プロジェクト成功の秘訣!コンティンジェンシー予備とは何か?

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • リスク対策のための予備資金や時間
  • プロジェクトマネージャーが裁量で使える
  • 予想可能なリスクに対応するためのもの

コンティンジェンシー予備とは、リスク対策のための予備資金や時間です。

概要説明

コンティンジェンシー予備とは、予見可能なリスクに備えるための予備資金や時間である。 なぜならば、プロジェクトは予期せぬ問題に直面することがよくあるからだ。

例えば、機器の故障や天候不良などが起こり得る。 そして、そのようなリスクに対応するためには資金や時間が必要だ。

つまり、リスク管理の一環としてコンティンジェンシー予備が必要なのだ。 だから、プロジェクトの成功にはコンティンジェンシー予備が欠かせない。

職業職種

プロジェクトマネージャー

コンティンジェンシー予備は、プロジェクトの安全ネットである。なぜなら、リスクが発生した際に対応するための資金や時間が確保できるからだ。例えば、機器が壊れた際に修理のための費用をカバーできる。

リスクマネージャー

コンティンジェンシー予備は、リスク評価の一部である。なぜなら、予見可能なリスクの影響を評価し、それに対応するための予備を設けるからだ。例えば、天候リスクに対する時間的な余裕を確保できる。

プロジェクトスポンサー

コンティンジェンシー予備は、プロジェクトの成功を保証するツールである。なぜなら、リスクが発生した際にプロジェクトを続行するための手段を提供するからだ。例えば、予期せぬ出費が発生した場合でもプロジェクトを遂行することができる。

コンティンジェンシー予備の名前の由来は英語の’Contingency’です。これは「不確定要素」や「偶発的な事象」を意味し、リスクが現実化した場合に備えて予備を用意するという考え方を表しています。

代表例

Apple Inc.

Appleは、良好なリスク管理で知られる。なぜなら、新製品開発やマーケティング戦略のリスクを軽減するためにコンティンジェンシー予備を有効に活用しているからだ。例えば、iPhoneの部品供給に問題があった場合でも、リリーススケジュールを守るための予備を確保している。

Amazon.com

Amazonは、予測可能なリスクに対処するためのコンティンジェンシー予備を設けることで、サービスの信頼性を保っている。なぜなら、物流やデータセンターのトラブルに備えるためだ。例えば、ハイピーク期における配送遅延を避けるための時間的余裕を計画に組み込んでいる。

Elon Musk

Elon Muskは、SpaceXやTeslaなどの企業でコンティンジェンシー予備を活用している。なぜなら、新技術の開発や宇宙開発のリスクを管理するためだ。例えば、Falcon 9ロケットの打ち上げに失敗した場合の代替案を事前に準備している。

手順例

リスクの特定

何が問題になるかを見つける。なぜなら、それがリスクだからだ。例えば、機器の故障や天候の変化など。

リスク評価

問題が起きたときの影響を評価する。なぜなら、それがリスクの大きさを知るためだ。例えば、遅延の時間や追加のコストなど。

コンティンジェンシー予備の設定

問題に対処するための資金や時間を見積もる。なぜなら、それが安全ネットだからだ。例えば、修理費用や追加の作業時間など。

予備の利用

問題が起きたら予備を使う。なぜなら、それが予備の役割だからだ。例えば、機器の修理やスケジュールの調整など。

レビューと更新

問題に対処した後は、予備を見直す。なぜなら、それが次のリスク対策のためだ。例えば、新たな予備の設定や計画の改善など。

類似語

バッファ

バッファは、コンティンジェンシー予備と同じ意味を持つ。なぜなら、両方とも予見可能なリスクに備えた予備を表しているからだ。例えば、スケジュールにバッファを設けることなど。

リザーブ

リザーブもまた、コンティンジェンシー予備と同義だ。なぜなら、リスクに対応するための余裕を意味するからだ。例えば、費用のリザーブを確保することなど。

余裕

余裕は、コンティンジェンシー予備の意味を持つ。なぜなら、余裕もまた、不確実性に対処するための時間や資源を表すからだ。例えば、プロジェクトスケジュールに余裕をもたせることなど。

反対語

即席的な対応

即席的な対応は、コンティンジェンシー予備の反対だ。なぜなら、それは予定外の事態にすぐに対応するためのものだからだ。例えば、予算のオーバーランに直面したときに迅速に対応するためのものだ。

リアクティブな対応

リアクティブな対応は、コンティンジェンシー予備の反対だ。なぜなら、それは問題が発生した後に対応するものだからだ。例えば、機械が故障した後に修理に必要な費用を見つけることだ。

アドホックな対応

アドホックな対応は、コンティンジェンシー予備の反対だ。なぜなら、それは予期しない問題に対して即座に対処するためのものだからだ。例えば、予期せぬ出費に備えて財源を見つけることだ。

会話例

  1. プロジェクトミーティング
    Q.「コンティンジェンシー予備って何だ?」
    A.「それは、特定のリスクが実際に起きたときに使う予算や時間のことだよ。」

  2. プロジェクトの中間報告
    Q.「なんでコンティンジェンシー予備は必要なの?」
    A.「リスクが実際に起きたときに、その対応のための余裕を作るためだよ。」

  3. プロジェクトの完了報告
    Q.「コンティンジェンシー予備はどれくらい使った?」
    A.「実際には少なかったけど、それがあったからリスク管理に余裕があったよ。」

注意点

コンティンジェンシー予備を使用する時の注意点は適切な理由があることだ。 なぜならば、それは予定外のリスクに対応するためのものだからだ。

例えば、具体的なリスクが発生した場合だけに使用することだ。 そして、その使用はプロジェクトマネージャーの裁量による。 だから、理由のない使用は避けるべきだ。

コンティンジェンシー予備とマネジメント予備は、間違えやすいので注意しましょう。コンティンジェンシー予備は特定リスクへの対応のためにあらかじめ設けられるもので、マネジメント予備は予測不能なリスクに対応するためのものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました