PPCとは?CV追求を目的とした広告の最前線

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとPPCとは

  • クリックすると課金の広告
  • CV追求を目的とした方式
  • 限定されたターゲット層向け出稿

PPCとは、クリックすると課金される広告方式です。

概要説明

PPCとはクリック課金方式の広告である。なぜならば、ユーザーが広告をクリックしたときだけ課金されるからだ。

例えば、シューズの広告を見てクリックしたらその時点で広告主は課金される。そして、表示だけでは課金されない。

つまり、実際に関心を持ってクリックしたユーザーにのみコストがかかるのだ。だから、CV追求を目的として使用される。

職業職種

広告代理店の担当者

広告代理店の担当者は、PPCを利用してクライアントの広告キャンペーンを実施する。なぜなら、クリックごとの課金でコストを抑えられるからだ。例えば、新商品の宣伝。

オンラインショップの経営者

オンラインショップの経営者は、PPCで商品の広告を出稿する。なぜなら、限定されたターゲット層に効果的にアプローチできるからだ。例えば、特定の商品のプロモーション。

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、PPCを使って商品やサービスの知名度を上げる。なぜなら、CV追求を目的とした広告が行えるからだ。例えば、新サービスの広告キャンペーン。

PPCは、名前の由来は「Pay Per Click」からきています。これは、クリックするたびに課金される方式を意味する英語のフレーズです。

PPCの代表例

Google

Googleは、インターネットの検索エンジンである。なぜなら、世界中で最も使われる検索エンジンだからだ。例えば、Google AdWordsというPPC広告サービスを提供。

Facebook

Facebookは、SNSプラットフォームである。なぜなら、全世界で数十億のユーザーがいるからだ。例えば、Facebook AdsでPPC広告が出稿できる。

Larry Page

Larry Pageは、Googleの共同創設者である。なぜなら、サージ・ブリンと一緒にGoogleを立ち上げたからだ。例えば、彼の考えが多くのオンライン広告に影響を与えている。

手順例

以下は、PPC広告を出稿する手順です。

目的の明確化

目的の明確化は、最初のステップである。なぜなら、広告の成功を測るための基準を決めるためだ。例えば、商品の販売数増加やサイトの訪問者数増加。

キーワードの選定

キーワードの選定は、広告の基盤となる部分である。なぜなら、どのようなユーザーに広告を表示させるかを決めるためだ。例えば、商品名や関連する単語の選択。

予算の設定

予算の設定は、広告の出稿コストを決める工程である。なぜなら、課金がクリックごとに行われるからだ。例えば、1日あたりの広告費やクリックあたりの予算。

広告文の作成

広告文の作成は、ユーザーにどのようなメッセージを伝えるかを決める部分である。なぜなら、クリックを促すための重要な要素だからだ。例えば、商品の特徴やセール情報の記述。

広告の最適化

広告の最適化は、広告のパフォーマンスを向上させる工程である。なぜなら、最初から最良の結果が出るわけではないからだ。例えば、反応の良いキーワードの追加や予算の調整。

類似語

CPC (Cost Per Click)

CPCは、クリックごとの広告費用である。なぜなら、PPC広告の費用計算の基本単位だからだ。例えば、ユーザーが広告をクリックするたびに発生するコスト。

CPM (Cost Per Mille)

CPMは、千回の広告表示ごとの費用である。なぜなら、表示型の広告でよく使われる課金モデルだからだ。例えば、PPCとは異なり、クリック数ではなく表示回数で課金される。

CPA (Cost Per Action)

CPAは、ユーザーの特定のアクションごとの広告費用である。なぜなら、成果報酬型の広告でよく使われるからだ。例えば、商品の購入や会員登録をしたユーザーごとに課金される。

反対語

表示型広告

表示型広告は、広告の表示回数で課金するものである。なぜなら、クリックしなくても表示されるだけで課金されるからだ。例えば、ウェブサイトに表示されるバナー広告。

固定費広告

固定費広告は、一定期間の表示で一定の費用がかかる。なぜなら、クリック数や表示回数に関係なく固定の料金が課金されるからだ。例えば、月額固定のウェブサイト広告。

成果報酬型広告

成果報酬型広告は、ユーザーが特定のアクションを取った時にだけ課金される。なぜなら、例えば商品購入や登録をすると課金されるからだ。例えば、アフィリエイト広告。

PPCの注意点

PPCを使用する時の注意点は予算管理である。なぜならば、クリックするたびに課金されるからだ。

例えば、一日に多くのクリックがあると思った以上の費用がかかる。そして、キーワードの選定も大切。だから、予算とキーワードの選定には十分注意しよう。

PPC広告とCPM広告は、間違えやすいので注意しましょう。

PPCは、クリックするたびに課金されるものです。

一方、CPMは、広告が千回表示されるたびに課金されるものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました