スマーケティングとは?営業とマーケティングが手を組む戦略

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 営業とマーケティングが一体化
  • 士気向上と顧客満足度の上昇
  • 利益率の上昇と業務の効率化

スマーケティングとは、営業とマーケティングの協同作業です。

概要説明

スマーケティングとは営業とマーケティングが一緒になることだ。なぜならば、二つのチームが同じゴールを目指すからだ。

例えば、利益率を上げるという目標がある。そして、それを達成するために両者が協力する。つまり、業務の効率化と従業員の士気向上、さらには顧客満足度の上昇をもたらす。

だから、スマーケティングはビジネス戦略として非常に有効だ。

職業職種

営業担当者

営業担当者は、スマーケティングを行う。なぜなら、顧客とのコミュニケーションを深め、販売を増やすため。例えば、顧客のニーズを理解し、適切な商品やサービスを提案する。

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、スマーケティングを行う。なぜなら、市場の動向を理解し、適切なマーケティング戦略を立てるため。例えば、営業との協力で新しいキャンペーンを企画する。

経営者

経営者は、スマーケティングを行う。なぜなら、ビジネスの成果を最大化するため。例えば、営業とマーケティングの協力体制を整備し、企業全体の業績を向上させる。

スマーケティングは、英語の”Sales”(営業)と”Marketing”(マーケティング)を組み合わせた造語です。

代表例

Apple Inc.

Appleは、スマーケティングの素晴らしい例だ。なぜなら、彼らの営業とマーケティングは同じ目標に向かって一緒に働いている。例えば、新製品のローンチでは、マーケティングチームが消費者への認知度を高め、営業チームがその製品を販売する。

Procter & Gamble

Procter & Gambleは、スマーケティングを用いて顧客と深くつながる。なぜなら、彼らの営業とマーケティングチームは消費者の需要を理解し、その結果を利益につなげる。例えば、彼らのマーケティングチームは新しい商品をプロモートし、営業チームはそれを販売する。

Elon Musk

Elon Muskは、スマーケティングの力を活用する有名人だ。なぜなら、彼のマーケティング戦略は常に彼のビジネス目標に一致している。例えば、彼は自身のTwitterを利用してテスラやスペースXの新製品をプロモートする。

手順例

目標設定

スマーケティングは、目標を設定することから始まる。なぜなら、目標が明確でなければ営業とマーケティングは一緒に働けない。例えば、年間売上目標を設定する。

戦略立案

次に、戦略を立てる。なぜなら、目標に到達するための道筋が必要だからだ。例えば、新製品のプロモーション戦略を立てる。

実行

その後、戦略を実行する。なぜなら、計画だけでは何も進まないからだ。例えば、営業チームが顧客に製品を売り込む。

評価

最後に、結果を評価する。なぜなら、それが次回の改善につながるからだ。例えば、目標達成度を確認する。

類似語

マーケセールス

マーケセールスもスマーケティングと似ている。なぜなら、両者とも営業とマーケティングの連携を指すからだ。例えば、共通の目標に向かってチームが協力する。

インバウンド販売

インバウンド販売もスマーケティングと類似している。なぜなら、両者とも顧客への理解を基に戦略を立てるからだ。例えば、顧客の興味やニーズに基づいて製品を提案する。

統合マーケティング

統合マーケティングは、スマーケティングと関連性がある。なぜなら、両者ともマーケティングの各部門が一体となって作業を行うことを推奨するからだ。例えば、広告、販売促進、PRが同じメッセージを発信する。

反対語

分断作業

分断作業は、営業とマーケティングが別々に行う方法だ。なぜなら、チーム間のコミュニケーションが少なく、互いの活動について理解が浅いからだ。例えば、営業とマーケティングが別々の目標を追求する企業は分断作業が進んでいると言える。

孤立

孤立は、各部署が自分たちの世界に閉じこもることだ。なぜなら、それぞれの部署が他の部署の活動についてほとんど知らないからだ。例えば、営業部とマーケティング部が全く情報を共有しない状況は、孤立していると言える。

非効率

非効率は、時間やリソースを無駄にすることだ。なぜなら、互いの作業が重複したり、目標が一致しないからだ。例えば、営業とマーケティングが同じ情報を別々に調査したり、同じ顧客に対して異なるメッセージを送ったりすることは非効率だ。

会話例

新製品の打ち合わせ

「新製品の販売戦略を考えるんだけど、スマーケティングって何?」
「それは営業とマーケティングが一緒になって目標を達成する戦略のことだよ。」

部門間のミーティング

「このプロジェクトで、どうやってスマーケティングを進めるべきか?」
「まずは営業とマーケティングが一緒に目標を設定し、その目標を達成するためにどう連携するかを話し合おう。」

顧客からの質問で

「あなたたちはスマーケティングを使って、どのように私たちにサービスを提供しているの?」
「営業とマーケティングが一緒になって、あなたが必要とするサービスを最良の形で提供できるように努力しています。」

注意点

スマーケティングを行う時の注意点は、すべてのメンバーが目標に向かって一致結束することだ。なぜならば、一部のメンバーだけがスマーケティングを理解し、他のメンバーがそれを理解しないと、全体の効果が半減してしまうからだ。

例えば、マーケティングチームだけがスマーケティングを進め、営業チームがそれを理解しないと、顧客に対するメッセージがブレてしまう。そして、それは顧客満足度の低下を招く可能性がある。

だから、全員がスマーケティングの目的と方法を理解し、それに基づいて行動することが重要だ。

スマーケティングとチームビルディングは、間違えやすいので注意しましょう。スマーケティングは営業とマーケティングが共同で目標を達成する戦略です。

一方、チームビルディングはチーム内の絆を深めるための活動になります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました