コンバージョンレートとは?サイト運営における重要な指標

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • サイトの行動結果を数値化
  • 改善点を見つける指標
  • 購入者の割合を表す

コンバージョンレートとは、サイト利用者の行動結果を数値化したものです。

CVRと表記される場合があります。

概要説明

コンバージョンレートとはサイト訪問者が商品を購入したり行動を起こした割合のことである。 なぜならこれが高いほど、そのサイトが訪問者にとって魅力的なものであることを示すからだ。

例えばオンラインストアであれば、訪問者全体に対する購入者の割合がそれにあたる。 そして、これが分かるとサイトの改善点が見えてくる。

つまり、コンバージョンレートの理解と活用はサイト運営の成功に繋がる。 だから、サイト運営者にとっては重要な指標となる。

CVR計算式

コンバージョンレート (%) = (コンバージョン数 / 訪問者数) * 100

例えば、ECサイトに100人のユーザーが来て、1個商品が売れた場合。

1 % = ( 1 / 100 ) * 100

1%のコンバージョンレートになる。

管理画面では、UU100、CV1、CVR1%と表示されます。

職業職種

マーケティング担当者

コンバージョンレートは、マーケティング戦略の一部である。なぜなら、これを基に施策の成功度を測れるからだ。例えば広告のクリック数と購入数を比較して。

デザイナー

コンバージョンレートは、デザインの効果を測る道具である。なぜなら、サイトの使いやすさがユーザーの行動に影響するからだ。例えば改善後のレイアウトで購入率が上がると。

経営者

コンバージョンレートは、ビジネスの成果を測る指標である。なぜなら、それが商品やサービスへの反応を示すからだ。例えばサイトの訪問者全員が商品を購入すると100%となる。

コンバージョンレートは、英語の”conversion”(転換)と”rate”(率)から来ており、訪問者が行動を起こす「転換」の「率」を表す言葉です。

代表例

Amazon

Amazonは、高いコンバージョンレートの企業だ。なぜなら、ユーザーに商品の詳細やレビューを提供し、購買意欲を刺激するからだ。例えば、”人気ランキング”や”おすすめ商品”機能。

Booking.com

Booking.comは、旅行予約サイトで高いコンバージョンレートを持つ。なぜなら、使いやすいインターフェースと詳細な情報提供でユーザーの行動を誘導するからだ。例えば、”レビュー評価”や”お得なプラン”情報。

Elon Musk

Elon Muskは、自身のツイートで高いコンバージョンレートを示す。なぜなら、フォロワーが彼の言葉に強く反応し、行動を起こすからだ。例えば、テスラ株の購入や宇宙旅行の予約。

手順例

コンバージョンレートを上げる施策の手順例です。

コンテンツ作成

ユーザーの興味を引くコンテンツを作る。なぜなら、興味が引かれたユーザーはサイトに滞在しやすいからだ。例えば、役立つ情報や楽しい動画。

UI・UX

ユーザーが簡単に操作できるデザインにする。なぜなら、使いやすさはユーザーがアクションを起こす確率を上げるからだ。例えば、明確なボタンやシンプルなメニュー。

明確な導線

ユーザーに何をすれば良いのか明確に示す。なぜなら、混乱したユーザーは行動を止める可能性が高いからだ。例えば、”ここをクリック”や”購入はこちら”の指示。

行動分析

ユーザーの行動を分析する。なぜなら、どの部分が良くてどの部分が悪いのかを知ることで改善できるからだ。例えば、アクセス解析ツールの利用。

改善策を実施

改善策を実施し、結果を見る。なぜなら、改善策の効果を確認することで次のステップを考えられるからだ。例えば、新しいデザインの導入や新たなコンテンツの投稿。

類似語

クリックスルーレート(CTR)

クリックスルーレートは、広告などが表示された回数に対するクリック数の割合だ。なぜなら、広告がユーザーにとって魅力的かどうかを示す指標だからだ。例えば、検索エンジンの広告結果。

離脱率

離脱率は、サイトの特定のページを見た後、サイトを離れるユーザーの割合だ。なぜなら、そのページがユーザーの関心を保つのに十分な魅力があるかを示すからだ。例えば、商品詳細ページの離脱率。

リターゲティング

ターゲティングは、一度サイトを訪れたユーザーに対して再度広告を表示する手法だ。なぜなら、再訪問を促すことでコンバージョン率を上げる可能性があるからだ。例えば、SNS上のリターゲティング広告

反対語

離脱率

離脱率は、コンバージョンレートの反対である。なぜなら、サイトを離れるユーザーの割合を表すからだ。例えば、100人の訪問者のうち30人がすぐにサイトを離れた場合、離脱率は30%。

ボウンス率

ボウンス率も、コンバージョンレートとは逆の意味を持つ。なぜなら、1ページだけを見てすぐにサイトを離れるユーザーの割合を示すからだ。例えば、一度サイトを訪れてすぐに離れてしまったユーザーが多ければボウンス率は高い。

未完了率

未完了率は、ユーザーが目的の行動を完了しない割合を示す。なぜなら、例えばショッピングカートに商品を入れたけど購入しなかったユーザーの割合を示すからだ。これもコンバージョンレートの反対を示す指標。

会話例

オンラインストアでの対話

Q.「コンバージョンレートが低いんだけど、どうしたらいい?」
A.「ユーザーが求めているものを明確にし、サイトの使いやすさを改善するといいよ。」

マーケティングチームのミーティング

Q.「先週のキャンペーン、コンバージョンレートはどうだった?」
A.「そうだね、ちょっと低かったから次はCTAを明確にしよう。」

デザイナーとの相談

Q.「このランディングページ、コンバージョンレート上げるにはどうすればいい?」
A.「まずはビジュアルとコンテンツのクリアさを確認しよう。ユーザーが何をすべきかわかりやすくすることが大事だよ。」

注意点

コンバージョンレートを改善する時の注意点は次の通りだ。 まず、改善の対象が明確でなければならない。なぜなら、どこをどう改善するかがわからなければ効果は見えないからだ。

例えば、商品ページのデザインを変更するだけでコンバージョンレートが上がるとは限らない。 そして、ユーザーのニーズや行動を理解することが大切だ。

だから、ユーザーの行動をデータで分析して、具体的な改善策を立てることが重要だ。

コンバージョンレートとクリックスルーレートは、間違えやすいので注意しましょう。コンバージョンレートは訪問者が目的の行動を起こした割合で、クリックスルーレートは広告やリンクをクリックした割合です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました