ビルドとは?プログラムを実行するための大事な手順!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとビルドとは

  • ソースコードから実行可能な形へ
  • コンパイルとは異なる、より深い過程
  • コンピュータが自動で行う作業

ビルドとは、ソースコードを実行できる形に変えることです。

概要説明

ビルドとはソースコードを実行可能な形に変える過程である。なぜならば、プログラムを動かすためにはこの変換が必要だからだ。

例えば、文章を書いて読むだけでは意味がなく、それを実際に話すことで伝えられるように。

そして、コンパイルだけでは足りない。つまり、さらなる工程が加わることコンパイル+アルファである。だから、ビルドはプログラミングの核心的な部分と言える。

職業職種

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、アプリやソフトウェアの開発を行う人である。なぜなら、彼らが書いたコードを実際に動かすためにビルドが必要だからだ。例えば、新しい機能の追加やバグの修正。

ゲームデベロッパー

ゲームデベロッパーは、ゲームの開発をする人である。なぜなら、ゲーム内の動きや機能を実際にプレイヤーに提供するためにビルドが要るからだ。例えば、新しいステージやキャラクターの追加。

ウェブデベロッパー

ウェブデベロッパーは、ウェブサイトの制作や更新をする人である。なぜなら、サイト上の新しいページや機能を利用者に見せるためにビルドが必要だからだ。例えば、新しいデザインやレイアウトの導入。

ビルドは、名前の由来は英語の「Build」からきており、”建てる”や”構築する”という意味が含まれています。

ビルドの手順例

以下は、ビルドの簡単な手順です。

ソースコードの準備

ソースコードは、プログラマが書くプログラムの原文である。なぜなら、これがないとビルドは始まらないからだ。例えば、アプリの新機能や変更部分を記述する。

ビルドツールの設定

ビルドツールは、ソースコードを実行可能な形に変換するツールである。なぜなら、手動での変換は困難だからだ。例えば、Javaの場合「Maven」や「Gradle」といったツールを設定する。

ビルドの開始

ビルドボタンを押すと、ツールがソースコードの変換を始める。なぜなら、コンピュータはこの指示をもとに動き始めるからだ。例えば、IDEの中にある「ビルド」や「コンパイル」のボタンをクリックする。

エラーチェック

ビルド中にエラーが発生することがある。なぜなら、ソースコードに問題がある場合、ツールがそれを検出するからだ。例えば、タイプミスや文法のエラーを修正する。

ビルド完了の確認

エラーがなければ、ビルドは成功となる。なぜなら、ソースコードが正しく実行可能な形に変換されたからだ。例えば、出来上がった実行ファイルやアプリを確認する。

類似語

コンパイル

コンパイルは、ソースコードを機械語に変換する過程である。なぜなら、ビルドの一部として行われる作業だからだ。例えば、JavaのコードをJavaバイトコードに変換する。

デプロイ

デプロイは、ビルド後の製品を実際の環境に展開することである。なぜなら、アプリやソフトウェアをユーザーが使用できるようにするためだからだ。例えば、Webサイトの更新内容を公開する際のアップロード

リンク

リンクは、異なるソースコードやライブラリを結びつける過程である。なぜなら、それらの要素が協力して1つのプログラムとして動くようにするためだからだ。例えば、ゲーム開発時に音楽や画像データを組み込むこと。

反対語

デバッグ

デバッグは、エラーを見つけて修正する作業である。なぜなら、ビルドでエラーが発生したときに、それを解消するために行われるからだ。例えば、プログラムのバグ修正。

アンインストール

アンインストールは、ソフトウェアをコンピュータから削除する行為である。なぜなら、ビルドは新しいソフトウェアを作るのに対し、アンインストールは既存のものを取り除くからだ。例えば、不要なアプリの削除。

ビルドの注意点

ビルドを使用する時の注意点は、エラーがないか確認することである。なぜならば、エラーがあるとビルドが正常に完了しないからだ。

例えば、文法ミスやタイプミスである。そして、ツールの設定も確認すること。だから、毎回テストを行って確認することが大切だ。

ビルドとコンパイルは、間違えやすいので注意しましょう。

ビルドは、ソースコードを実行可能な形に全体として整えることです。

一方、コンパイルは、ソースコードを機械語に変換する作業です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました