

特定の業界規制や法律に対応するため、必要な監査トレースを提供する。

ロギングのメリット

問題解決の迅速化

システムやアプリケーションの問題を迅速に特定し、解決するための詳細な情報を提供する。

セキュリティの向上

不正アクセスや他のセキュリティリスクを早期に検出し、対処することができる。

運用の透明性

システムの運用状況やトランザクション履歴に関する詳細な記録を提供し、透明性を確保する。

規制遵守

コンプライアンスや監査に必要な記録を保持し、法的要件や業界基準を満たすのに役立つ。

ロギングのデメリット

ストレージの消費

大量のログデータを保存するためには、相応のストレージ容量が必要となる。これは特に大規模なシステムや長期間にわたるログ保持が必要な場合に顕著。

パフォーマンスへの影響

ロギングのプロセスがシステムリソースを消費することにより、アプリケーションやシステムのパフォーマンスに影響を与える可能性がある。

セキュリティとプライバシーの懸念

ログには機密性の高い情報が含まれることがあるため、これらのデータのセキュリティとプライバシーを確保するための適切な対策が必要。

データの管理と分析の複雑さ

大量のログデータを効果的に管理し、有益な洞察を得るためには、適切なツールやスキルが必要。

コンプライアンス要件

特定の規制に準拠するためのログデータの取り扱いや保存期間に関する要件が、追加の管理負担となる場合がある。

ロギングは、システム運用の重要な側面であり、適切に実施されると多くの利点をもたらしますが、その実装と維持には注意深い計画とリソースの確保が必要。また、ログデータの量や質を適切に管理し、有益な情報を効率的に抽出するためのツールや戦略の選定も重要となる。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、ロギングを日常的に行う。なぜなら、システムの安全性と効率を確保するため。例えば、不正アクセスの検出。

データベース管理者

データベース管理者は、データの変更履歴を記録するためにロギングを使用する。なぜなら、データの整合性を保つため。例えば、誰が何を変更したかを記録する。

セキュリティ専門家

セキュリティ専門家は、不正アクセスや情報漏洩を防ぐためにロギングを行う。なぜなら、セキュリティインシデントの早期発見と対応が必要だから。例えば、外部からの不正なアクセスを検出する。

ロギングの名前の由来は、英語の “Log”(記録)と “ing”(~すること、~中)から来ています。”Log” は記録を意味し、”ing” が付くことで「記録すること」または「記録中」という動作や状態を表すようになります。

ロギングの代表例

Cybozu

Cybozuは、ロギングで有名である。なぜなら、高度なセキュリティ対策として詳細なログ管理機能を提供しているからだ。例えば、Kintoneというプロダクトでこれが実現されている。

Trend Micro

Trend Microは、ロギングで名高い存在である。なぜなら、セキュリティソフトウェアにおいて詳細なログを生成し、分析する機能があるからだ。例えば、Deep Securityという製品で見られる。

NTT Data

NTT Dataは、ロギングで世間に知られている。なぜなら、大規模なシステム開発でログ管理の重要性を訴え、ソリューションを提供しているからだ。例えば、そのカスタム開発サービスである。

手順例

以下は、ロギングの基本手順です。

ソフトウェア選定

最初に使用するロギングソフトウェアを選ぶ。なぜなら、それがどれだけ詳細なログを取れるかに影響するからだ。例えば、SplunkやLoggly。

設定

ソフトウェアの設定を行う。なぜなら、何を記録するか、どれだけの期間保存するかを決めなければならないからだ。例えば、エラーログやアクセスログ。

テスト

設定後、テストを行う。なぜなら、設定が正しく機能するか確認する必要があるからだ。例えば、ダミーデータでのテスト。

運用開始

テストが成功したら、ロギングを開始する。なぜなら、これで初めて実際のデータを記録できるからだ。例えば、本番環境でのロギング。

分析と改善

ログを定期的に分析する。なぜなら、問題点や改善点を見つけるためだ。例えば、週次や月次でのレポート作成。

類似語

監査

監査は、ロギングの類似語である。なぜなら、両者ともにシステムやユーザーの活動を記録する目的があるからだ。例えば、セキュリティ監査。

モニタリング

モニタリングは、ロギングの類似語である。なぜなら、システムの状態をリアルタイムで追跡する点で似ているからだ。例えば、ネットワークモニタリング。

トラッキング

トラッキングは、ロギングの類似語である。なぜなら、特定の情報を追跡し記録する点で共通しているからだ。例えば、ユーザー行動のトラッキング。

反対語

非記録

非記録は、ロギングの反対語である。なぜなら、ロギングが情報を保存するのに対して、非記録は何も保存しないからだ。例えば、匿名ブラウジング。

消去

消去は、ロギングの反対語である。なぜなら、ロギングが新しいデータを追加するのに対し、消去はデータを削除するからだ。例えば、ログのクリア。

無視

無視は、ロギングの反対語である。なぜなら、ロギングが重要なデータを集めるのに対して、無視はそれをスルーするからだ。例えば、フィルタリングで重要でないイベントを無視する設定。

ロギングの注意点

ロギングを使用する時の注意点はデータの保存期間である。なぜならば、長すぎるとデータが溢れる可能性があり、短すぎると重要な情報が失われるからだ。例えば、一週間分のログを保存する設定である。そして、定期的にバックアップを取る。だから、バランスが大事。

ロギングと監査は、間違えやすいので注意しましょう。

ロギングは、システムの動作やアクセス履歴を記録することです。

一方、監査は、記録されたデータを後からチェックする行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました