リターゲティング広告とは?一度訪れた人をターゲットにする理由

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとリターゲティング広告

  • 過去のサイト訪問者を対象にする
  • コンバージョン率を高める
  • 広告効果を最大化する

ターゲティング広告とは、サイト訪問者に表示させる広告です。

概要説明

リターゲティング広告とは、一度サイトを訪れた人に再度広告を表示する手法である。なぜならば、その人が興味を持っている可能性が高いから。

例えば、オンラインショッピングサイトで商品を見た後、その商品の広告が他のサイトでも表示される。そして、その広告をクリックする確率が高くなる。

つまり、広告の効果を高める手法である。だから、多くの企業が使用している。

職業職種

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、広告効果を高めるために使用する。なぜなら、ターゲットが明確で、コンバージョン率が高まる可能性があるから。例えば、新製品の販促。

広告代理店

広告代理店は、クライアントの広告効果を最大化するために使用する。なぜなら、具体的なターゲットに対して効果的に広告を打てるから。例えば、特定の年齢層や興味を持つ人々に。

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーは、サイトのユーザビリティを高める補完手段として使用する。なぜなら、訪問者がサイト内で何に興味を持っているかを把握できるから。例えば、人気のないページの改善。

リターゲティング広告は、名前の由来は英語の”Retargeting”から来ています。”Retargeting”は「再びターゲットにする」という意味で、一度サイトを訪れた人を再度ターゲットにする広告手法であることを表しています。

リターゲティング広告の代表例

サイバーエージェント

サイバーエージェントは、リターゲティング広告で有名である。なぜなら、Amebaなどのプラットフォームで高度なリターゲティング広告を提供しているから。例えば、Amebaユーザーに対する商品推薦。

ヤフー株式会社

ヤフー株式会社は、リターゲティング広告で名高い存在である。なぜなら、Yahoo! JAPANの広告プラットフォームで多くの企業がリターゲティング広告を活用しているから。例えば、Yahoo!ショッピングでの商品広告。

楽天株式会社

楽天株式会社は、リターゲティング広告で世間に知られている。なぜなら、楽天市場などで個々の消費者行動に基づいた広告を提供しているから。例えば、過去に閲覧した商品を再度提示する広告。

手順例

以下は、リターゲティング広告の実行手順です。

目標設定

目標設定は、最初のステップである。なぜなら、どのような結果を得たいのか明確にする必要があるから。例えば、売上向上やブランド認知度の向上。

ターゲット層の選定

ターゲット層の選定は、次に重要である。なぜなら、どの層に広告を見せるかで効果が大きく変わるから。例えば、年齢、性別、興味。

広告作成

広告作成は、具体的な広告内容を決めるステップである。なぜなら、魅力的な広告でなければ効果は出ないから。例えば、キャッチコピー、画像、動画。

配信設定

配信設定は、広告をどのように配信するかを決める。なぜなら、適切な配信設定で初めて効果が出るから。例えば、時間帯、曜日、頻度。

結果分析

結果分析は、広告の効果を測る最後のステップである。なぜなら、これを元に次回の改善点を見つけるから。例えば、クリック数、コンバージョン数。

類似語

リマーケティング

リマーケティングは、リターゲティング広告の類似語である。なぜなら、両者とも過去の訪問者に対する広告だが、リマーケティングはより広い意味を持つから。例えば、メールでのフォローアップも含む。

ビヘイビアターゲティング

ビヘイビアターゲティングは、リターゲティング広告の類似語である。なぜなら、ユーザーの行動に基づいて広告を表示する点が共通だから。例えば、検索履歴や閲覧ページに基づく。

ダイナミックリターゲティング

ダイナミックリターゲティングは、リターゲティング広告の類似語である。なぜなら、リターゲティング広告の一種で、具体的な商品やサービスを広告に表示するから。例えば、過去に見た商品だけを広告にする。

反対語

一般広告

一般広告は、リターゲティング広告の反対語である。なぜなら、特定のユーザー層を対象とせず、広く一般に広告を出すから。例えば、テレビCMや新聞広告。

マスマーケティング

マスマーケティングは、リターゲティング広告の反対語である。なぜなら、特定のユーザーに焦点を当てず、多くの人に同じメッセージを送るから。例えば、全国規模の広告キャンペーン。

コールドアプローチ

コールドアプローチは、リターゲティング広告の反対語である。なぜなら、前の接触がない人に対して行うから。例えば、初めての顧客に対する営業電話。

リターゲティング広告の注意点

リターゲティング広告を使用する時の注意点はプライバシー保護である。なぜならば、ユーザーの行動データを使うからだ。例えば、訪れたページやクリックした商品である。そして、そのデータの取り扱いには十分注意が必要。だから、プライバシーポリシーをしっかりと確認しよう。

リターゲティング広告とリマーケティングは、間違えやすいので注意しましょう。

リターゲティング広告は、過去にサイトを訪れた人に対して広告を出すことです。

一方、リマーケティングは、過去の顧客に対して広告やメールなどで再度アプローチをかけることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました