リスク・ファイナンシングとは?未来の危機に備える賢い方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとリスク・ファイナンシング

  • 未来のリスクに備える
  • お金や資源を確保する
  • 危機管理の一環

リスク・ファイナンシングとは、未来のリスクに備え、資源を確保することです。

概要説明

リスク・ファイナンシングとは未来の危機に備えて資源を確保することである。なぜならば、突然の自然災害やテロが起こる可能性があるからだ。

例えば、地震や洪水である。そして、そのようなリスクに備えてお金や物資を確保する。つまり、未来の不確実性に対処するためである。だから、事前に計画をする。

職業職種

企業の経営者

企業の経営者は、リスク・ファイナンシングを活用する。なぜなら、企業の存続がかかっているから。例えば、災害復旧資金を確保する。

政府の担当者

政府の担当者は、リスク・ファイナンシングを考慮する。なぜなら、公共の安全と資源を守る責任があるから。例えば、災害対策予算を作る。

個人

個人も、リスク・ファイナンシングを行う。なぜなら、自分や家族の生活を守るため。例えば、緊急時の貯金をする。

リスク・ファイナンシングは、名前の由来は英語の”Risk”(リスク)と”Financing”(資金調達)から来ています。

リスク・ファイナンシングの代表例

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社は、リスク・ファイナンシングで有名である。なぜなら、多様な保険商品で企業や個人のリスクをカバーしているから。例えば、自然災害保険。

トータル・リスク・マネジメント株式会社

トータル・リスク・マネジメント株式会社は、リスク・ファイナンシングで名高い存在である。なぜなら、リスク分析から資金確保までトータルでサポートしているから。例えば、リスク評価サービス。

野村ホールディングス株式会社

野村ホールディングス株式会社は、リスク・ファイナンシングで世間に知られている。なぜなら、資産運用とリスク管理の両方で強い実績があるから。例えば、投資信託。

手順例

以下は、リスク・ファイナンシングの基本手順です。

リスク評価

リスク評価は、最初のステップである。なぜなら、どんなリスクがあるのか知る必要があるから。例えば、地震や洪水のリスク。

資金計画

資金計画は、次に重要である。なぜなら、どれだけのお金が必要か計算する必要があるから。例えば、緊急時の費用。

資源確保

資源確保は、計画に基づいて行う。なぜなら、計画通りに行動しないと意味がないから。例えば、貯金や保険。

実行と監視

実行と監視は、計画をしっかりと運用する段階である。なぜなら、計画がうまく行っているか確認する必要があるから。例えば、定期的なレビュー。

見直し

見直しは、最後のステップである。なぜなら、状況が変わると計画も変える必要があるから。例えば、新しいリスクの評価。

類似語

リスクマネジメント

リスクマネジメントは、リスク・ファイナンシングの類似語である。なぜなら、両方とも未来のリスクに備える考え方だから。例えば、危機対応計画。

資産運用

資産運用は、リスク・ファイナンシングの類似語である。なぜなら、資金を効率よく使ってリスクを減らす目的があるから。例えば、投資。

保険

保険は、リスク・ファイナンシングの類似語である。なぜなら、未来のリスクに備えてお金を確保する手段の一つだから。例えば、生命保険や火災保険。

反対語

無備

無備は、リスク・ファイナンシングの反対語である。なぜなら、何も準備せずにリスクに対処しようとしないから。例えば、災害に備えずに生活すること。

短絡的対応

短絡的対応は、リスク・ファイナンシングの反対語である。なぜなら、長期的なリスクに対する備えがなく、その場しのぎで対処するから。例えば、急な出費にパニックになる。

放置

放置は、リスク・ファイナンシングの反対語である。なぜなら、リスクがあっても何もしないでおくから。例えば、保険に入らずに過ごすこと。

リスク・ファイナンシングの注意点

リスク・ファイナンシングを使用する時の注意点は計画性である。なぜならば、急に計画を変えるとリスク対策が狂う可能性があるからだ。例えば、急に使ってしまった貯金。そして、計画をしっかりと見直す必要がある。だから、定期的なチェックが大切。

リスク・ファイナンシングとリスクマネジメントは、間違えやすいので注意しましょう。

リスク・ファイナンシングは、未来のリスクに備えてお金や資源を確保することです。

一方、リスクマネジメントは、リスクを評価してその影響を最小限に抑える行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました