プロシージャとは?複数の処理をまとめるプログラム

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとプロシージャとは

  • 複数の処理を1つにまとめるもの
  • 繰り返しのコードの手間を省く
  • VBでよく使われる、戻り値のない関数

プロシージャとは、複数の処理を簡潔にまとめる技術です。

概要説明

プロシージャとは、複数のコードや処理を効率的にまとめるものである。 なぜならば、繰り返しの同じ記述を減らすため。

例えばログイン処理をプロシージャとしてまとめておけば手間が省けて、保守性が向上する。

つまり、コードの修正や更新が楽になる。だからプログラミングがスムーズに。

ログイン処理の解説

ログイン処理は、多くのウェブサイトやアプリケーションで必要とされる基本的な機能の一つ。一般的に、ユーザー名やメールアドレスとパスワードを入力することで、特定のユーザーがシステムにアクセスすることを許可する仕組み。以下は、ログイン処理の実装時にプロシージャが役立つ具体的な点。

再利用性

ログイン処理のコードは、ウェブサイトやアプリケーションのさまざまな場所で再利用される可能性がある。例えば、通常のログインページや、パスワードを忘れた際の再設定ページなどで同じログイン処理が必要になることがある。こうした場面で、ログイン処理をプロシージャとしてまとめておけば、同じコードを繰り返し書く手間を省くことができる。

保守性

ログインの仕組みに変更や追加が必要になった場合、プロシージャを使っていれば、そのプロシージャだけを修正すれば良い。それに対し、プロシージャを使わずに各所に散らばっているログインのコードを一つひとつ修正するのは、時間もかかり、エラーの原因ともなり易い。

可読性

コードが簡潔であるほど、他の開発者がそのコードを理解しやすくなる。プロシージャを用いてログイン処理をまとめることで、全体のコードがスリムになり、どこに何の処理が書かれているのかが一目瞭然となる。

職業職種

プログラマ

プログラマは、プロシージャを使う。なぜなら、コードの効率化や繰り返しを避けるため。例えば、ユーザー登録の処理。

システムエンジニア

システムエンジニアは、プロシージャを設計することもある。なぜなら、システム全体の効率化を図るため。例えば、データベースのアクセス処理。

QAテスター

QAテスターは、プロシージャの挙動を確認する。なぜなら、バグやエラーを見つけるため。例えば、ログアウトの挙動テスト。

プロシージャの名前の由来は、英語の「Procedure」からきている。これは「手順」や「方法」を意味する言葉です。

プロシージャの代表例

Microsoft

Microsoftは、ソフトウェア開発の大手企業である。プロシージャを用いてWindowsやOfficeのような多くの製品を提供している。例えばVisual Basic。

Oracle

Oracleは、データベース技術のリーダーである。プロシージャを用いてOracle Databaseという製品で数多くの企業の情報を管理している。例えばPL/SQLのプロシージャ。

Python Software Foundation

Python Software Foundationは、プログラミング言語Pythonの管理と推進をしている組織である。Pythonは多くの開発者に利用される言語であり、その中にも関数やメソッドというプロシージャが存在するから。例えばdefキーワードで関数を定義する。

手順例

以下は、プロシージャを作成する手順です。

目的の決定

プロシージャを作る前に、何のためのものかをはっきりさせる。なぜなら、目的がないと中身をどう書けばいいのか分からない。例えばログイン処理を作る。

関連する変数の定義

何のデータを扱うのか、またそのデータをどのように使うのかを考える。なぜなら、それによってコードの内容が大きく変わるから。例えばユーザー名とパスワードを扱う。

処理の流れを設計する

どのような手順で処理を行うのかを決める。なぜなら、それによって効率的なプロシージャを作ることができるから。例えば、先にユーザー名が正しいかチェックする。

コードを書く

実際にプログラムのコードを書き始める。なぜなら、設計だけでは動作しないから。例えば、if文やfor文を使ってロジックを記述する。

テストを行う

書いたプロシージャが正しく動作するかを確認する。なぜなら、ミスやバグがあるかもしれないから。例えば、様々なデータを入力して結果を見る。

類似語

ルーチン

ルーチンは、プログラムの一部分で繰り返し使われる処理をまとめたものである。なぜなら、効率的にコードを管理・再利用するため。例えば、データベース操作の一連の流れ。

メソッド

メソッドは、オブジェクト指向プログラミングにおける関数や手続きである。なぜなら、クラス内に定義され、そのクラスのオブジェクトが持つ機能や振る舞いを示すから。例えば、文字列の長さを返す機能。

関数

関数は、特定の処理をまとめたコードのかたまりである。なぜなら、入力を受け取り、処理を行った後、結果を出力するから。例えば、数学的な計算を行う。

反対語

単発処理

単発処理は、一度きりの処理である。なぜなら、繰り返し利用する意味がないからだ。例えば、特定のイベントだけで実行するコード。

ハードコーディング

ハードコーディングは、固定のコードを直接書くことである。なぜなら、変更に柔軟ではないからだ。例えば、変数ではなく直接数値や文字をコードに入れること。

一時的な処理

一時的な処理は、一時的な目的のためだけに使われるものである。なぜなら、永続的に使用するものではないからだ。例えば、デバッグやテストのためのコード。

プロシージャの注意点

プロシージャを使用する時の注意点は名前の一貫性である。なぜならば分かりやすい名前にすることで、後からコードを見た時に何をしているのか理解しやすくなるからだ。例えば「CalculateTax」という名前のプロシージャである。

そして、不必要なグローバル変数の使用を避ける。だから変数のスコープに注意する。

プロシージャと関数は、間違えやすいので注意しましょう。

プロシージャは、特定の処理を行うためのまとまったコードです。

一方、関数は、処理を行い、結果を返すものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました