ハッシュ化とは?データの安全を守る技術とその仕組み

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとハッシュ化とは

  • 元の値をハッシュ値に変換
  • 他者から内容を隠す技術
  • 元データとハッシュ値を照合

ハッシュ化とは、データの変換技術です。

概要説明

ハッシュ化とは元のデータをハッシュ値に変換することである。 なぜならば、この変換によってデータの内容が一目で認識できなくなるからだ。

例えば、パスワード保存時にハッシュ化を使うことが多い。そして、ハッシュ値から元のデータに戻すのは難しい。

つまり、データの安全性を高めるための手段である。だから、情報セキュリティで重要な役割を果たす。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、ハッシュ化を使う。なぜなら、データベース内の情報を保護するため。例えば、ユーザーのパスワード保存時。

プログラマー

プログラマーは、ハッシュ化を実装する。なぜなら、アプリケーションのセキュリティを向上させるため。例えば、ログイン機能の開発時。

サイバーセキュリティ専門家

サイバーセキュリティ専門家は、ハッシュ化の方法を評価する。なぜなら、攻撃からデータを守る最適な方法を見つけるため。例えば、セキュリティ監査時。

ハッシュ化は、名前の由来は”hash”という英語の単語から来ています。”hash”は「刻む」「混ぜる」という意味を持つ。

ハッシュ化の手順例

以下は、ユーザーがパスワードを入力してからハッシュ化されるまでの手順です。

パスワード入力

ユーザーは、ログインページでパスワードを入力する。なぜなら、アカウントにアクセスするため。例えば、オンラインショッピングのアカウントログイン時。

パスワードの送信

パスワードは、サーバーに送信される。なぜなら、認証のための情報が必要だからだ。例えば、メールサービスへのログイン。

ハッシュ関数の適用

サーバーは、送信されたパスワードにハッシュ関数を適用する。なぜなら、安全にデータを保存するため。例えば、SHA-256のようなハッシュアルゴリズムを使う場合。

ハッシュ値の生成

ハッシュ関数は、パスワードからハッシュ値を生成する。なぜなら、元のパスワードを隠すためだ。例えば、”password”のハッシュ値は異なる一連の文字と数字になる。

ハッシュ値の保存・照合

サーバーは、生成されたハッシュ値をデータベースに保存するか、既存のハッシュ値と照合する。なぜなら、ユーザーの認証を確認するためだ。例えば、ログインの成功または失敗の判定時。

類似語

暗号化

暗号化は、情報を秘密の形に変換する。なぜなら、外部の人が内容を理解できないようにするためだ。例えば、クレジットカードの番号をオンラインで送る時。

サルト

サルトは、ハッシュ化の前にパスワードに追加されるランダムなデータだ。なぜなら、同じパスワードから異なるハッシュ値を生成するため。例えば、二つのアカウントが同じパスワードを使っていても、ハッシュ値が異なる場合。

デジェスト

デジェストは、ハッシュ関数が出力する結果やハッシュ値を指す。なぜなら、元のデータを代表する短い値が必要だからだ。例えば、メッセージの内容を確認するためのハッシュ値。

反対語

復元

復元は、変換したデータを元の状態に戻すこと。なぜなら、何らかの理由で元のデータが必要になるからだ。例えば、圧縮したファイルを元に戻す時。

複合

複合は、暗号化した情報を読める形に戻す行為。なぜなら、秘密の情報を安全に共有したい時に暗号化し、必要な時に複合するからだ。例えば、暗号化したメッセージを読む時。

デコード

デコードは、エンコード(符号化)された情報を元の形に戻すこと。なぜなら、情報を特定の形式や規則に基づいて変換して、元に戻す必要が出てくるからだ。例えば、URLエンコードされたテキストを元に戻す時。

ハッシュ化の注意点

ハッシュ化を使用する時の注意点はアルゴリズムの選択である。なぜならば古いや弱いハッシュアルゴリズムは攻撃に弱いからだ。

例えばMD5は、現在では安全でないとされる。そして、サルトを追加すること。だからサルトを一緒に保存し、ハッシュ値の安全性を高めることが推奨される。

ハッシュ化と暗号化は、間違えやすいので注意しましょう。

ハッシュ化は、データを固定長の値に変換することです。

一方、暗号化は、データを保護するために変換し、後で復元可能にするものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました