RDBMSとは?データの矛盾とセキュリティ問題を解決

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとRDBMS

  • データベースの管理ツール
  • 複数人での利用をサポート
  • データの矛盾とセキュリティを解決

RDBMSとは、データベースを複数人で安全に管理するツールです。

概要説明

RDBMSとはデータベース管理のソフトウェアである。なぜならば、データの矛盾やセキュリティ問題を解決するから。例えば、同時に多くの人がデータを変更しても矛盾が起きないようにする。

そして、不正アクセスからデータを守る。つまり、データベースを安全かつ効率的に運用するためのツールである。だから、多くの企業や組織で使われる。

職業職種

データベース管理者

データベース管理者は、RDBMSを日常的に使用する。なぜなら、データの整合性とセキュリティを保つ必要があるから。例えば、バックアップや復元作業。

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、アプリケーション開発の際にRDBMSを使う。なぜなら、データの保存や取得が必要な作業が多いから。例えば、ユーザー情報の管理。

システムアナリスト

システムアナリストは、システム設計の段階でRDBMSを選定する。なぜなら、データベースの性能とセキュリティがプロジェクトの成功に影響するから。例えば、要件定義や設計書の作成。

RDBMSは、名前の由来は”Relational Database Management System”です。これは「関係データベース管理システム」を意味します。

RDBMSの代表例

日立製作所

日立製作所は、RDBMSで有名である。なぜなら、長い歴史と高い技術力で多くの企業にRDBMSソリューションを提供しているから。例えば、日立のHiRDBが広く使われている。

NEC

NECは、RDBMSで名高い存在である。なぜなら、高いセキュリティとスケーラビリティを持つRDBMSを提供しているから。例えば、NECのExpress5800シリーズなど。

富士通

富士通は、RDBMSで世間に知られている。なぜなら、多様なビジネスニーズに対応したRDBMSを提供しているから。例えば、Symfoware Serverという製品がある。

手順例

以下は、RDBMSの基本的な使用手順です。

ソフトウェアの選定

最初にどのRDBMSを使うか決める。なぜなら、各RDBMSには特性と利点があるから。例えば、セキュリティやスケーラビリティ。

インストール

選んだRDBMSをインストールする。なぜなら、これがデータベース管理の基盤になるから。例えば、ダウンロードしてセットアップを実行。

データベース作成

データベースを作成する。なぜなら、データを保存する場所が必要だから。例えば、テーブルやカラムの設計。

データの入力・更新

データを入力や更新する。なぜなら、データベースが役立つようにするため。例えば、SQLコマンドを使って操作。

データの取得・分析

データを取得や分析する。なぜなら、ビジネスや研究で必要な情報を得るため。例えば、クエリを使ってデータを抽出。

類似語

DBMS

DBMSは、RDBMSの類似語である。なぜなら、両者ともデータベースを管理するソフトウェアだから。例えば、データの保存や取得が主な機能。

SQL

SQLは、RDBMSの類似語である。なぜなら、RDBMSでよく使われるデータベース言語だから。例えば、データの検索や更新に使う。

NoSQL

NoSQLは、RDBMSの類似語である。なぜなら、これもデータベースを管理するソフトウェアだが、関係データベースではないから。例えば、MongoDBやCassandraなど。

反対語

Flat File Database

Flat File Databaseは、RDBMSの反対語である。なぜなら、関係性のない単純なデータを保存するだけだから。例えば、ExcelやCSVファイル。

NoSQL

NoSQLは、RDBMSの反対語である。なぜなら、関係性のないデータを効率よく扱うことができるから。例えば、MongoDBやCassandra。

Manual Management

Manual Managementは、RDBMSの反対語である。なぜなら、データベースの管理を手動で行うから。例えば、紙のファイルや書類。

RDBMSの注意点

RDBMSを使用する時の注意点はセキュリティである。なぜならば、多くの重要なデータが保存されているからだ。例えば、パスワードや暗号化の設定をしっかりと行うこと。そして、定期的なバックアップ。だから、データの安全性を確保する必要がある。

RDBMSとDBMSは、間違えやすいので注意しましょう。

RDBMSは、関係性のあるデータを効率よく管理します。

一方、DBMSは、データの管理をするが、必ずしも関係性を持たない場合もあります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました