フリークエンシーとは?Web広告の表示の正しい使い方

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとフリークエンシーとは

  • Web広告の表示頻度
  • 効果的な広告配信の手法
  • リーチとの違い

フリークエンシーとは、Web広告の表示頻度です。

概要説明

フリークエンシーとはWeb広告の表示頻度である。なぜならば広告効果を最大化するため、どのユーザーにどれだけの頻度で広告を表示するかを管理する必要があるからだ。

例えばある商品の広告を見て興味を持ったユーザーに、適切な頻度で再度その商品の広告を見せることで、購買を促すことができる。そして、リーチは広告を見た人数を示し、フリークエンシーはその回数を示す。

つまり、リーチとフリークエンシーは広告の効果を測るための2つの重要な指標である。だから、これらを適切に管理することで広告の効果を高めることができる。

職業職種

Webマーケター

Webマーケターは、フリークエンシーを日常的に使用する。なぜなら、広告キャンペーンの効果を最大化するためには、適切な表示頻度の設定が必要だからだ。例えば、過去に商品を購入したユーザーには頻繁に広告を表示しないように設定することができる。

データアナリスト

データアナリストは、フリークエンシーのデータを解析する。なぜなら、広告の効果を数値で確認し、最適な戦略を立てるためだ。例えば、特定のユーザーグループに広告の表示頻度を増やすことで、CV率が上がったかを検証する。

広告デザイナー

広告デザイナーは、フリークエンシーのデータを参考に広告のデザインを考える。なぜなら、同じ広告が頻繁に表示されるとユーザーが飽きる可能性があるからだ。例えば、表示頻度が高い広告は多様なデザインを考える必要がある。

フリークエンシーは、英語の「Frequency」から来ており、頻度や回数を意味する言葉です。

フリークエンシーの代表例

Google

Googleは、フリークエンシーで有名である。なぜなら、彼らの広告プラットフォーム「Google Ads」を使って広告の表示頻度を調整できるから。例えば、特定のユーザーグループに対する広告の表示回数を制限することができる。

Facebook

Facebookは、フリークエンシーで有名である。なぜなら、Facebook広告を使ってユーザーに表示する広告の頻度を管理できるから。例えば、同じユーザーに何度も同じ広告を見せない設定が可能だ。

Twitter

Twitterは、フリークエンシーで有名である。なぜなら、Twitter Adsを使って特定のユーザーに広告を繰り返し表示させることを避けることができるから。例えば、ユーザーが広告を一度クリックした後、その広告の表示頻度を減らすことができる。

手順例

以下は、フリークエンシーの設定手順です。

目的の設定

目的を明確にする。なぜなら、どのユーザーに広告を表示するか、どれだけの頻度で表示するかを決定する基盤となるから。例えば、新製品のプロモーションを目的とした場合、ターゲットとなるユーザーを絞り込む。

ターゲットの選択

ターゲットユーザーを選択する。なぜなら、広告が表示されるユーザーの属性を決定するため。例えば、20代の女性、都市部に住んでいる人など。

フリークエンシーの設定

表示頻度を設定する。なぜなら、ユーザーに広告を過度に見せると反感を買う可能性があるから。例えば、1日に3回までの表示に制限する。

予算の設定

広告の予算を設定する。なぜなら、広告の表示回数や期間は予算に左右されるから。例えば、1日1000円、合計で30000円の予算を設定する。

広告の公開

設定が完了したら広告を公開する。なぜなら、設定したフリークエンシーに基づいて広告が表示されるから。例えば、設定したターゲットユーザーに広告が配信される。

類似語

リーチ

リーチは、フリークエンシーの類似語である。なぜなら、広告が届けられた人数を示す言葉だから。例えば、1000人のユーザーに広告が配信された場合、リーチは1000人となる。

インプレッション

インプレッションは、フリークエンシーの類似語である。なぜなら、広告が表示された回数を示す言葉だから。例えば、1人のユーザーに3回広告が表示された場合、インプレッションは3回となる。

ターゲティング

ターゲティングは、フリークエンシーの類似語である。なぜなら、特定のユーザー群に広告を配信する方法を示す言葉だから。例えば、20代の女性ユーザーだけに広告を表示する設定をすること。

反対語

無頻度

無頻度(むひんど)は、フリークエンシーの反対語である。なぜなら、広告が全く表示されないことを意味するからだ。例えば、広告のブロックをしている場合。

一度きり

一度きりは、フリークエンシーの反対語である。なぜなら、広告が一度だけ表示されることを指すからだ。例えば、特定のキャンペーンの特別な広告。

無視

無視は、フリークエンシーの反対語である。なぜなら、ユーザーが広告を見逃していると感じる場合に使うからだ。例えば、興味のない広告をスキップする場面。

フリークエンシーの注意点

フリークエンシーを使用する時の注意点は、ユーザーの迷惑にならないようにすることである。なぜならば過度に表示される広告は、ユーザーから嫌われる可能性が高いからだ。

例えば、同じ広告が短時間で何度も表示されると、邪魔と感じるかもしれない。そして、広告の効果が逆に下がることも。だから、適切なバランスが必要である。

フリークエンシーとリーチは、間違えやすいので注意しましょう。

フリークエンシーは、一人のユーザーに広告が何回表示されるかを示す。

一方、リーチは、広告が配信された人数を指す。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました