ループバックアドレスとは?セキュリティと効率性の両立

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとループバックアドレス

  • 自分自身を指すIPアドレス
  • セキュリティが高まる
  • ネットワークテストに便利

ループバックアドレスとは、自分自身を指すIPアドレスです。

概要説明

ループバックアドレスとは自分自身を指すIPアドレスである。なぜならば、このアドレスを使うと自分自身にデータを送ることができるからだ。例えば、ネットワークのテストで使う。そして、他の端末や他者からの不正利用を防ぐ。つまり、セキュリティと効率性が高まる。だから、多くの場面で使われる。

職業職種

ネットワークエンジニア

ループバックアドレスは、ネットワークの設定やテストで使う。なぜなら、自分自身にデータを送ってテストできるから。例えば、通信が正常か確認する。

システム管理者

ループバックアドレスは、サーバーのセキュリティ設定で使う。なぜなら、不正アクセスを防ぐため。例えば、外部からのアクセスを制限する。

プログラマー

ループバックアドレスは、アプリケーションの開発で使う。なぜなら、ローカルでテストができるから。例えば、新しい機能の確認。

ループバックアドレスは、名前の由来は「loopback」つまり「ループ(繰り返し)」と「バック(戻る)」から来ています。自分自身にデータを送り返す機能の表しです。

ループバックアドレスの代表例

NECネッツエスアイ

NECネッツエスアイは、ループバックアドレスの実装に関する研究や製品開発で有名である。なぜなら、企業向けのネットワークソリューションにおいてセキュリティが重視されるからだ。例えば、高度なファイアウォールやルーター。

日本電気株式会社(NEC)

日本電気株式会社(NEC)は、ループバックアドレスを活用したセキュアな通信ソリューションで名高い存在である。なぜなら、多くの企業や政府機関にネットワークインフラを提供しているから。例えば、セキュアなVPNサービス。

ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、ループバックアドレスを使ったセキュリティ対策で世間に知られている。なぜなら、モバイル通信やクラウドサービスでのセキュリティが強化されているから。例えば、企業向けのセキュアなクラウドサービス。

手順例

以下は、ループバックアドレスをテストする手順です。

コマンドプロンプトを開く

コマンドプロンプトを開く。なぜなら、ループバックアドレスのテストはコマンドラインで行うから。例えば、Windowsキー+Rを押して「cmd」と入力。

pingコマンドを使う

pingコマンドを使って127.0.0.1に送信する。なぜなら、これがループバックアドレスで自分自身にデータを送る方法だから。例えば、「ping 127.0.0.1」と入力。

結果を確認する

結果が表示されるのを確認する。なぜなら、これで通信が正常かどうかがわかるから。例えば、応答時間が表示される。

類似語

ローカルホスト

ローカルホストは、ループバックアドレスの類似語である。なぜなら、両者とも自分自身を指すアドレスだから。例えば、127.0.0.1はローカルホストとも呼ばれる。

内部IP

内部IPは、ループバックアドレスの類似語である。なぜなら、内部のネットワークで使われるIPアドレスだから。例えば、プライベートなネットワーク内での通信。

自己参照

自己参照は、ループバックアドレスの類似語である。なぜなら、自分自身を指すという意味で使われるから。例えば、プログラミングでの再帰関数

反対語

外部IPアドレス

外部IPアドレスは、ループバックアドレスの反対語である。なぜなら、外部IPアドレスは他の端末と通信するために使われるから。例えば、インターネットでウェブサイトにアクセスする時。

ブロードキャストアドレス

ブロードキャストアドレスは、ループバックアドレスの反対語である。なぜなら、ブロードキャストアドレスはネットワーク内の全ての端末に情報を送るために使うから。例えば、LAN内での全端末への通知。

パブリックIPアドレス

パブリックIPアドレスは、ループバックアドレスの反対語である。なぜなら、パブリックIPアドレスは外部のネットワークと通信するために使われるから。例えば、インターネットサービスプロバイダーが提供するIPアドレス。

ループバックアドレスの注意点

ループバックアドレスを使用する時の注意点は誤用である。なぜならば、誤って外部IPに設定すると通信ができなくなる可能性があるからだ。例えば、設定ファイルでのミス。そして、確認作業は必須。だから、設定前と設定後には必ず確認をする。

ループバックアドレスとローカルIPアドレスは、間違えやすいので注意しましょう。

ループバックアドレスは、自分自身にしか通信しない特別なアドレスです。

一方、ローカルIPアドレスは、内部ネットワーク内での通信に使われるアドレスです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました