フローティング広告とは?印象に残る広告手法の魅力と問題点

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとフローティング広告とは

  • ページ上を移動する広告
  • 印象に残るが邪魔に感じる
  • アダルト系でよく使われる

フローティング広告とは、ページ上を移動する広告です。

概要説明

フローティング広告とはページの上で移動しながら表示する広告である。なぜならページ内を移動したり、カーソルの動きに合わせて表示位置が変わるからだ。

例えば、あるサイトにアクセスすると突然画面の中心に大きな広告が出現することがある。そして、その広告はページをスクロールしても消えない。

つまり、非常に強烈な印象を与えることができる。だから、一部の業界、特にアダルト系でよく使われる。

職業職種

広告デザイナー

広告デザイナーは、強烈なインパクトを持つ広告をデザインするときにフローティング広告を使用する。なぜなら、この広告は視覚的に目立つからだ。例えば、新製品のローンチ時に大々的にアピールしたい時に採用する。

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、特定のターゲット層に効果的にアプローチするためにフローティング広告を選択することがある。なぜなら、これは印象に残りやすいからだ。例えば、若者向けの新しいゲームやアプリの宣伝に利用する。

Webデベロッパー

Webデベロッパーは、クライアントからの要望に応じてフローティング広告をページに組み込む。なぜなら、動的な広告の表示を可能にする技術的な実装が必要だからだ。例えば、特定のキャンペーンやイベントで短期間だけ表示する特設ページで使われる。

フローティング広告は、名前の由来は「フロート(浮く、浮かぶ)」の意味から来ています。これは広告がウェブページの上に「浮かんで」動く様子を表しています。

フローティング広告の代表例

PopAds

PopAdsは、フローティング広告で有名である。なぜなら、特化した広告ネットワークを提供しているから。

Adsterra

Adsterraは、フローティング広告で名高い存在である。なぜなら、多様な広告形式とともにフローティング広告を提供しているから。

John Doe

John Doeは、フローティング広告で世間に知られている。なぜなら、広告デザイナーとしての経歴が長く、多くのウェブサイトでその広告を見ることができるから。

手順例

以下は、フローティング広告の設置手順です。

広告コンテンツの準備

広告の内容やデザインを決める。なぜなら、ターゲットに合わせた広告が効果的だから。例えば、画像やテキストを選ぶ。

広告プラットフォームを選択

適切な広告プラットフォームを選ぶ。なぜなら、サイトの種類や訪問者数によって最適なものが異なるから。例えば、AdsterraやPopAdsなど。

広告コードの取得

選択した広告プラットフォームから広告コードを取得する。なぜなら、このコードがサイトに広告を表示するために必要だから。例えば、JavaScriptコードをコピーする。

サイトへの埋め込み

取得した広告コードをサイトの適切な場所に埋め込む。なぜなら、正確に表示させるためには正しい場所が必要だから。例えば、ヘッダーやフッターなど。

広告の表示確認

実際にサイトを開き、広告が正しく表示されるか確認する。なぜなら、エラーや不具合がないかを確かめるためだから。例えば、様々なデバイスやブラウザでの確認を行う。

類似語

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、フローティング広告の類似語である。なぜなら、ページの上に重ねて表示される形式だから。例えば、動画コンテンツの上に表示されることが多い。

ポップアップ広告

ポップアップ広告は、フローティング広告の類似語である。なぜなら、新しいウィンドウで突然表示される特徴があるから。例えば、閲覧者の注意を引く効果がある。

インタースティシャル広告

インタースティシャル広告は、フローティング広告の類似語である。なぜなら、ページの遷移時に一時的に表示される特徴があるから。例えば、アプリ内での広告としてよく見られる。

反対語

スタティック広告

スタティック広告は、フローティング広告の反対語である。なぜなら、ページ上で動かない静止した広告のことだからだ。例えば、Webページのサイドバーに表示される広告。

固定広告

固定広告は、フローティング広告の反対語である。なぜなら、ページ内で位置が変わらない広告のことだからだ。例えば、ページのトップやボトムに固定されるバナー広告。

非インタラクティブ広告

インタラクティブ広告は、フローティング広告の反対語である。なぜなら、ユーザーとの相互作用がない広告のことだからだ。例えば、クリックやマウスオーバーで反応しない広告。

フローティング広告の注意点

フローティング広告を使用する時の注意点はユーザーの邪魔にならないようにすることである。なぜならば、邪魔に感じるとサイトから離れてしまうユーザーが増えるからだ。

例えば、広告が大きすぎてコンテンツが隠れてしまう場合である。そして、音声が自動で再生されると、ユーザーが驚くことがある。

だから、適切なサイズや音声のオンオフを考慮することが重要だ。

フローティング広告とポップアップ広告は、間違えやすいので注意しましょう。

フローティング広告は、ページ内で動く広告です。

一方、ポップアップ広告は、新しいウィンドウやタブで開く広告です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました