BIOSとは?PCの電源を入れると最初に動くプログラム

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとBIOSとは

  • PCの起動初めに動くプログラム
  • マザーボードに書き込まれる
  • OS起動前からハードウェアを制御

BIOSとは、PCの起動時に最初に動き出すプログラムです。

概要説明

BIOSとはPCの起動時に最初に動き出すプログラムである。なぜならば、PCのハードウェアを制御し、OSを起動させるためのブリッジとして動くからだ。

例えば電源を入れた瞬間に、BIOSがマザーボードから指示を受ける。そして、ハードウェアとOS間の調整役を担う。

つまり、PCが正常に動くための基盤プログラムである。だから、BIOSの存在は非常に重要。

BIOSは、「バイオス」と呼ぶ。

職業職種

システムエンジニア

システムエンジニアは、BIOSの設定や更新を行うことがある。なぜなら、システムの性能を最適化したり、トラブル対応のために必要だからだ。例えば、新しいハードウェアの追加やトラブルシューティングの際にアクセスする。

PCメーカーの技術者

技術者は、新しいPCの設計やテストの際にBIOSの設定を行う。なぜなら、製品の品質や性能を保証するためだ。例えば、新製品のリリース前に動作テストを行う際にアクセスする。

ITサポート担当者

ITサポート担当者は、ユーザーのPCの問題を解決するためにBIOSにアクセスすることがある。なぜなら、トラブルの原因を特定するためや、設定の修正の際に必要だからだ。例えば、ユーザーからの問い合わせ対応時にアクセスする。

BIOSは、名前の由来は「Basic Input/Output System」です。これは「基本入出力システム」という意味で、PCのハードウェアとOSの間での基本的な情報のやり取りを制御するシステムを指します。

BIOSの代表例

AMI (American Megatrends Inc.)

AMIは、BIOSの開発で知られる企業である。なぜなら、多くのPCマザーボードでそのBIOSが使われているから。例えばAMI BIOSという名前で知られるものがある。

Phoenix Technologies

Phoenix Technologiesは、BIOSの技術を持つ古い企業である。なぜなら、数十年前からPC産業に影響を与えてきたから。例えばPhoenix BIOSとして知られる製品がある。

UEFI Forum

UEFI Forumは、新しいBIOSの標準であるUEFIを策定・推進する団体である。なぜなら、従来のBIOSの限界を超えるための新技術を提供しているから。例えばSecure Bootというセキュリティ機能が導入されている。

手順例

以下は、BIOSの動きが分かるPCの起動手順です。

電源ボタンの押下

電源ボタンを押すと、PCは電力を受け取り始める。なぜなら、これが起動の最初のステップだから。例えばLEDが点灯する。

BIOSの起動

BIOSが起動すると、PCのハードウェアをチェックし始める。なぜなら、正しく動くか確認するためだから。例えば、メモリやCPUのテストが行われる。

OSのローディング

BIOSが完了すると、OSがディスクから読み込まれる。なぜなら、ユーザーとのインタラクションを始めるためだから。例えば、Windowsのロゴが表示される。

ログイン画面の表示

OSが完全に読み込まれると、ログイン画面が現れる。なぜなら、ユーザーの認証を求めるから。例えば、パスワード入力欄が現れる。

デスクトップの表示

ログインに成功すると、デスクトップやホーム画面が表示される。なぜなら、PCの利用を開始するためだから。例えば、アイコンやタスクバーが見えるようになる。

類似語

UEFI

UEFIは、新しいBIOSの標準である。なぜなら、従来のBIOSの代わりにより多くのPCで採用されているから。例えば、より高度なセキュリティ機能や高速な起動を提供する。

Firmware

Firmwareは、ハードウェアの操作を司るソフトウェアである。なぜなら、BIOSも実質的には一つのファームウェアだから。例えば、プリンターやルーターにもファームウェアが入っている。

デバイスドライバ

デバイスドライバは、OSがハードウェアと正しく通信するためのプログラムである。なぜなら、BIOSとは異なり、OSが動いている間に動作するから。例えば、プリンターやマウスが正しく動作するために必要である。

反対語

ソフトウェア

ソフトウェアは、BIOSとは違い、一時的な指示や機能を提供するものである。なぜなら、ソフトウェアはインストールやアンインストールが可能で、簡単に変更できるから。例えば、WordやExcel。

アプリケーション

アプリケーションは、特定のタスクを実行するためのプログラムである。なぜなら、ユーザーの要求に応じて作業を行うから。例えば、スマートフォンのゲームアプリ。

ユーザーインターフェイス

ユーザーインターフェイスは、人とコンピュータとの間のやり取りを助けるものである。なぜなら、ビジュアルな部分や操作の手順を示すから。例えば、Windowsのデスクトップ。

BIOSの注意点

BIOSを更新する時の注意点は電源が切れないことである。なぜならば電源が途中で切れると、BIOSが壊れる可能性があるからだ。

例えば、アップデート中に停電になった場合。そして、バックアップを取ることも大事。だから事前に準備をしっかりと。

BIOSとデバイスドライバは、間違えやすいので注意しましょう。

BIOSは、PCの電源を入れた時に最初に起動するプログラムです。

一方、デバイスドライバは、OSが動き出してからハードウェアを制御します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました