UNKとは?「たまに見かけるこの用語を、どこよりもわかりやすく、初心者でもわかりやすい」5秒で理解できる!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典
UNKをざっくりと
  • unknownの略
  • 不明・未知・知られていないなどの意味
  • 主にエンジニアなどシステム関連の人が使用する

ここまでで5秒!もっとくわしく知りたい人は続きをどうぞ!

UNKをわかりやすく

UNKをわかりやすく説明すると

unknownを略した言葉で、日本語訳は、不明・未知・知られていない・知らないという意味ということ

UNKの深堀り

もっと深堀りしてわかりやすく説明すると

プログラミング・データ処理・ログ解析では、不明・未知のものに対して、UNKに置き換えて処理をしている。そういったシステムに関わっている人が、定義がされてない場合などに、システムと関係ない場合に使う時がある。例えば、通常のExcelファイル名を付ける規則として、「日付_クライアント名_商品名_担当者」とつけるとする。その場合、ファイル名をつける時に、複数ある商品からどれか分からない場合に、UNKと付けてしまうということ。なのでシステムにそんなに関わらない人が、UNKを見るとなんだろう?となってしまう。

UNKを使うひと

つまり、システム、データ処理、自然言語処理など、IT技術に携わる専門家にとって、不明・未知を表す、使い回しがきく表記として使われてるのがUNK。

一般の会話ではあまり出てこない言葉だけど、技術的な資料、論文、設計書、ログデータなどでは、頻繁に目にする言葉。システム関連の人が使う専門用語の一つで、システムと関係ない場面でも使われる。

UNKまとめ

  • 主にエンジニアなどシステム関連の人が使用する、unknownを略した言葉で、日本語訳は、不明・未知・知られていない・知らないという意味ということ
  • プログラマー、システム開発者、データサイエンティスト、自然言語処理研究者、ネットワークエンジニア、ログ解析者など使用する専門用語
  • 技術的な資料、論文、設計書、ログデータなど専門的な部分以外でも使われるので、UNKと見かけたら、不明・未知なんだと理解すること

UNKについて理解は深まりましたか?
まだわからない点や疑問点があれば、ぜひコメント欄で質問してください。生の声を聞かせていただければ、より良い内容を提供できるはずです。

以上、UNKについてでした。コメント欄での活発な意見交換を心よりお待ちしています!

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、どこよりもわかりやすくなるように、例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

IT業界の下層に長くいすぎたのかも知れないおじさんです。プロフィールまで見てくれてるのなら、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。

ネットの裏側を見せるYouTube運営中!!

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました