サブネットマスクとは?ネットワークの基本!IPアドレスを理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • IPアドレスの一部で区分け役割
  • ネットワークアドレスは地域、ホストアドレスは番地イメージ
  • 自動割り当てで日常生活では目にしない

サブネットマスクとは、IPアドレスを区分けする役割を持つ数値です。

概要説明

サブネットマスクとはIPアドレスを「ネットワークアドレス」と「ホストアドレス」に分ける数値である。なぜならば、コンピュータがネットワーク上で識別するためには、この2つの情報が必要だからだ。

例えば、家の住所が都市(ネットワークアドレス)と番地(ホストアドレス)で識別されるのと同じだ。そして、最近はルーターや無線LANへの接続で自動的に割り当てられる。つまり、特別な設定をすることなく、ネットワークに接続できるようになっている。

だから、普段目にすることは少ないけれど、ネットワークの裏側で大切な働きをしている。

  • 255.0.0.0
    これはClass Aネットワークを示し、最大16777214のホスト(デバイス)をサポートする。
  • 255.255.0.0
    これはClass Bネットワークを示し、最大65534のホストをサポートする。
  • 255.255.255.0
    これはClass Cネットワークを示し、最大254のホストをサポートしする。

これらはいずれも、ネットワークの大きさ(ホストの数)に応じて使い分けることができる設定値。例えば、家庭内の小規模なネットワークでは「255.255.255.0」が一般的に使われる。

職業職種

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、サブネットマスクを頻繁に使う。なぜなら、ネットワークの設計やトラブルシューティングに必要だからだ。例えば、IPアドレスの管理やルーティングの設定である。

ITサポートスタッフ

ITサポートスタッフも、サブネットマスクを知っておくと便利だ。なぜなら、ユーザーのネットワーク問題を解決するために必要な基本知識だからだ。例えば、接続トラブルの解決や新しいデバイスの設定である。

一般ユーザー

一般ユーザーは、サブネットマスクをあまり意識しない。なぜなら、ほとんどのデバイスで自動的に設定されるからだ。例えば、パソコンやスマホを家のWi-Fiに接続する時である。

サブネットマスクは、名前の由来はネットワークを”サブネット”つまり小さなネットワークに”マスク”つまり分けるという意味から来ています。

代表例

シスコシステムズ

シスコは、ネットワーク機器の大手メーカー。サブネットマスクという概念を理解するためには、彼らのルータやスイッチなどの製品が使われていることが多い。

インターネットサービスプロバイダー(ISP)

ISPは、我々がインターネットに接続するために必要なサービスを提供している。彼らが提供するインターネット接続サービスでは、サブネットマスクを含むIPアドレスが自動的に割り当てられる。

ヴィントン・”ヴィント”・サーフ

ヴィントン・サーフは、”インターネットの父”と呼ばれる人物。彼とそのチームは、IPアドレスやサブネットマスクなど、インターネットが正常に動作するための基本的な概念を開発した。

手順例

  1. コンピュータやルータのネットワーク設定を開く

  2. 次に、ネットワークアダプタの設定を選択する

  3. IPアドレスとサブネットマスクの設定を選択する

  4. サブネットマスクを入力する。これは通常、ISPから提供されるか、ネットワーク管理者から指示される

  5. 設定を保存して、ネットワーク接続をテストする。これで完了

類似語

ネットマスク

ネットマスクは、サブネットマスクと同じものを指す。ただし、この言葉はサブネットマスクより古い用語で、今日ではあまり使われないんだ。

ネットワークプレフィックス

ネットワークプレフィックスは、ネットワークアドレスの部分を表すものだ。サブネットマスクと一緒に使われ、IPアドレスのネットワーク部分とホスト部分を区別するために使われるよ。

CIDR表記

CIDR表記は、IPアドレスとサブネットマスクを簡単に表す方法だ。例えば、”192.168.1.0/24″は、”192.168.1.0″というIPアドレスと”255.255.255.0″というサブネットマスクを表している。

反対語

ブロードキャストアドレス

ブロードキャストアドレスは、サブネットマスクの反対語だ。なぜなら、サブネットマスクが特定のネットワーク内の特定のホストを識別するためのものであるのに対して、ブロードキャストアドレスはネットワーク内の全てのホストに情報を送るためのアドレスだからだ。例えば、”255.255.255.255″は全てのホストに向けたブロードキャストアドレスだ。

公開IPアドレス

公開IPアドレスは、サブネットマスクの反対語だ。なぜなら、サブネットマスクが内部のネットワークを区切るのに対し、公開IPアドレスはインターネット全体から見えるアドレスだからだ。例えば、ウェブサイトのアドレスは公開IPアドレスだ。

ホストアドレス

ホストアドレスは、サブネットマスクの反対語だ。なぜなら、サブネットマスクがネットワーク全体を示すのに対し、ホストアドレスはその中の一つの端末を示すからだ。例えば、あなたのPCやスマホのIPアドレスはホストアドレスだ。

会話例

  1. 友達とゲームで遊ぶ時
    Q.「サブネットマスクって何?」
    A.「それはネットワークアドレスとホストアドレスを分けるための数字だよ。町名と番地みたいなものだね。」

  2. 家で新しいルータを設定する時
    Q.「このルータのサブネットマスクをどう設定すればいい?」
    A.「大体の場合、255.255.255.0を設定すれば大丈夫だよ。」

  3. 学校でインターネットの授業を受ける時
    Q.「先生、サブネットマスクはどうやって使われるんですか?」
    A.「ネットワークを分割する時や、特定のホストに通信を送る時に使われるんだ。」

注意点

サブネットマスクを使用する時の注意点は、間違った設定をするとネットワークが繋がらなくなることだ。なぜならば、サブネットマスクはネットワークの区切りを決める重要な要素だからだ。

例えば、”255.255.255.0″のような一般的なサブネットマスクを設定した場合、ネットワークは256個のホストを持つことができる。しかし、もし間違えて”255.255.255.255″を設定してしまうと、ネットワークは1個しかホストを持てなくなる。

だから、サブネットマスクの設定は慎重に行うべきだ。

サブネットマスクとネットマスクの違いは、間違えやすいので注意しましょう。サブネットマスクはネットワークアドレスとホストアドレスを区別するための数値で、ネットマスクはサブネットマスクの古い呼び方です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました