マスマーケティングとは?大衆をターゲットにした戦略の全貌

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとマスマーケティングとは

  • 大規模に広告を展開
  • 不特定多数をターゲット
  • 市場のシェアを独占狙い

スマーケティングとは、大規模な広告で市場を独占する戦略です。

概要説明

マスマーケティングとは大規模に広告を展開する手法である。なぜならば、広告を多くの人に届け、商品やサービスの認知度を高めるため。

例えばテレビや新聞での広告である。そして、市場のシェアを大きく独占する狙いがある。つまり、消費者の頭の中で「この商品=この企業」というイメージを作ることである。だから、業界のトップシェアを誇る企業がよく使う。

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、戦略の策定で使う。なぜなら、市場全体を把握し、広告戦略を立てる役割があるから。例えば新製品のローンチ戦略。

広告プランナー

広告プランナーは、クリエイティブな広告を作る際に使う。なぜなら、大衆の心をつかむメッセージを考える役割があるから。例えばキャッチコピーの制作。

企業経営者

企業経営者は、企業のブランドを築くために使う。なぜなら、市場でのリーダーシップを確立し、競合と差別化を図るためだから。例えば大規模なTV広告キャンペーン。

マスマーケティングは、名前の由来は「Mass(大量の)」と「Marketing(マーケティング)」の組み合わせです。大量の人々に向けてマーケティング活動を行うことからきています。

マスマーケティングの代表例

コカ・コーラ

コカ・コーラは、マスマーケティングで有名である。なぜなら、世界中の人々に向けた広告を展開しているから。例えば、クリスマスの時期に赤いトラックのCM。

マクドナルド

マクドナルドは、マスマーケティングで名高い存在である。なぜなら、新商品の発売時に大規模なテレビCMを行い、多くの人に訴求するから。例えば、期間限定バーガーの広告。

ユニリーバ

ユニリーバは、マスマーケティングで世間に知られている。なぜなら、多様な製品を幅広い層に向けて広告しているから。例えば、洗剤やシャンプーの大規模なキャンペーン。

手順例

以下は、マスマーケティングの実行手順です。

ターゲットの分析

ターゲットの分析は、重要である。なぜなら、広告の対象となる人々の特徴を把握する基盤を築くから。例えば、年齢や性別、趣味の調査。

メッセージの設計

メッセージの設計は、中心である。なぜなら、人々の心に響く内容を考える必要があるから。例えば、スローガンやキャッチコピーの作成。

広告メディアの選定

広告メディアの選定は、戦略的である。なぜなら、どのメディアを使うかで広告の効果が大きく変わるから。例えば、テレビ、ラジオ、新聞の選択。

広告の実施

広告の実施は、実行力が求められる。なぜなら、計画を具体的な形にするステップだから。例えば、CMの放送やポスターの掲示。

結果の分析

結果の分析は、反省と次へのステップである。なぜなら、何が成功し何が失敗だったのかを明確にするから。例えば、広告後の売上変動の調査。

類似語

ブロードキャスト広告

ブロードキャスト広告は、マスマーケティングの類似語である。なぜなら、広範な層に向けて情報を発信する手法だから。例えば、全国ネットのテレビCM。

一斉広告

一斉広告は、マスマーケティングの類似語である。なぜなら、特定のターゲットを絞らず、一度に多くの人に広告を送るから。例えば、新聞の折込チラシ。

大衆広告

大衆広告は、マスマーケティングの類似語である。なぜなら、大多数の人々を対象にした広告活動を指すから。例えば、大規模な屋外広告。

反対語

ターゲットマーケティング

ターゲットマーケティングは、マスマーケティングの反対語である。なぜなら、特定の顧客層に焦点を当ててマーケティング活動を行うから。例えば、20代女性向けの化粧品広告。

ニッチマーケティング

ニッチマーケティングは、マスマーケティングの反対語である。なぜなら、狭い市場に特化して商品やサービスを提供するから。例えば、特殊な趣味を持つ人々向けの商品。

マイクロマーケティング

マイクロマーケティングは、マスマーケティングの反対語である。なぜなら、極めて限定された顧客層に対して行うマーケティング戦略だから。例えば、特定の地域に住む人々に向けた広告。

マスマーケティングの注意点

マスマーケティングを使用する時の注意点は予算の管理である。なぜならば、大規模な広告活動は高額な費用がかかるからだ。

例えば、テレビCMの制作と放送費。そして、効果の測定も重要。だから、明確な目標と予算設定が必要。

マスマーケティングとターゲットマーケティングは、間違えやすいので注意しましょう。

マスマーケティングは、広く一般の消費者に向けた広告活動です。

一方、ターゲットマーケティングは、特定の顧客層に焦点を当てた広告活動です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました