理解するストレージ!あなたのデータをどこで保管している?

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • データを保管する場所
  • 内部、外部、オンラインの種類あり
  • ハードディスクやSSDなどを指す

ストレージとは、データの保管庫です。

概要説明

ストレージとはデータの保管庫である。 なぜならば、デジタル情報を安全に、長期に渡って保存するためのスペースだからだ。

例えば、文書や写真、動画などのデータをパソコンのハードディスクや外付けハードディスク、さらにはクラウド上に保存する。そして、これらのデータはいつでも取り出すことができる。

つまり、ストレージは情報の宝庫である。だから、ストレージの管理は非常に重要なタスクなのだ。

職業職種

ビジネスマン

ビジネスマンは、ストレージを日々の業務データの保管と管理に使用する。なぜなら、仕事の効率化に欠かせないからだ。例えば、クラウドストレージを使って、どこからでもアクセス可能に。

学生

学生は、ストレージを学習資料や課題、プレゼンテーションデータの保存に使う。なぜなら、学習の進行と共有をスムーズにするためだ。例えば、USBメモリやクラウドストレージに課題を保存し、スクールや自宅で作業。

写真家

写真家は、ストレージを大量の写真データの保管に使う。なぜなら、大量の写真データを安全に長期保存する必要があるからだ。例えば、外部ハードディスクに撮影データをバックアップ。

ストレージは、英語の「storage」が語源で、”保管する” “蓄える”という意味があります。

代表例

Google

Googleは、オンラインストレージサービスの一つである。なぜなら、Googleドライブという名前のストレージサービスを運営しているからだ。例えば、文書や写真を保存し、どこからでもアクセスすることができる。

Western Digital

Western Digitalは、ストレージデバイスの製造で有名だ。なぜなら、ハードディスクやSSDなど、内部ストレージや外部ストレージの製造を行っているからだ。例えば、個人から企業まで幅広いニーズに対応する製品を提供している。

Dropbox

Dropboxは、オンラインストレージサービスの先駆者だ。なぜなら、ユーザーが簡単にデータを保存し共有できるクラウドサービスを提供しているからだ。例えば、個人用からビジネス用まで様々なプランがある。

手順例

オンラインストレージにデータを保存する手順です。

アカウント作成

まずは、使用するオンラインストレージサービスのアカウントを作る。なぜなら、サービスを使うためには登録が必要だからだ。例えば、GoogleドライブならGoogleのアカウントが必要だ。

データ選択

次に、保存するデータを選ぶ。なぜなら、何を保存するか決めないと進めないからだ。例えば、大切な写真や文書を選ぶと良い。

アップロード

データをオンラインストレージにアップロードする。なぜなら、これがデータ保存の主な手順だからだ。例えば、保存したいファイルをドラッグ&ドロップする。

保存確認

最後に、アップロードが完了したら保存がちゃんと行われたか確認する。なぜなら、データの安全は最優先だからだ。例えば、アップロードしたファイルがリストに表示されているか確認する。

類似語

メモリ

メモリは、ストレージと似た機能を持つ。なぜなら、データを保存する役割があるからだ。例えば、RAMやROMなどがある。

ディスク

ディスクは、ストレージの一部を形成する。なぜなら、ハードディスクやSSDといった補助記憶装置がデータを物理的に保存するからだ。例えば、CDやDVDもディスクの一部でデータを保存する。

サーバ

サーバは、ストレージと関連性が深い。なぜなら、ネットワークを介してデータを提供する役割を持つからだ。例えば、WebサーバはWebページのデータをインターネットを通じて提供する。

反対語

消費

消費は、ストレージの反対語である。なぜなら、ストレージはデータを保存し保管する行為だが、消費はそれを使い果たすことだからだ。例えばデータを作成し続けるとストレージが満杯になり、消費が増える。

忘却

忘却は、ストレージの反対語である。なぜなら、ストレージは情報を記憶することだが、忘却はそれを忘れ去ることだからだ。例えば、古い情報を忘れて新しい情報を覚える脳の機能は忘却である。

削除

削除は、ストレージの反対語である。なぜなら、ストレージは情報を保存することだが、削除はそれを消去することだからだ。例えば、不要なファイルをパソコンから削除するとストレージの容量が増える。

会話例

友達との会話

「新しいパソコンを買ったんだけど、ストレージはどれくらい必要だと思う?」
「ゲームや映像編集をするなら、大容量のストレージがいいよ。そうじゃないなら、256GBや512GBでも十分だよ。」

販売員との会話

「この外部ストレージ、動画を保存するのに適していますか?」
「はい、その外部ストレージなら大容量の動画もスムーズに保存できますよ。」

教師との会話

「先生、クラウドストレージってどんな時に使うの?」
「クラウドストレージは、大事なデータをバックアップしたり、いろんなデバイスから同じデータにアクセスしたい時に使うと便利だよ。」

注意点

ストレージを使用する時の注意点はデータのバックアップである。なぜならばストレージが壊れた時やデータが破損した時には、元の状態に戻すことができないからだ。

例えば、重要なデータを持っている人は、定期的にバックアップをとることが推奨されている。そして、ストレージの使用量もチェックしておくこと。だから容量がいっぱいになるとパソコンの動きが遅くなるからだ。

ストレージとメモリのは、間違えやすいので注意しましょう。

ストレージはデータを長期的に保存する場所です。

一方、メモリはコンピュータが現在処理している作業を一時的に保存する場所です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました