サジェスト機能とは?思いがけない情報を引き出すツール

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 検索の予測を行う
  • 関連ワードを自動表示
  • 知らないワードでも検索可能

サジェスト機能とは、検索の予測を行い、関連ワードを自動表示する機能です。

概要説明

サジェスト機能とは、検索の助けになるツールだ。なぜならば、検索語の一部を入力すると関連ワードが自動的に表示されるからだ。

例えば、「犬」を入力すれば、「犬の種類」や「犬の散歩」などの関連ワードが提示される。そして、これらのワードは大量の検索データから集約・抽出されたものだ。

つまり、多くの人が検索しているワードを教えてくれる。だから、調べたいワードが思いつかない時でも検索が可能だ。

職業職種

  1. SEOエキスパート
    SEOエキスパートは、サジェスト機能を利用する。なぜなら、それはよく検索されているキーワードを調査するためだ。例えば、サジェスト機能から得られる情報を使ってWebサイトのコンテンツを最適化する。
  2. マーケター
    マーケターは、サジェスト機能を使う。なぜなら、それはターゲットオーディエンスが何を検索しているかを理解するためだ。例えば、商品やサービスに関連する検索トレンドを探す。
  3. 一般ユーザー
    一般ユーザーは、サジェスト機能を使う。なぜなら、それは調べたいことがあるが具体的なワードが思いつかない時、関連するワードを教えてくれるからだ。例えば、何かについて調べたいけど、そのトピックについての詳細な情報がないとき。

サジェスト機能は、名前の由来は英語の”suggest”から来ています。これは「提案する」や「示唆する」といった意味です。

代表例

Google

Googleのサジェスト機能は、皆がよく使っている。なぜなら、使いやすいし、広範囲のデータをもとに最適な検索ワードを出してくれるからだ。例えば、「サッカー」を検索すると、「ワールドカップ」や「選手」など、関連する検索ワードを表示してくれる。

Amazon

Amazonもサジェスト機能を活用している。なぜなら、お客さんが商品を簡単に見つけるために役立つからだ。例えば、”スニーカー”と入力すると、人気のブランドやモデル名が出てくるよ。

YouTube

YouTubeのサジェスト機能は、動画を見つけるのを手助けする。なぜなら、ユーザーが好きな動画や関連性のある動画を探しやすくするからだ。例えば、「ヒーロー映画」を検索すると、「アベンジャーズ」や「スパイダーマン」などの動画が提案される。

手順例

Googleでサジェスト機能を使って検索する手順です。

Googleを開く

最初は、インターネットブラウザでGoogleを開く。なぜなら、Googleが一番使われている検索エンジンだからだ。例えば、Google ChromeやSafariなどのブラウザを使ってGoogleのページに行くことができる。

検索ワードを入力

次に、検索ボックスに検索したいキーワードを入力する。なぜなら、それがサジェスト機能の始まりだからだ。例えば、「サッカー」や「動物園」など、何でも好きなワードを入力する。

サジェストを確認

そして、検索ボックスの下に表示されるサジェストを確認する。なぜなら、それが自分が探している情報を見つける手がかりだからだ。例えば、「サッカー ワールドカップ」や「動物園 パンダ」など、検索ワードに関連したワードが表示される。

サジェストを選択

最後に、サジェストから選んで検索する。なぜなら、それが最も効率的な方法だからだ。例えば、「サッカー ワールドカップ」を選ぶと、その検索結果が表示される。

類似語

検索予測

検索予測は、サジェスト機能とほぼ同じ意味だ。なぜなら、検索エンジンがあなたが入力した文字から、関連性のある検索ワードを予測する機能だからだ。例えば、Googleのサジェスト機能と一緒だね。

オートコンプリート

オートコンプリートは、入力を自動で完成させる機能だ。なぜなら、一部だけ入力すると、それに基づいて全体の文字列を予測して表示するからだ。例えば、”aut”と打つと”autocomplete”という単語を提案することがある。

予測入力

予測入力もサジェスト機能に近い。なぜなら、これも入力したワードに基づいて、関連する単語やフレーズを提案するからだ。例えば、携帯電話のメッセージアプリで使われている機能だね。

反対語

手動検索

手動検索はサジェスト機能の反対語だ。なぜなら、検索語を全て自分で打つ必要があるからだ。例えば、’海の生物’といった具体的なフレーズを全て自分で入力する。

ランダム検索

ランダム検索はサジェスト機能の反対語だ。なぜなら、関連性や人気度を基に推薦するサジェストと違い、無作為に検索結果を提供するからだ。例えば、’おすすめページ’を開いてランダムに記事を見つける。

固定検索

固定検索はサジェスト機能の反対語だ。なぜなら、自分が探しているものを正確に知っていて、その通りに入力するからだ。例えば、特定のWebサイトのURLを入力する。

会話例

ショッピングサイトでの検索

「これ、どこで買えるの?」
「サジェスト機能を使って検索してみたら?」

授業の課題について

「この課題、何を書けばいいの?」
「サジェスト機能で関連キーワードを見つけて、それを参考にしてみて。」

旅行計画の相談

「どこに行ったらいいと思う?」
「サジェスト機能で人気の旅行先を探してみたら?」

注意点

サジェスト機能を使う時の注意点はスパム情報に注意することだ。なぜならば、ユーザーが大量に入力した情報から生まれるサジェストには、時として関係ない情報やスパム情報が混じるからだ。

例えば、特定の商品やWebサイトへ誘導するような偽の情報である。そして、そのような情報に惑わされてしまうと、本来知りたかった情報から逸れてしまう。

だから、情報の信憑性を確認することが重要だ。

サジェスト機能と予測変換は、間違えやすいので注意しましょう。サジェスト機能は検索ワードの予測や推薦をする一方、予測変換は入力途中の文字から次に打つべき文字を予測するものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました