MNOとは?通信キャリアの基本をわかりやすく解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとMNOとは

  • 通信インフラを所有する企業
  • スマホやPCでの通信を提供
  • 通信料金を設定し請求

MNOとは通信インフラを持ち、通信サービスを提供する企業です。

概要説明

MNOとは通信インフラを所有している企業である。なぜならば、彼らが基地局や通信衛星を管理しているから。

例えば、ドコモやauなどである。そして、これらのインフラを使ってスマホやPCでの通信サービスを提供する。つまり、通信のバックボーンを形成している。だから、日常生活で欠かせない。

職業職種

通信エンジニア

通信エンジニアは、MNOをよく使う。なぜなら、通信インフラの設計や管理が仕事だから。例えば、基地局の設置計画。

営業マン

営業マンは、MNOのサービスを販売することもある。なぜなら、企業向けの通信ソリューションを提案する仕事があるから。例えば、大量のデータ通信が必要な企業に対する提案。

一般消費者

一般消費者は、MNOのサービスを日常で使う。なぜなら、スマホやPCでインターネットを利用するから。例えば、SNSや動画視聴。

MNOは、名前の由来は”Mobile Network Operator”です。これは、モバイル(移動体)のネットワークを運営(オペレート)する企業という意味になります。

MNOの代表例

docomo

docomoは、MNOで有名である。なぜなら、日本で最初に携帯電話サービスを始めた企業だから。例えば、i-modeサービス。

au

auは、MNOで名高い存在である。なぜなら、多様なプランと高速な通信速度を提供しているから。例えば、au 5G。

SoftBank

SoftBankは、MNOで世間に知られている。なぜなら、多くの子会社と連携して幅広いサービスを提供しているから。例えば、LINEモバイル。

楽天モバイル

楽天モバイルは、MNOで世間に知られている。なぜなら、料金が安く、楽天ポイントも使えるから。例えば、楽天UN-LIMIT。

手順例

以下は、MNOを選ぶ手順です。

ニーズの確認

自分が何を重視するか確認する。なぜなら、プランや速度が各MNOで違うから。例えば、データ通信量。

比較する

いくつかのMNOを比較する。なぜなら、料金やサービスが違うから。例えば、月額料金。

契約

選んだMNOで契約する。なぜなら、それが最も自分に合った選択だから。例えば、オンライン契約。

設定

必要な設定をする。なぜなら、スムーズに使い始めるため。例えば、APN設定。

使用開始

設定が完了したら使用開始。なぜなら、それで初めてサービスが始まるから。例えば、インターネットの閲覧。

類似語

ISP

ISPは、MNOの類似語である。なぜなら、インターネット接続サービスを提供するが、通信インフラは所有していないから。例えば、OCNやYahoo! BB。

MVNO

MVNOは、MNOの類似語である。なぜなら、MNOのインフラを借りて通信サービスを提供するから。例えば、UQ mobile。

キャリア

キャリアは、MNOの類似語である。なぜなら、通信サービスを提供する企業を指す一般的な言葉だから。例えば、通信キャリア。

反対語

MVNO

MVNOは、MNOの反対語である。なぜなら、自前の通信インフラを持っていないから。例えば、mineo。

ISP

ISPは、MNOの反対語である。なぜなら、通信インフラを所有していないから。例えば、OCN。

エンドユーザー

エンドユーザーは、MNOの反対語である。なぜなら、サービスを利用する側であり、提供する側ではないから。例えば、スマホユーザー。

MNOの注意点

MNOを使用する時の注意点は料金プランである。なぜならば、選んだプランによって料金が大きく変わるからだ。例えば、データ通信量が多いと高くなる。そして、契約期間も確認する。だから、よく比較して選ぶ。

MNOとMVNOは、間違えやすいので注意しましょう。

MNOは、自前の通信インフラを持っています。

一方、MVNOは、他のMNOのインフラを借りています。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました