シェルソートとは?ソート手法の中でも最も速さを追求

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 挿入ソートを改良した手法
  • 未整列データを高速に並べ替える
  • 安定性は少々欠ける

シェルソートとは、未整列データを高速に整列する手法です。

概要説明

シェルソートとは、未整列データを高速に並べ替える手法である。なぜならば、あらかじめ離れた要素を交換しておくことで、データがある程度整列された状態になる。

例えば、大きなデータセットをソートする時に時間を大幅に短縮できる。そして、挿入ソートの改良型とも言える。つまり、高速性を求めるシーンで使えるソート手法である。

だから、効率的なソートが必要な場面でよく使用される。

職業職種

プログラマー

プログラマーは、シェルソートを使用する。なぜなら、高速なソートが必要な場合に便利だからだ。例えば、大規模なデータを整理するとき。

データサイエンティスト

データサイエンティストも、シェルソートを使う。なぜなら、データ分析の前に整理が必要だからだ。例えば、機械学習の前処理。

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアも、シェルソートを使う。なぜなら、効率的なソフトウェア開発が必要だからだ。例えば、データベースの整理。

シェルソートは、名前の由来はその発明者、コンピュータ科学者ドナルド・シェルから来ています。

代表例

Google

Googleは、シェルソートを使用して検索結果のランキングを調整する。なぜなら、高速なソートが可能なシェルソートは大量のデータを迅速に整理できるからだ。例えば、検索結果の表示速度を向上させている。

Facebook

Facebookも、ユーザーのタイムラインの並べ替えにシェルソートを使用する。なぜなら、多数のユーザー投稿を迅速にソートし、ユーザーに適した投稿を優先的に表示するためだ。例えば、タイムラインの更新がスムーズに行われている。

Amazon

Amazonは、商品の検索結果やレビューのソートにシェルソートを活用する。なぜなら、高速なソートによりユーザーが求める情報を早く提供できるからだ。例えば、商品の検索結果が素早く表示される。

手順例

ギャップの設定

まず、ギャップという距離を設定する。なぜなら、このギャップを基にデータを整理するからだ。例えば、データ数の半分の値をギャップとする。

ギャップ分のソート

次に、ギャップ分離れた要素を比較して、順番が違えば交換する。なぜなら、ここで初めてデータが整理されるからだ。例えば、5と3の位置が逆なら交換する。

ギャップの更新

ギャップを小さくして、再度ソートを行う。なぜなら、ギャップを狭めることで詳細な整理が可能になるからだ。例えば、ギャップを半分にする。

挿入ソート

最後に、ギャップを1にして挿入ソートを実行する。なぜなら、これで最終的な順序を決定するからだ。例えば、全ての要素を順に比較して交換する。

類似語

挿入ソート

挿入ソートは、シェルソートの基本となるアルゴリズムだ。なぜなら、シェルソートは挿入ソートを改良したものだから。例えば、シェルソートは挿入ソートの「すでに整列済みになっている部分が多いほど高速になる」という特性を活用している。

クイックソート

クイックソートは、シェルソートと同じくデータを高速に並べ替えるソートアルゴリズムだ。なぜなら、両者ともに分割して解決する「分割統治法」の一種だから。例えば、大量のデータを短時間で整理できる。

バブルソート

バブルソートは、シェルソートと異なり、隣り合う要素を交換して並び替えるアルゴリズムだ。なぜなら、シェルソートは離れた要素を交換することで高速化を図るが、バブルソートは単純に隣り合う要素を交換するから。例えば、理解しやすく実装も簡単なソートアルゴリズムとして知られている。

反対語

安定ソート

安定ソートは、シェルソートの反対の特性を持つソート方法である。なぜなら、安定ソートは同じ値の順序関係を保持し、その一方でシェルソートはそれを保証しないからだ。例えば、バブルソートやマージソート。

選択ソート

選択ソートは、シェルソートとは対照的に、全てのデータを1つ1つ比較しながら並び替えを行う。なぜなら、シェルソートは離れた要素を先に並び替えるため、一度に全体を見渡すことはないからだ。

完全ソート

完全ソートは、全ての要素の順序関係を正しく並び替えることを目指すソート方法である。なぜなら、シェルソートは最初は大まかに、最後は細かく並び替えるため、一度に完全に整列させることはないからだ。例えばクイックソート。

会話例

プログラミングの授業

「先生、挿入ソートよりシェルソートの方が良いの?」
「それは目的によるよ。シェルソートは大まかな順序を先に整えるから速いけど、同じ値の順序が変わってしまうことがあるんだ。」

データ分析のプロジェクト

「今回のデータ分析、どんなソートアルゴリズムを使うの?」
「今回は大量のデータを高速にソートしたいから、シェルソートを使うよ。」

コーディングテストの対策

コーディングテストでシェルソートを使うと有利?」
「それは問題によるね。速度が要求される問題ならシェルソートは有利かもしれないよ。」

注意点

シェルソートを使用する時の注意点は、同じ値の順序関係が崩れる可能性があるということだ。なぜなら、シェルソートは離れた要素を先に並び替えるため、同じ値が複数存在する場合に元の順序が保たれないことがあるからだ。

例えば、同じ値のデータに対して何らかの順序(例えば、時間の流れ)が重要な場合、その順序が乱れる可能性がある。そして、そういった場合には、シェルソートよりも安定ソートの利用が推奨される。だから、何を重視するかにより使うソートアルゴリズムを選ぶことが大切だ。

シェルソートと挿入ソートは、間違えやすいので注意しましょう。シェルソートは大まかな順序から整え、挿入ソートは一つずつ順に並び替えます。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました