クラウドネイティブとは?これからのITの標準‐IT用語辞典

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • クラウドネイティブはクラウド専用設計
  • スケーラビリティと回復力が特徴
  • コンテナ技術と密接な関係

クラウドネイティブとは、クラウドで最大限に活用する設計手法です。

概要説明

クラウドネイティブとは、アプリケーションやシステムをクラウドで最大限に活用する設計手法である。 なぜならば、このアプローチでは、アプリケーションはスケーラビリティと耐障害性を備えたマイクロサービスとして開発・運用される。

例えば、Netflixはクラウドネイティブアプローチを採用しており、そのおかげで大量のトラフィックにも柔軟に対応している。 そして、クラウドネイティブはコンテナ技術やオーケストレーションツール(例:Kubernetes)とも密接に関連している。

つまり、クラウドネイティブは現代のIT環境におけるエフィシエントで耐久性のあるアプリケーション開発のための基本手法である。 だから、これからのアプリ開発にはクラウドネイティブの理解が欠かせない。

職業職種

ソフトウェアエンジニア

クラウドネイティブは、アプリケーション開発の新たな基準である。なぜなら、スケーラビリティと耐障害性が要求される現代の開発環境に最適だから。例えば、コンテナ技術を利用した開発。

プロダクトマネージャー

クラウドネイティブは、プロダクトの成功を左右する可能性がある。なぜなら、素早く変化する市場にの対応が可能だからだ。例えば新機能の追加やバグの修正を迅速に行える。

システムエンジニア

クラウドネイティブは、システムの効率とパフォーマンスを向上させる手段だ。なぜなら、スケーラブルなリソース管理と自動化により、運用の負荷が軽減されるからだ。例えば、サーバーの負荷が高まったときに自動的にリソースを増やせる。

クラウドネイティブは、名前の由来は英語の”Cloud Native”からです。これは「クラウドに生まれながらに適応した」という意味で、クラウド環境で最適に動作するシステムやソフトウェアを指します。

代表例

Google

Googleは、クラウドネイティブのパイオニアとして知られている。なぜなら、クラウドネイティブテクノロジーの一部をオープンソース化し、業界の標準化に大いに貢献してきたからだ。例えばKubernetesは、Googleが開発したコンテナオーケストレーションツールであり、クラウドネイティブの代表的なツールの一つとなっている。

Amazon Web Services (AWS)

AWSは、クラウドネイティブの普及に大いに貢献している。なぜなら、広範で手頃なクラウドサービスを提供し、ビジネスのクラウド移行を助けてきたからだ。例えばAmazon Elastic Kubernetes Service (EKS)は、Kubernetesを簡単にセットアップして運用できるサービスとして評価されている。

Netflix

Netflixは、クラウドネイティブの実践者として知られている。なぜなら、マイクロサービスアーキテクチャを採用し、大規模なトラフィックとデータを効率的に処理しているからだ。例えば彼らの開発したChaos Monkeyは、システムの耐障害性を高めるためのツールとして広く知られている。

手順例

クラウドベンダーと契約

まず、クラウドベンダーと契約し、適切なクラウド環境を設定する。なぜなら、これがクラウドネイティブの基盤となるからだ。例えば、AWSやGoogle Cloud Platformを選ぶことが多い。

アーキテクチャに設計

次に、アプリケーションをマイクロサービスアーキテクチャに設計する。なぜなら、これがクラウドネイティブの核心的な要素だからだ。例えば、各マイクロサービスは独立して動作し、異なる開発チームによって管理できる。

パッケージ化

その後、コンテナ技術を利用してアプリケーションをパッケージ化する。なぜなら、これにより環境依存を排除し、どこでも同じ動作をするアプリケーションを作ることができるからだ。例えばDockerは、この手順でよく使われるツールだ。

デプロイとスケーリングを管理

続いて、コンテナオーケストレーションツールを使用してアプリケーションのデプロイとスケーリングを管理する。なぜなら、これによりアプリケーションの運用が自動化され、手作業のミスや負荷を軽減できるからだ。例えばKubernetesがこの手順で一般的に使用される。

パイプラインを設定

最後に、継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)パイプラインを設定する。なぜなら、これにより開発からデプロイまでのプロセスが自動化され、頻繁かつ安全にリリースを行うことが可能になるからだ。例えば、Jenkins、GitLab CI/CD、またはGitHub Actionsなどが使われることが多い。

類似語

マイクロサービス

マイクロサービスは、クラウドネイティブの一部分である。なぜなら、小規模な独立したサービスに分割することで、各サービスが独自にスケールし、変更され、デプロイされることを可能にするからだ。例えば、Netflixはこのアーキテクチャを採用している。

コンテナ化

コンテナ化は、クラウドネイティブの重要な要素である。なぜなら、アプリケーションとその依存関係を一緒にパッケージ化し、どこでも動作するようにすることを可能にするからだ。例えば、Dockerはこの技術の代表的な例だ。

DevOps

DevOpsは、クラウドネイティブと一緒によく言及される。なぜなら、開発と運用の壁を取り払い、素早く安全にリリースを行うためのカルチャーとプラクティスを提供するからだ。例えば、JenkinsやGitLabのCI/CDツールはDevOpsの手法において一般的に利用される。

反対語

モノリシックアーキテクチャ

モノリシックアーキテクチャは、クラウドネイティブの反対語である。なぜなら、一つの大きな単体でアプリケーションが構成され、その部分的な変更が困難であることが多いからだ。例えば、伝統的なエンタープライズアプリケーションがこのアーキテクチャを採用している。

オンプレミス

オンプレミスは、クラウドネイティブの反対語である。なぜなら、自社のデータセンター内で全てのインフラを管理し、それが地理的な位置やスケーラビリティに制約をもたらすからだ。例えば、伝統的なITインフラストラクチャがこの形態を採用している。

Waterfall開発方法論

Waterfall開発方法論は、クラウドネイティブの反対語である。なぜなら、プロジェクトが段階的に進行し、それぞれのステージが次のステージに進む前に完了しなければならないからだ。例えば、旧来のソフトウェア開発プロジェクトがこの方法論を採用している。

会話例

技術カンファレンスでのパネルディスカッション

Q.「クラウドネイティブという用語を頻繁に耳にしますが、具体的に何を指すのですか?」
A.「クラウドネイティブは、アプリケーションを設計、開発、デプロイするためのアプローチで、クラウドの特性を最大限に活用します。マイクロサービスアーキテクチャ、コンテナ化、DevOps、CI/CDなどがその主要な概念です。」

新製品開発ミーティング

Q.「新しいプロジェクトをクラウドネイティブにするべき理由は何ですか?」
A.「クラウドネイティブにすると、スケーラビリティ、柔軟性、リスク分散が向上します。これは、市場の変化に素早く対応し、効率的にリソースを管理するために重要です。」

新入社員向けのオリエンテーション

Q.「私たちの組織がクラウドネイティブを採用している理由を教えていただけますか?」
A.「私たちがクラウドネイティブを採用する理由は、その効率性とスケーラビリティです。クラウドネイティブは、より早く、より効率的に新しい機能をリリースし、ビジネスのニーズに適応する能力を提供します。」

注意点

クラウドネイティブを使用する時の注意点はスキルギャップである。 なぜならば、従業員が新しいテクノロジーやツールに慣れるのに時間と教育が必要だからだ。

例えば、KubernetesやDockerなどのコンテナ技術は、学習曲線が急である。 そして、技術的な困難があると、プロジェクトの遅延や品質低下を引き起こす可能性がある。 だから、適切な研修プログラムとサポート体制の整備が必要だ。

クラウドネイティブとオンプレミスの違いは、クラウドネイティブはクラウド上で最適化された設計やデプロイを特徴としており、高度なスケーラビリティと弾力性を提供します。一方、オンプレミスは自社のデータセンターにインフラを持ち、それにより地理的な制約やハードウェアの限界に直面することが多いです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました