バリデーションとは?入力チェックの不可欠な要素を解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとバリデーションとは

  • 入力形式のチェック技術
  • エラーを事前に防ぐ
  • HPのフォームでよく使用

バリデーションとは、入力形式の確認技術です。

概要説明

バリデーションとは、入力したデータが正しいかをチェックする技術である。 なぜならば、間違った情報を送信してしまうと、大きな問題を引き起こす可能性があるから。

例えば、メールアドレスの形式が間違っていたら、メールが届かない。そして、ユーザーの信頼を失う恐れがある。なので、バリデーションでチェックして、正しくない場合、エラーとして返される設定。

つまり、信頼性を保つための大切なステップである。だから、多くのHPで採用されている。

職業職種

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは、HPを作成する際に必須のスキルである。なぜなら、ユーザーからの情報入力を安全に管理するため。例えば、お問い合わせフォームの設計時。

システムエンジニア

システムエンジニアは、アプリやソフトウェア開発の際に使用する。なぜなら、データの誤りを事前にキャッチし、システムの安全性を保つため。例えば、会員登録の際のIDやパスワードチェック。

カスタマーサポート

カスタマーサポートは、ユーザーからの問い合わせ内容が正確かを確認するために参照する。なぜなら、問題解決のための情報が間違っていると、正確なサポートができないから。例えば、ユーザー情報の確認時。

バリデーションは、名前の由来は英語の”Validation”から来ており、これは「確認」や「検証」といった意味を持つ言葉です。

バリデーションの手順例

以下は、ユーザーが入力ミスを修正する手順です。

間違った情報を入力

ユーザーは、お問い合わせフォームなどに情報を入力する。なぜなら、何かを質問したり、情報を送信したいから。例えば、電話番号の欄に文字を入力すること。

送信ボタンをクリック

ユーザーは、入力が終わったら送信ボタンをクリックする。なぜなら、情報をウェブサイトに送りたいから。例えば、質問内容を会社に送るため。

バリデーションが発動

システムは、ユーザーの入力内容に問題があると、送信を停止する。なぜなら、間違った情報は正しく処理できないから。例えば、電話番号の形式が違う場合。

エラーメッセージを表示

システムは、ユーザーに間違いを知らせるためのメッセージを表示する。なぜなら、ユーザーが自分のミスに気づき、修正できるようにするため。例えば、「電話番号は数字のみを入力してください」というメッセージ。

ユーザーが修正して再送信

ユーザーは、エラーメッセージを参考にして入力内容を修正する。そして、再度送信ボタンをクリックする。なぜなら、正しい情報をウェブサイトに送りたいから。例えば、電話番号を正しく入力して再送信すること。

類似語

検証

検証は、何かが正しいかどうかを確かめることである。なぜなら、バリデーションも入力内容が正しいかをチェックする行為だから。例えば、実験の結果が正確かどうかを検証すること。

チェック

チェックは、間違いやエラーがないかを見つけることである。なぜなら、バリデーションはフォームの入力内容にエラーがないかを見つける作業だから。例えば、テストの答えをチェックすること。

確認

確認は、情報が正確かどうかを再度見ることである。なぜなら、バリデーションを通じてユーザーの入力が期待される内容かを再度確かめるから。例えば、出発時間を再度確認すること。

反対語

無検証

無検証は、入力内容を確認しないでそのまま進むことである。なぜなら、特定のチェックなしで情報を受け入れるから。例えば、全ての情報をそのまま保存するシステム。

スルー

スルーは、気にせず進むことである。なぜなら、確認をスキップしているから。例えば、エラーの確認をしないで次に進む行為。

非確認

非確認は、情報の正しさをチェックしないことである。なぜなら、バリデーションのプロセスを適用していないから。例えば、入力内容の確認が求められない場面。

バリデーションの注意点

バリデーションを使用する時の注意点はユーザビリティである。なぜならば、厳しすぎるバリデーションはユーザーの利便性を下げる可能性があるからだ。

例えば、電話番号にハイフンが必要とする設定。そして、バリデーションのエラーメッセージは明確でわかりやすくすることが大切。だから、適切な指示とともにエラーを表示するように心がける。

バリデーションと認証は、間違えやすいので注意しましょう。

バリデーションは、入力内容の形式や正しさを確認することです。

一方、認証は、ユーザーが本当にその人であるかを確かめる行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました