三項演算子とは?これ一つで条件分岐を効率的に

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • コードをスマートに書く
  • 条件分岐を簡単に行う
  • 読みやすいコードを作る

三項演算子とは、条件によって値を選ぶ方法です。

概要説明

三項演算子とは、プログラミングで条件によって値を選ぶ方法だ。 なぜなら、それはコードを短くし、読みやすくするからだ。

例えば、’条件 ? 値A : 値B’ の形で書くことができる。そして、これは「もし条件が真なら値A、偽なら値Bを選ぶ」という意味になる。つまり、これ一つでif-else文を簡単に書ける。だから、プログラマーにとっては非常に便利なツールなのだ。

職業職種

ウェブ開発者

ウェブ開発者は、三項演算子をよく使う。なぜなら、ウェブページの動作を制御するために条件分岐がよく必要になるからだ。例えば、ユーザーのアクションによって表示内容を変える時などだ。

ゲーム開発者

ゲーム開発者もまた、三項演算子を使うことがある。なぜなら、ゲームの挙動を制御するための条件分岐が必要な場合が多いからだ。例えば、プレイヤーの行動によってゲームの状態を変化させる時などだ。

データサイエンティスト

データサイエンティストは、データ分析の中で三項演算子を使うことがある。なぜなら、データを条件によって適切に処理するためだ。例えば、特定の条件を満たすデータのみを抽出する時などだ。

三項演算子という名前は、この演算子が3つの部分(条件、真の場合の値、偽の場合の値)から成り立つことに由来しています。

三項演算子実例コード

三項演算子あり

num = 15
result = "10以上" if num >= 10 else "10未満"
print(result)  # 出力: 10以上

この場合、三項演算子(条件、真の場合の結果、偽の場合の結果)を使用して、numが10以上なら”10以上”という文字列を、そうでなければ”10未満”という文字列をresultに代入しています。

ここでは、

  • 条件: num >= 10
  • 真の場合の結果: "10以上"
  • 偽の場合の結果: "10未満"

となります。これにより、条件が真なら「10以上」を、偽なら「10未満」を結果として返すことができます。この一連の動作を一つの行で記述できるのが、三項演算子の便利なところです。

三項演算子なし

num = 15
if num >= 10:
    result = "10以上"
else:
    result = "10未満"
print(result)  # 出力: 10以上

この場合、標準的なif-else文を使用して、同じ結果を得ることができます。どちらのコードも全く同じ動作をしますが、三項演算子を使用した方がコードが短くて読みやすい場合があります。

ただし、条件や結果が複雑になると、通常のif-else文を使用した方が理解しやすい場合もあります。

代表例

Google

Googleは、三項演算子を頻繁に利用する会社だ。なぜなら、その検索エンジンのアルゴリズムは、高度なプログラミング技術を必要とし、その中には三項演算子が含まれるからだ。例えば、ユーザーの検索結果を最適化するための条件分岐処理などがある。

Apple

Appleもまた、三項演算子を使うことで知られている。なぜなら、そのソフトウェア開発、特にiOSのアプリ開発において、三項演算子は頻繁に使われるからだ。例えば、ユーザーのアクションによって表示を変えるための条件分岐などに使用する。

Mark Zuckerberg

Facebookの創業者であるMark Zuckerbergも、三項演算子の使用者だ。なぜなら、彼自身がプログラマーであり、Facebookの初期のコーディングに関与したからだ。例えば、Facebookのユーザーインターフェースの動作制御に三項演算子を用いていた。

手順例

条件を定義する

まず最初に、三項演算子を使用するための条件を定義する。なぜなら、三項演算子は「条件 ? 値A : 値B」の形で使用するからだ。例えば、「ある数が10以上かどうか」を判定する場合、その数を条件として設定する。

真の場合の値を設定する

次に、条件が真だった場合に返す値を設定する。なぜなら、三項演算子は条件が真の場合と偽の場合で、返す値が変わるからだ。例えば、「数が10以上だったら”大”」という値を設定する。

偽の場合の値を設定する

最後に、条件が偽だった場合に返す値を設定する。なぜなら、三項演算子は条件が偽だった場合にも値を返すからだ。例えば、「数が10未満だったら”小”」という値を設定する。

三項演算子をコードに書く

それらの要素を組み合わせて、「条件 ? 真の場合の値 : 偽の場合の値」の形で三項演算子をコードに書く。なぜなら、これが三項演算子を使用する正しい形式だからだ。例えば、num >= 10 ? "大" : "小"というように書く。

結果を確認する

最後に、三項演算子の結果を確認する。なぜなら、それが正しく動作しているかを確認するためだ。例えば、プログラムを実行して、期待した結果が表示されるかを見る。

類似語

条件演算子

条件演算子は、三項演算子と同じ意味を持つ。なぜなら、三項演算子は「条件 ? 値A : 値B」の形で、条件によって返す値を選ぶ機能を持つからだ。例えば、JavaやJavaScriptなどのプログラミング言語では、三項演算子を「条件演算子」とも呼ぶ。

if-elseの短縮形

if-elseの短縮形もまた、三項演算子と同じ役割を果たす。なぜなら、三項演算子はif-else文の短縮形としてよく用いられるからだ。例えば、if-else文を使って条件分岐を行う代わりに、より短くて簡潔な三項演算子を使うことがある。

ティルデ演算子

ティルデ演算子もまた、三項演算子と似た役割を果たす。なぜなら、ティルデ演算子もまた条件によって動作を変えることができるからだ。例えば、Ruby言語では、ティルデ演算子を使ってパターンマッチングの条件分岐を行うことがある。

反対語

総称演算子

総称演算子は三項演算子の反対だ。なぜなら、それは多数のオペランドを扱うからだ。例えば、四則演算子は2つのオペランドを扱うけど、総称演算子はそれ以上を扱う。

単項演算子

単項演算子も三項演算子の反対だ。なぜなら、それは一つのオペランドだけを扱うからだ。例えば、符号反転や論理否定などがこれに当たる。

二項演算子

二項演算子も三項演算子の反対だ。なぜなら、それは二つのオペランドを扱うからだ。例えば、加算や減算、乗算、除算などがこれに当たる。

会話例

プログラミング学習

Q.「三項演算子って何?」
A.「それは短いif-else文だよ。条件が真なら値A、偽なら値Bを返すんだ。」

デバッグ中

Q.「このコード、なんでエラーになるの?」
A.「見てみると、三項演算子の条件部分が書かれていないよ。それを修正すればいいだろう。」

コードレビュー

Q.「このif文、三項演算子で書ける?」
A.「うん、それならコードがすっきりするね。試してみよう。」

注意点

三項演算子を使う時の注意点は条件の明確さだ。なぜならば、あいまいな条件だと想定外の結果を返すからだ。

例えば、数値比較で等号を一つだけ使ったり、undefinedやnullを考慮しなかったりすると、それが問題になる。そして、想定外のバグの原因にもなる。だから、条件は常に明確にしよう。

三項演算子とif-else文は、間違えやすいので注意しましょう。三項演算子は一行で条件分岐を書くのに使い、if-else文は複数行に渡る条件分岐に使います。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました